大佐のうだうだ日記

ドラマー大佐のうだうだな日々

日本限定復刻版DW5000AH購入

2017-03-24 15:08:02 | 楽器・機材
今日はマニアックなペダルのお話。

ドラマーにとってこだわりどころは人それですけど、僕はフットペダルがとても重要だと思っています。
ペダルのセッティングが決まらないと全く踏めません。
16分音符系、いわゆるダブルは特に。

ペダルはここ数年パールのP3000C使っています。
とても素晴らしいペダルではありますが最近どうも馴染まない。

悩んだ末、25年くらい前に買ったシングルチェーンのDW5000を引っ張りだしリハで使ってみると、とても使いやすいではないですか。
今更ながらシングルチェーンの軽さと反応の良さに驚いたのでした。

左がP3000C。右がDW5000。どちらも汚い(笑)。


確かこのDW5000は購入してから10数年以上使用していたほど使いやすかったんですけど、
パーツ的に不安定なとところがあってDWのフラグシップ機であるDW9000に変えたんですね。
まあ色々あってそのDW9000から現在のP3000Cへ変えたわけですが。

このDW5000は人生で1番長く使っていたこともあり、自分の足にはシングルチェーンの軽さがとてもフィットしていると再認識しました。

で、最新のDW5000を調べてみると、現在はシングルチェーンではなく安定感抜群のダブルチェーンになっていました。
シングルチェーンはどこにいったかというとDW6000に名前を変更してリニューアル。

しかし僕はDW5000という名前がいいのです(笑)。
なので、さらに調べてみると、どうやら数年前に日本限定でシングルチェーンのDW5000が復刻していたことが判明。

すでにほとんど販売は終了していましたが、DW5000AHという楕円カムはまだ在庫がある模様。
本当は真円カムが欲しかったけど、新品でシングルチェーンのDW5000はもうこれが最後なので購入。

赤いアンダープレートと幅の狭いフットプレートが特徴。


楕円カム。本当は真円が欲しかったけど・・・。


僕の旧DW5000にはない便利機能。バスドラ固定が楽。今となっては当たり前の機能ですけどね(笑)。


このバスドラに噛ませる部分だけは現行DW5000の仕様にして欲しかった。


このヒンジ部分は安定感が最高。旧DW5000はここがブレちゃうんですよね。


現行DW5000より幅の狭いフットプレート。


角度が無限調整可能。古いDW5000は穴が4つだけだった。


さっそくセッティングをしてみると踏みやすさは抜群。
買って良かったです。

楕円カムの独特な動きはありますが、まあ慣れてしまえばどうってことはない・・・はず。
それと気付いたのはフットプレートの幅が狭いと踏みやすいということ。
今までは幅が広い方が安定すると思っていたんですけど僕の踏み方はどうやら逆でした(笑)。

僕にとってシングルチェーンと幅の狭いフットプレートが1番しっくりくる。
ドラムを始めて28年くらい経ってようやく気付いたのでした(笑)。

ちなみに、楕円カムを真円カムに変えようと試しましたが、シャフトを留めているイモネジにがっつり接着剤が付いているので諦めました。
恐らく無理矢理やるとネジヤマをなめてしまいます。
あと僕は何気に工具を持ってる方ですが、分解には手持ちの工具では足りないことが判明。
新しい工具を買うくらいならカノウプス辺りにカスタムを依頼した方が安く済むと思われます。

とりあえず、手元にある旧DW5000はこっそりDW6000とニコイチでもしようかと構想中。
しかしペダルだけが増えて行く・・・。
今現在4つ持ってるけど、こんなにいらない。

いや〜、それにしても思い通りペダルをコントロールできるって本当に最高ですね。
今までのペダルの悩みが全部解決しまして、個人練習してると必要以上にバスドラの音数を増やしてしまいます(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4/7はD-Brothersでアフリカンビート!

