大佐のうだうだ日記

ドラマー大佐のうだうだな日々

2017/7/24 D-Brothers@吉祥寺Planet K

2017-07-26 08:23:17 | D-Brothers
遅ればせながら先日のD-Brothersライブにお越し頂いた皆様、本当にありがとうございました。

イベントタイトルが『山岡大佐生誕祭2017』ということで、恥ずかしながら僕の誕生日イベントでした。

今まで誕生日にライブだったことはあるんですけど、誕生日イベントというのは初めて。
僕はドラマーだしメインになることはないんですな。
それなのに、こんなに素晴らしいイベントをやって頂いて本当に嬉しかったです。

吉祥寺Planet Kの皆様、店長のロンドン、本当にありがとうございました。

対バンも超豪華。

しまだかおり
BITTER BOOTS
vojo
I love you Orchestra SS

皆最高にカッコよくて自分の出番ギリギリまで観てました。
トップのしまだかおりちゃんから2時間以上客席で観てましたけど楽しかったなぁ。
そうそう、皆にもMCでお祝いしてらもい嬉しかったです。

で、D-Brothersはというと新曲を投入。

ついに15/16なんてアホみたいな変拍子に手を出しました。
タイトルは『1/16の行方』。
そのまんまですね(笑)。

なかなか好評でしたので、もっと精度を上げて次回もやりたいと思います。

そしてこの曲の途中に僕の43歳のお祝いということで、43/16というとんでもない拍子もやってみました。
前田君の誕生日にもやってみようかな(笑)。

アンコールが変拍子コールになってたのは笑いました。
用意していた曲は・・・まさに9拍子だったんですけどね(笑)。

本当に、本当に楽しい一日でした。



そうそう、お客様や対バンの皆、そして前田君から誕生日プレゼントを頂いてしまいました。
ありがとうございました!!
こんなにたくさん頂くなんて恐縮です。

ワインはちびちび飲んでます。

ってか、そりすぎマッチョって(笑)。

あ、D-Brothersの次回ライブは未定ですが、10月頃になりそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iMac故障問題のApple様はというと3

2017-07-16 14:09:39 | Mac
故障問題で新iMacがやってきたのですが、そもそも僕が求めていたのは故障した旧iMacの完全修理。

なぜかというと、OSが変わることで使えなくなるアプリや機材があると思ったからです。
それはAppleサポートにも伝えていたし、サポート担当も使えなくなる可能性はありますなんて話していたんです。

でも結局6回も同じ故障を繰り返したApple側の提案が新iMacとの交換。
僕もiMacが使えないことでの損失が大きくなってきましたので、一刻も早くなんとかして欲しいと交換を飲みました。

結論から言いますと、やはりこれは失敗でした。

新iMacになって使えなくなったもの。

追加メモリ→新しいiMac規格のメモリ購入
Thunderboltの外付けHDD→変換アダプタ購入
オーディオインターフェイス→新OSには対応外で使用不可

新iMacになって購入しなければいけなくなったものをAppleサポートに伝えたところ回答は信じられないものでした。

Appleとしては新しいiMacと交換したこと自体、最大の対応です。
気持ちを入れかえて、新たな気持ちでiMacを使ってみてはいかがですか?

あー、久々に大きいフォント使った(笑)。

さすがにね、温厚に対応していた僕も頭にきました。
まあそれでも冷静に対応しましたけどね。

山岡:気持ちを新たにって、Appleが修理できないからこうなったわけで、自分としては以前のiMacを修理したかったんですよ?
   規格が変わったことで使えなくなった機材はどうなるんですか?また買わなきゃいけないんですよ?
   どれだけお金がかかると思ってるんですか?
サポート:新しいiMacとの交換を了承されてますので、それらも了承の上交換したと考えます。

そんなこと言うけどね、突然新しいiMacと交換しますと言われても、何も調べてないわけですよ。
時間もなかったし。
自分が新しいiMacを購入するんであれば、そりゃ色々と調べますよ。

