生き生き人生.

お出かけが、身体と心を元気にする。また、楽しい,うれしい,面白いこと,そして、ステキな仲間にも出会えます。

古城(山城)を行く。 笠松山城

2016-12-31 13:58:41 | 歴史

 

城主: 岡武蔵正光信

標高: 357m  ほぼ世田山城と同じ

笠松山城は世田山城から西にあり目の前に見えるが、世田山城から起伏のある尾根を

伝って行かなければならない。

尾根伝いに行く道は、馬の背のように狭く両側は、深い谷になっている。

細川頼春に敗れた大館氏明はその部下17名と、ともに世田山城を枕に自決した。

この石柱が大館氏明の墓らしい。

この石碑が自決した部下17名のはからしい

帰りの、その本堂で住職の親戚とのおじさんが、新年を迎える為の準備をされていたので

たずねると、親切に教えていただきました。

また、この大きな石は、何のお守りですか? 尋ねてみました。

するとおじさんが、「その石にさわると、腹が痛くなるぞ」といわれました。

昔の言われは、。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。???????

 

天主閣のない山城に興味のある方は、登っててみてください。

永納山城。世田山城。笠松山城は登り口がほぼ同じところにあり

車も永納山城の入り口付近に何台も駐車できます。

 

ジャンル:
文化
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古城(山城)を行く。世田山城 | トップ | 古城(山城)を行く 金子城。... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鍛練されているご様子、頭の下がる思いです。 (yossyh(檜垣))
2016-12-31 17:29:46
さすが、森山さん、寒風の中、素晴らしいチャレンジに拍手です。
さて、来春3月の「しまなみ縦走2017」が開催されますので、ご都合よろしければ、一緒に参加しませんか。
森山様のサポートがいただけるなら、大変、嬉しい限りです。
企画内容は銀輪日和の交流イベントをご参考下さい。
私の方は新春サイクリング(1/8)と新春ウォーキング(1/9)に個人参加の予定です。
では、年明けの介護予防教室は1月15日(木)13:30からですので、精一杯、健康寿命を延ばしていきましょう。

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。