2017-03-20 13:32:06 | D-Brothers
気付いたら3月。
というか、そろそろ4月ですね。

さて、4/7はD-Brothersライブです。

先日のリハで新曲を作り始めました。
今度の新曲はアフリカンビート。

ドゥンドゥンというリズムパターンを前田君に教わりました。
で、3人でやるドゥンドゥンのパターンがあるのですが、これを「山ちゃん1人でやって」と鬼の前田先生。
試行錯誤しながら右手左手右足をそれぞれ1人分としてリズムパターンを作ってみました。
アフリカンビートなんてやったことないので難しいけど新鮮であります。

ライブまでにはなんとかモノにしたいです。
いや絶対にお披露目できるようがんばります。

約2ヶ月ぶりにリハに入ったD-Brothersですが、
大佐「D-Brothersほんと楽しいね」
前田「うん、こんなバンド他にないよ」
という感じで前田君と話していました。

ただ、1曲演奏するごとに「疲れた〜、疲れた〜」、そしてリハ終盤になると「眠い〜、眠い〜」と前田君は言ってますが(笑)。

というわけで、4/7はぜひ遊びにきてくださいね。
対バンも超豪華なので1日楽しめますよ!

そうそう、5月には大阪ツアーも決まっています。
日程は5/11〜14で、怒濤の4Daysです!!

こちらの詳細はまた後日。

2017/4/7(金)
吉祥寺Planet K
OPEN 18:00/START 18:30
前売¥2,000(D別)/当日¥2,500(D別)

D-Brothers / ゼーゼーハーハー / Empty Black Box / JPD新村けんぞう / 破天航路
D-Brothersは19:00から演奏します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食べるオリーブオイル

2017-02-22 14:00:41 | ごはん
最近、食べるオリーブオイルなるものにハマっております。

ブラックペッパーとレッドペッパーがありまして、両方食べてみましたがどちらも美味しいです。
僕的にはレッドペッパーの方が好みではあります。

1瓶970円。
パッケージがやたら高級だったりします(笑)。





豆腐に乗せると美味しいです。
毎日食べてます。

そして、これとツナを混ぜてレタスに乗せて食べるともう止まりません。
究極に美味しいです。

しかし1つ困ったことが・・・。
何でもこれを乗せて食べているので、すぐなくなってしまいます。

今回3瓶買ったけど1週間持つかどうか。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dfのお手入れ

2017-02-19 10:44:22 | Nikon Df
以前購入したAI AF Nikkor 35mm f/2D用にレンズフードHN-3を購入。

メタル製で質感も良く、しかも600円と安い。
さっそく開封からの装着。





いいですね。
デザイン的にもレトロ感が増したように思います。

まあそもそも僕はDfを購入する際にこのレトロなデザインを意識しておらず、単純に性能と軽さで購入したわけですが、
今は愛着も湧いてますしデザインも気に入ってます。

このレトロなDfにAI AF Nikkor 35mm f/2Dは1番似合うレンズだと思っています。

ちなみに、このフードは質感と値段からCanonとか他のメーカーのレンズで使ってる方々も多いとか。

で、フードを購入するついでに、以前から気になってたASC01も購入。
高級アクセサリーシューカバーだそうで、お値段も高かった・・・。

でもプラスチック製のカバーに比べ質感は格段と上がりました。







引き締まったような気がします。

あとは破れていた接眼目当てDK−19も購入し一通りの手入れ終了。

普段はサブカメラのNikon 1 J1を持ち歩いてたんですけど、
AI AF Nikkor 35mm f/2Dとの組み合わせにしてからJ1を使わなくなりDfを持ち出すようになりました。

写真を撮るのが楽しい今日この頃。

寒い中で写真を撮るのは辛いので、早く冬が終わることを願うばかりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牛八から牛の四文屋へ

2017-02-10 21:38:51 | ごはん
リハの帰り道、寒さに耐えきれず行きつけの牛八へ避難。

と、今は牛八ではなく牛の四文屋に名前が変わったんだった。
名前が変わっても、もちろん美味しさや安さに変わりはありませんけどね。









牛タン網焼きが強烈に美味しかったな。
他も美味しかったですけど。

家で作業しなきゃだったし、身体も温まったのでハイボール1杯だけでさくっと終了。
お店から家までは300mほど。
それほど寒さも感じず帰宅。

そうそう、家には30cm四方ほどの小さな小さな庭があるのですが、草が酷いことに気付いたのでした。
冬なのにこんなに生えてるとは。
草刈りしませんとね。

そのうちここにジオラマ作ってみようかな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カホン用ビーターCPB2 購入