修理を繰り返しても再発するので交換しますと言ってきたのはApple側。
僕が交換を了承したら、諸々の規格が変わって機材一式が使えなくなったことまで了承したことになるって乱暴すぎなのでは。

そんな話をするなら、予めしかるべき具体的な説明があったのか、書面で僕から了承を取ったのかという話をするしかないですけど、
通話は録音されてる上に書面なんか交わしてないから、強気に出るのならもうちょっと考えた方がいいと思いますけどね。

ちなみに、オーディオインターフェイスに関してもめんどくさいやりとりがあったんですね。

まずAppleの公式回答として、オーディオインターフェイス→FireWire→アダプタ→Thunderbolt→アダプタ→Thunderbolt3と、
アダプタ2つ接続でも純正のアダプタを使うのであれば問題ないそうです。

ただ、オーディオインターフェイスがOS10.12に対応しているかが問題。

サ:お使いのオーディオインターフェイスの型番をお教えください。
山:〇〇です。
サ:ネットで調べました。メーカーは○○でよろしいですか?
山:そうです。
サ:では、お使いの○○が最新のOSに対応しているかメーカーに確認してください。
  もしオーディオインターフェイスがOS10.12に対応していれば、特別に(すごく強調してきた)Thunderbolt→Thunderbolt3変換アダプタを無料で送ります。
  対応していなければアダプタを送っても無駄になってしまうので、まずは確認してください。
山:ん?型番やメーカーまで聞いておいて、こちらで確認するんですか?
サ:ご自身でメーカーに電話してください。
山:・・・分かりました。
〜メーカーに電話確認〜
山:確認しました。OS10.9までで、OS10.12には対応してませんでした。
サ:そうでしたか。ではこれ以上できることはありません。

全くもって無駄な時間を使った・・・。

もう平行線だしAppleダメだと半ば諦めかけましたが、交換によって相当なお金が出てくことはどうしても納得がいかない。
これまでのAppleの対応にも納得できないことを伝えたら、どうすれば納得するんですか?的な言い回しをされたので・・・。

交換によって発生した損失。
直接的な損失はメモリ、Thunderbolt変換アダプタ、オーディオインターフェイス。
1ヶ月以上もiMacが使えない損失。
ここまでの対応時間だって相当かかってるし僕も暇ではない。
当たり前のように対応してると思われても困るし、わざわざ時間を作っている。
なお、交換時のスペックアップで発生した金額は自分が望んだことで自己負担は当然なのでそこは納得している。

これらを伝えたところ、再度社内で協議するが望みはほぼないから期待しないで欲しいとのこと。

連休明けにまた電話がかかってくるそうですけど結果はどうでしょうね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車を買いました

2017-07-15 13:29:40 | ウェイク
昨年の12月、車検を直前に控えた車を手放しました。

それからD-Brothersのリハの時には毎回前田君に迎えに来てもらってましてね。
本当にありがとうございます(笑)。

で、車を買おうと色々物色。
 
本当は機材がドッサリ載るミニバンなんかが欲しかったんですけど、諸々の事情があり軽ではないといけない理由がありまして。
まあ単純に家の駐車場が軽しか停められないという理由ですけど(笑)。