2017-02-07 00:43:57 | 楽器・機材
先日ふらっと寄った楽器屋で気になるカホン用ビーターを発見。
なんとなく良さそうだったので、このMEINLのCPB2を購入してみました。

それにしても最近のMEINLは面白いですね。
特にカホンの小物が充実しています。

このCPB2は素材がスポンジ。
ジングルも付いてますがネジで調節可能。
オフにすることもできます。

ってことで、早速セットに装着。







打面が大きいこともあり、かなりの音量が出ます。
アタック音も想像以上にありました。

元々僕のカホンは低音が出るので、このビーターを使うととんでもなく低音が出ます。
なので、曲によって以前購入したブラシ型のビーターCPB3と使い分けるといいですね。

バスドラとして使うのにジングルは不要かと思いますが、曲によっては鳴らすと面白いと思います。

そんなわけで、もはや簡易ドラムセットとなった僕のアコースティックセット。
いつかD-Brothersでもこのアコースティックセットを使いたいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平安末期から鎌倉時代がとても好きです

2017-02-06 14:54:57 | 写真・撮影
タイトルは全く関係ありません。

先日お友達のエナのライブを観に鎌倉まで行ってきました。

鎌倉いいですよね〜。
なにせグリーン車に乗れますから!
なかなか長距離移動で電車に乗らないので、こういう時にグリーン車乗ります。
ダブルデッカー大好き。



鎌倉駅からバスに乗り鎌倉LOOPへ。
って、鎌倉にLOOPがあったとは。

海の目の前で凄く良いロケーション。
ライブが始まるまでずっと海を見てました。







さて、今回はなんとライブ撮影がミッション。
基本的に僕は風景専門で人物は苦手ですけど、エナだったら喜んで撮影します。

ライブ撮影はド素人でも一応僕もミュージシャン。
曲の構成が頭に入ってますので、とてもよく動くエナにも付いていけます。
しかし新曲は辛い(笑)。





ライブの様子はエナのブログで。→エナ(ex.riry*mona)ブログ
わざわざ僕のことも書いてくれて恐縮です。

自分で言うのもなんですが良い写真が撮れたと思います。

というか、エナのライブは撮影しながら感動してしまうから大変(笑)。
本当に素晴らしい。
今回も大感動でした。

ライブ後はだらだら飲みながら夕焼け待ち。
夕焼けハンターを名乗ってますので。















江ノ島越しの富士山には感動しました。
久々に富士山見たなぁ。

そうそう、鎌倉LOOPの店長さんと話したんですけど、どうやら鎌倉LOOPは期間限定らしい。
ただその後もライブカフェ的に続くとのことなので、こっそりD-Brothersの話も(笑)。

鎌倉LOOPは海側が全面ガラスなので、日の入りの時刻になるとオレンジの光が入ってくるんですね。
海や夕日をバックにライブできたら最高だな。

最後はエナチームにご一緒させてもらい鎌倉でご飯。
なんだか遠足みたいでとても楽しい1日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AI AF Nikkor 35mm f/2Dを試写してみた

2017-01-26 11:57:25 | レンズ
先日購入したAI AF Nikkor 35mm f/2Dを持って出かけてきました。

行った先は松陰神社前にあるハワイアンレストラン『アロハベイビー』。
オーナーは小学1年からの付き合いです。

ここはお店の雰囲気がとてもいいので、試写にはピッタリの場所でもあります(笑)。
ってことで、店外、店内、料理を撮ってみました。











いいですね。
照明を落とした室内でも問題ありません。

古い設計のレンズなので、AFの作動音がジーコジーコ鳴りますが僕はこの音好きです。
あとAFが遅いし迷いまくりです(笑)。
最新の超音波モーター搭載レンズのイメージで使うとイライラするかもしれません。

それも味ということで僕は納得してます。
本当にシビアな時は別のレンズにすればいいわけですから。

さて、今回アロハベイビーに行った目的は別にありまして、
なんと!オーナーのご好意で僕の写真を販売することになりました!