というわけで、軽自動車でドラムも運べるような大きい車をチョイス。
行き着いたのがダイハツのウェイク。

とりあえず近所のダイハツまで行き見積もりだけ出してもらい帰宅。
しばらく忙しかったので放置してしまい、それから2ヶ月くらい経って再びディーラーへ。

1回やってみたかったディーラーに行って「すみませーん、これください」を実践(笑)。
そのまま契約。

最高グレードにオプションてんこ盛りにしたら、軽なのに相当な金額になるんですね、へへへ。

ってことで、先日納車でした。

納車まで1ヶ月半ほど待ちました。
長かったなぁ(笑)。

僕はダイハツまで取りに行ったので、そのまま受け取ったウェイクに乗って関越自動車道へ。

行けるとこまで行こうと目的もなく関越を走る。
気分はカーグラフィックTVの新車インプレッションです(笑)。

人生3台目の車は初の新車。















ターボにしたので高速でもまったく問題ありません。
エンジンに余裕を感じます。
乗りながら軽であることを忘れます(笑)。

車内も軽としては相当静か。
オプションの6スピーカーから聴こえる音は普通に満足できます。
音楽聴きながらドライブが楽しいですね。

あと室内は信じられないくらい広いです。
天井なんかは普通車よりも高いのでは。
車中泊も余裕でできそうなので、撮影に行ってそのまま寝たいです。

いや〜、最新の軽は本当に凄いですね。
もはや感動的ですらあります。

ちなみに僕のウェイクは軽ですけど白ナンバー。
車体が相当デカいこともあり、見た目はほぼ普通車と一緒です。

あと驚いたのがカーナビ。
今時のカーナビは凄いんですね。
スマホとの連動が便利すぎて色々いじって遊んでます。

ぶっちゃけ自分の車にカーナビ載せたの初めてなので楽しくて仕方がない(笑)。
時間ができたらドライブに行こう。

そうそう、噂によるとこのウェイクは10月くらいにモデルチェンジするらしいけど、まあ欲しい時が買い時なので気にしません。

そんなわけで、これであと10年は戦いたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iMac故障問題のApple様はというと2

2017-07-12 07:22:40 | Mac
さて、iMac故障問題はまだ解決してないけど、やっと代わりの新しいiMacが到着。

ここまで長かった。



Appleに認められなかった増設分のメモリも購入。
どうせならと16GB×2枚にしたので結構いいお値段。



しかしトラブルはまだ終わってなかった・・・。
むしろこれからのような・・・。

僕的には普通にPCが使えるようになればいいだけなのに、なぜこうも次から次へと問題が出てくるのか。

以前担当者と新しいiMacのスペックを決めた時に僕はUSキーボードを依頼しました。

1 注文時
僕:キーボードはUSでお願いします。
担当:かしこまりました。

2 確認のメール
受注内容の確認メールにはなぜか英国キーボードと記載。
USキーボードで注文してますのでご対応くださいと返信。

3 
別件で担当から電話。
その際、注文が英国キーボードになってたので返信したが反応がない。
問題ないか聞いたところ「英国キーボードになってます。しかし山岡様は確かにUSキーボードで注文してますので変更します」とのこと。

で、iMacが到着したので開封したところ、まさかの英国キーボード!!



ここまでくるとAppleは僕に恨みでもあるのかと。

その後、担当者から電話があり「手違いで英国キーボードになった。別便でUSキーボードを送ってるので英国キーボードを返品ください」だって・・・。
何度も念押ししたのにこのミス。
キーボードが違うって凄いストレスなんですけど・・・。(さっきからタイプミスばかりで発狂しそう)

とりあえず、新しいiMacをセットアップしようとしたらThunderboltの規格が3に変わってたことに気付く。
故障したiMacは初代Thunderbolt。

調べたらThunderboltで接続していたHDDはThunderbolt3で使えず、Thunderbolt→Thunderbolt3のアダプタが必要。
重要なデータは外付けのHDDに入れていたので、これが使えないと何もできない。
急いで閉店間際の吉祥寺ヨドバシへ行ってアダプタを購入。



これだけで5,610円。
た、高い。

さらにFireWireを変換アダプタでThunderboltに接続してたオーディオインターフェイスはもう使えないとのこと。
FireWire→アダプタ→Thunderbolt→アダプタ→Thunderbolt3とアダプタ2つ接続は無理だそうで。

まさかオーディオインターフェイスが使えなくなるとは。
これは本当に困る。

あと、以前のiMacのバックアップはタイムマシンで取っていたけど、
そのデータは使わないほうがいいとAppleサポートに言われたので一切の引き継ぎをせずに新しくセットアップ。
どうしてもサルベージできなかった過去のメールやらデータ諸々も泣く泣く諦める。

再度担当者から電話があったので、
---------------------
たった6ヶ月で故障連続6回。
毎回同じ修理しかしない対応で全く改善せず。
その都度連絡して対応に追われる。
1ヶ月以上使用できなかったことでの損失。
新しいiMacになったことで使えなくなったオーディオインターフェイス等の機材。
購入しなければいけないThunderbolt変換アダプタや各種アプリ。
---------------------
改めてこれらを伝えました。

しかし新しいiMacを交換したこと自体、相当歩み寄ったのでこれ以上は何もできないとのこと。

修理は無理と新iMac交換を提案してきたのはApple側なんだけど・・・。
僕は故障したiMacが直ればいいと何度も何度も伝えていたんですが。

新iMac交換で予想もしていなかった出費がありすぎ。

Appleが提案してきた交換用の新iMacに、僕が料金を上乗せしてスペックを上げたことはまだ納得ができる(メモリだけは納得できないけど)。
しかし規格が変わったことでの出費はどうも納得ができない。

上乗せ代金 87,000円
メモリ 30,060円
アダプター 5,610円
新OS用アプリ等 未定
オーディオインターフェイス 未定

もう余裕で10万円超えてるんですけど。
最終的にいくらになるのか怖い。

というか、もうこの対応に疲れました・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/24はD-Brothersでお祝い

2017-07-11 19:45:28 | D-Brothers
次回のD-Brothersは恥ずかしながら自分の誕生日イベント。

長年音楽をやってきましたけど、自分の誕生日イベントは初めて。
吉祥寺Planet K店長代理のロンドンがナイスなイベントを組んでくれました。
ロンドンありがとう!

対バンは付き合いの長〜い仲間。
皆も本当にありがとう!

vojo
BITTER BOOTS
しまだかおり
I love you Orchestra SS

死ぬほどカッコいいバンドばかり。
ついでにお腹抱えて笑ってしまうバンドも(笑)。

我々も負けじと新曲をお披露目できると思います。

基本的にD-Brothersの曲は劇ムズなんですけど、今回も例に漏れず劇ムズです(笑)。
自分で作っておきながらできないという事態に。
なので、ひたすら練習です。

そもそも変拍子が多すぎるんだよ、ブツブツ・・・。

そんなわけで、7/24は絶対に楽しいイベントになります。
ぜひ遊びにいらしてください。

月曜日ですけど損はさせません!
1週間のやる気出ますよ!

2017/7/24(月)
『山岡大佐生誕祭2017』
吉祥寺Planet K

OPEN 18:30/START 19:00
前売¥2,200(D別)/当日¥2,700(D別)

D-Brothers / vojo / BITTER BOOTS / しまだかおり / I love you Orchestra SS

D-Brothersは21:35から演奏します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そろそろ新しいカメラを

2017-07-04 12:58:33 | カメラ全般
僕のカメラはNikon Df。
これはこれで満足してますけど世代的には2世代前。

そろそろ新しいカメラを買おうかと考えてた中、先日新宿のNikonサロンで手にしたカメラが忘れられずにいまして。



そのカメラとはNikon D5。
Nikonのフラッグシップ機でお値段75万円(笑)。
はっきり言って化け物カメラです。

とりあえず、買いませんけど吉祥寺のヨドバシへ相場を見に行ってみました。

ヨドバシの店頭価格で70万円。
そこからどれくらい安くなるか交渉してみると、ポイントやキャンペーン込みでネットの最安値よりも少し安い金額の提示。
ただあくまでもポイントですから現金部分はそれなり。
ポイントを付けない現金のみだといくらか聞いてみると、ポイント込みよりは若干高い。

僕的には現金のみの金額にポイントが付けば理想。
さすがに無理でしょうけど、もしその金額だったら買ってましたね(笑)。

とは言え金額が金額ですので、勢いとか衝動買いは絶対に避けねばなりません。(やりそうで怖い・・・)