お店の奥に大佐コーナーを作ってもらいましたよ!
凄いですね〜。

フォトカードは1枚200円で販売してます。
ハワイアンのお店なのに沖縄の写真を置かせてくれたオーナーに感謝(笑)。
いつかハワイで写真撮ってきます。

そんなわけで、アロハベイビーで美味しいお酒を飲んだあと高円寺の駅周辺を撮りながら帰宅。













日常レンズとしては充分でしょう。
高感度に強いDfとの組み合わせで夜景もバンバン撮れますしね。

見た目もDfにピッタリですし、ついついカメラを持ち出したくなりますね。

写真を撮るのが楽しくなるレンズです。
安いし良い買い物でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

AI AF Nikkor 35mm f/2D 購入

2017-01-22 14:54:56 | レンズ
僕のメインカメラはNikon Df。

約3年前に購入してから日常はもちろんのこと、沖縄や北海道等本当に色々なところで写真を撮りました。

しかし最近ですね、新しいカメラを購入しようかと考えてまして、
動物撮りのためにD500を追加購入するか、いっそのことDfを手放してD5へ行こうか悩んでました。

が、やはりこのDfは手放さないという結論に辿り着きました。
こうなったら次に購入するカメラはフラッグシップ機!
それもD5sが出たら買う!と決意。(出るのか分かりませんが)

そんなわけで、ぼんやりとDfの余生を考えていたわけですけど、その軽さから日常の携帯カメラにしようと。
今の携帯カメラであるNikon 1 J1は嫁ぎ先も決まってますし。

携帯カメラは軽さが命ですが、僕が持ってるレンズたちは重い。
それはもう果てしなく重い。

というわけで、新しいレンズを買うことにしました。

軽くてDfに似合うデザインのレンズを探し、購入したのが『AI AF Nikkor 35mm f/2D』。
50mmだと狭く、24mmだと広く感じる僕には最適な画角。

では開封。











Dfのレトロデザインと相性抜群!(僕のDfが汚いのは置いといて)

まあこのレンズは今もラインナップされてる現行品ですけど発売日は1995年ですからね。
そりゃデザインも古いわけです。

で、装着して思ったのはとにかく軽い!
余裕でバッグに入れておけます。
これは最高。

Dfとレンズの合計で1kgくらい。
24-70とか70-200だと2kg超えますからね。
軽さは正義。

街撮りとか夜景に威力を発揮してくれそうなレンズ。
近々このレンズで撮影してこようと思います。

そうそう、このレンズを購入する際にCOOLPIX P900を売却しました。
2000mmは凄まじいですし、超望遠でも驚くほどの高画質。
しかしDfと比べるとやっぱりどうしても画質に満足できなくて・・・。

あまり活躍させてあげられなかったけど、土星の環を撮った時は本当に感動したな。

ありがとうP900。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017/1/13 D-Brothers@吉祥寺Planet K

2017-01-19 13:28:11 | D-Brothers
遅ればせながら、先日のD-Brothersのライブにお越し下さった皆様、ありがとうございました。
そして、DVDを購入してくださった皆様、本当にありがとうございました!

今回はPlanet K店長代理ロンドンの誕生日イベントということで、対バンも全員カッコよくとても楽しいライブでした。
機会があれば今回対バンしたバンドさんとはまた一緒にやりたいですね。
ロンドン、ナイスブッキングでした!
そして誕生日おめでとう!

それにしても今回は自分で言うのもなんですが良いライブでした。
バラードの『暁闇』は今まで以上に音を映像に変換する演奏ができるようになってきたかなと思います。
『Alternation』は、いよいよ変態の域に入ってきましたし。
3拍子→5拍子→7拍子→3拍子→5拍子→7拍子の繰り返しがとんでもないことになってます(笑)。

そうそう、今回ライブを見に来てくださった小説家の龍九尾先生がブログに感想を書いてくださいました。
いや〜嬉しいですね。
先生が書くライブレポは実際のライブより臨場感があるかと思います。
文章の力って凄いですね。

Theory Q『超絶カッコいい打楽器だけのユニット「D-Brothers」

さて、次回のライブは4月の予定。
詳細はまだ未定ですが吉祥寺Planet Kで、これはかなり面白いイベントになると思いますよ。
D-Brothers初の試みなんかもあるかもしれません。
ご期待ください。

そして5月には大阪ツアーがあります。
ちょっと長めにツアーをやろうかなと思っております。

そんなわけで、今年もたくさん活動していきますので、D-Brothersをどうぞよろしくお願い致します!

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加