D5は全てにおいて素晴らしく、ファインダーを覗いた瞬間に「あ、最高」と思います。
唯一のネックは重さだけ。
まあこれだけの性能ですので、それは仕方ありませんけどね。

なんかこのままだとD5を買ってしまいそうなので(笑)、
少し気持ちを落ち着かせて、そろそろ発表と噂されているD810の後継機を一旦待つことにしました。

ってことで、吉祥寺からの帰りにDfで適当に撮影。
久々にAF-S NIKKOR 24mm f/1.4G EDを持ち出して。

Dfは本当に良いカメラ。
フルサイズでこの軽さは手放せません。
最強のお散歩カメラです。

歴代のカメラは全て買い替え時に手放してましたが、Dfだけはずっと持っていようと思っています。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iMac故障問題のApple様はというと

2017-07-02 14:10:38 | Mac
さて、未だ解決しないiMacの故障問題。

症状としては、使用中に勝手に電源が落ちそれ以降電源が一切入らないという1番困ったもの。
もう何回修理に出したか分からなくなったので、溜まりに溜まった修理報告書を見てみると・・・。

1. 2016/12/11→パワーサプライの交換
2. 2017/03/08→パワーサプライの交換
3. 2017/04/11→パワーサプライの交換
4. 2017/05/16→パワーサプライの交換
5. 2017/06/12→パワーサプライの交換

だんだんサイクルが短くなってますね(笑)。
笑いごとじゃないけど。

毎回毎回Appleも症状は確認できたというが、電源ユニットであるパワーサプライを交換してくるだけ。
2回目の時にロジックボードの交換は?とサポートに提案するも、工場の判断ですのでと見事却下。

酷いのは4回目の時。

あまりにも繰り返すので、Appleサポートの方から製品交換を持ちかけてくれました。
旧製品であるiMacと登場したばかりのMID2017を交換するというもの。

僕のiMacはLATE2013。
一応当時の最高クラスをチョイスしており、さらにBTOでスペックを上げてましたが、現在のiMacだと1番下のスペックのものと交換とのこと。

値段も全然違う。
当時は余裕で30万を超えてましたが新iMacは20万円台。
まあ年々性能は上がり値段は安くなるものだからそれは言っても仕方がない。

メモリに関しては購入時16GBで後から自分で足して32GBにしていました。
なので、メモリは32GBにして欲しいと伝えましたが、購入時の16GBじゃないとダメだと却下。

新iMacはメモリの規格が違うので、そうなると新たに購入しないといけません。
Appleの都合で製品交換して、再度自分でメモリを購入するのは正直納得がいかない。

そもそもちゃんと修理さえしてくれれば新製品じゃなくともいいのです。
現在のiMacもまだバリバリ現役で使えるスペックですし、故障さえしなければ満足してますから。
それをAppleがまともに修理できないからこうなってるわけで・・・ブツブツ。

まあでも製品交換しか道がないですし、購入時の性能というAppleの姿勢も分からないではないですから、
であればAppleが提示する性能に僕がお金を足せば希望のタイプにしてくれるか聞いたところ、それは可能とのこと。
まあ結局お金ですね。
仕方なくお金を払うことにしました。

最終的に上乗せとなる部分の支払い用にクレジットカードの番号も伝え新しいiMacが送られてくるという段階で、
な、なんと、

Apple側がまさかの拒否権発動!!!

え?え?え?事態が飲み込めない・・・。

Appleの提案でAppleが拒否という、もはやギャグの世界。
僕はそのシュールなギャグについていけませんでした。

結局5回目の修理をすることに。
もう泣くしかない。
本当に本当に困っている。
ライブの動画やフライヤーやらやることは山ほどあるのに何もできない。
ライブ、それも自分のイベントが近いのにフライヤーが作れないって損害なんですけど。

僕としては、ここまで繰り返して一向に改善しないことを始め、
・絶対にまた繰り返す。
・Appleから提案してきた製品交換である。
・何度故障すれば製品交換を認めるのか?
・というか製品交換じゃなくてもいい。
・とにかくこのiMacを使えるようにして欲しい。
・iMacが使えないことで何も作業ができず時間的損害が出ている。
・本当に困っている。
・ただ普通に使えるようになるだけでいいし、難しいことは言っていないと思う。
・何とかして欲しい。
と訴えました。
もちろんサポートの方には怒ったり怒鳴ったりもしてませんし事実を述べただけです。

その結果、5回目の修理に関しては徹底的に調べるとのこと。
いや、それもっと前にやっとけよって心の中で突っ込みましたけど(笑)。

で、実際に10日間かけて検証。
検証結果の説明はなんとも歯切れが悪く具体的な説明は一切なかったので、きっと原因は分からなかったんでしょう。
それでも徹底的に検証して大丈夫ということで11日振りに返却されたiMac。

先日帰ってきまして、使用したところ・・・。

4日で再発!!

過去最速(笑)。
爆速ですね。

というか、修理から帰ってくる度に壊れるサイクルが早くなる(笑)。

まさかの6回目の故障に、もう泣きながらAppleに電話です。
本当に、本当に困っているんです。
修理ができなのなら言ってください、諦めて自分で新しいPCを買います、と伝えました。

もう1ヶ月間以上iMacが使えない状況。

そこでまた修理とか本当に耐えられない。
これまで20数年Macを使ってきたし、Mac関連の機材もたくさんあるけど、もうAppleやめようと思いました。
今回は運がなかっと新しいPCを買うことに決めました。

そしたら、製品交換しますとのこと。
今さら・・・。
これほどまでに繰り返さないとダメなのか・・・。
しかし機材のことを考えるとiMacにするのが1番良い選択。
でももうApple様は嫌だ。

と、悩みに悩みましたが、結局製品交換を飲むことに。
当初の伝えられていたスペックのままで僕が金額を足すところは一切変わりません(笑)。

ちなみに、スペックアップの代金は8万円超え。
さらにメモリも別途注文したのでそれで3万円ほど。(MID2017用のメモリの値段が日に日に上がってる!)
スペックアップを望んだとはいえ、今回の騒動で多大なる時間的損害に加え11万円も出費。
はぁ、痛すぎる。

ワタクシ、Apple様の言いなりです。

ただ、追加の金額に関しては性能上げたお前が悪いと思われるでしょう。

・・・その通りなので何も言えません。

というわけで、新iMacがやってくることになりました。
とにかく急いで欲しい旨を伝えてますが、Appleのことだから分かりません。
そもそも本当に来るのか分かりませんし(笑)。

どうなることやら。

今は、もう、動かない、そのiMac。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謎のハコを購入

2017-06-27 17:20:31 | ガジェット
謎のハコを買いました。

黒くて立方体のハコ。
見た目は何の変哲もないただのハコですが1,290円もしました。



これは一体何かというと・・・。

すみません、もったいぶりましたがこのハコ・・・。

実は時計だったりします。



これはAmazonで適当に探してたら見つけたデジタル置き時計。
木目のハコに数字だけが表示されるのが不思議で、見つけた瞬間買いました。

この時計、時間の表示方法が2通りありまして、常時表示する設定と音に反応して15秒くらいだけ表示される設定が選べます。
室温も表示できる優れもの。

なぜこれを買ったかというと、僕の家には置き時計がなかったんですね。
まあ時間はスマホとかPCで見るので必要ないっちゃないのですが、たまに不便な時がありました。

ただ僕は音に反応した時だけ表示する設定にしてますので、いざって時に見られない不便は変わらずですけど。
時計の前で何度手を叩いても表示されないこともありますし(笑)。

じゃあ常時表示すればいいじゃんって話なんですけどね。
ハコが突然光る方が面白いじゃないですか(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バベルの塔展行ってきた

2017-06-26 04:42:23 | 行ってきた
東京都美術館で開催中のバベルの塔展へ行って来ました。

4月くらいに24年ぶりの来日というニュースを見て、こりゃ開催直後にダッシュだ!と思ってましたが予定が合わずズルズルと・・・。
ようやく終了間際になって駆け込んできました。









日曜日に行ったのでかなりの混雑。
Twitterで混雑状況を確認するとお昼時は40分待ちだったそうですが、僕が到着した頃は落ち着いて20分待ち。
これにチケット購入時間も含めると大体30分待ちくらいだったと思います。

さて素人の感想ですけど、とても面白かったです(本当に素人(笑))。

ヨアヒム・パティニール『ソドムとゴモラの滅亡のある風景』と、
ヒエロニムス・ボス『聖クリストフォロス』は特に惹かれましてマジマジと観てました。

メインのブリューゲル『バベルの塔』はもう凄いの一言。
壮大で緻密で大胆でユーモアもあって全く飽きずに延々と観てられます。
というか観れば観るほど発見があり大感動。
20分くらいは観ていたと思います。
手描きでこの時代にここまで精巧な絵って凄いなと。

バベルの塔の3DのCG映像や超精密の複製画も良かったです。





ボス&ブリューゲルの怪物たちは本当に気持ち悪くて面白い。

ブリューゲルの『大きな魚は小さな魚を食う』の魚の怪物をモデルとしたタラ夫はただただキモかった(笑)。





帰りに国立西洋美術館にある地獄の門も観てきました。
やはり凄い迫力ですな。

そんなわけで上野でご飯を食べて帰宅。
色々事件が起こりまして、二度と上野でご飯を食べないと誓いましたとさ(笑)。





今回の戦利品。
売り切れのグッズもあり物凄い人気でしたね。
というか、このTシャツどこで着よう(笑)。

いやー、本当に楽しかったなぁ。
行って良かったです。
もう1回行きたいけど無理だろうな・・・。

ちょうどD-Brothersの新曲を超絶変拍子で作っていたので、とてもいい刺激を受けました。
バベルの塔を観た印象を曲にしてみようと思います。
といってもリズムだけですけどね。

タイトルはもちろんバベルの塔で。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iMacが修理から帰ってきたけど

2017-06-25 09:07:50 | Mac
やっとiMacが修理から帰ってきた!

というわけで、昨年の12月からたった6ヶ月で5回の修理を行っている僕のiMac。
毎回パワーサプライという電源ユニットの交換のみで返却されてきます。

6ヶ月で5回の故障と言っても、約1ヶ月間は修理に要してますので実際は5ヶ月に5回の故障&修理。
さすがに多過ぎ。

Apple的にはしっかり検証した結果と言ってきますが、じゃあなぜ同じ故障&修理を繰り返すのか。
2回目の修理の時にロジックボードの交換で直るのでは?と提案しても、頑にパワーサプライの交換しかしてくれない。
なので毎回同じ症状が再発するという。

もう正直耐えられないレベル。
今回の修理では3週間くらい使えない期間がありまして、何も作業ができずぶっちゃけ大損害でしたし。

そんな中、Appleサポートの窓口の方は最新のiMacと製品交換しますと提案してくれて、交換する新しいiMacのスペックも決定しました。
さらに僕が少しお金を足してSSDの要領を上げることも合意してクレジットカードの番号も伝えました。
後は出荷するだけとなった状態で、今度はAppleの社内で製品交換の許可が下りなかったと報告。
結局僕が振り回されただけというオチ。
もはや笑うしかないですな(笑)。

なんだかなぁ。
本気でApple製品を使うのやめようかと思ったけど、それも無理だし・・・。

サポートの窓口の方は引き続き社内で製品交換できるように交渉します、とがんばってくれてるんですけど。
製品交換だろうが修理だろうが、普通に使えればそれでいいのですが・・・。

今回もパワーサプライの交換のみで帰ってきてるので、今までの経験上間違いなく再発するでしょう。
いつ壊れるか分からない恐怖と戦いながらiMacを使うのはもの凄いストレスだったりします。

うーむ、修理報告書が入っているクリアファイルだけが溜まっていく(笑)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加