山形の森 保守醒論

山形から発信する内外の時評ブログ!

文科省・加計文書流出で判明した、左翼総出による倒閣運動の構図。

2017-06-18 09:46:43 | Weblog
文科省・加計文書流出で判明した、左翼総出による倒閣運動(テロ等準備法阻止)の構図。
省庁の既得権限を通じて「天下り権益」を確保したい文科省官僚が、違法な組織的天下り斡旋問題を暴露され責任処分されたことへの意趣返しだ(前川以下の処分)。
この際、医学部、獣医学部の認認可権限を文科省から取り上げて、早稲田大に医学部、京産大、新潟県に獣医学部、・・・・・にもどんどん認可してしまおう。 
そのうえで、国家試験合格基準を厳格にすることで(医師、獣医師の)質の充実が図られるようにすべきであろう。  司法試験と同様の取り扱いである。   
省内に野党系反政府組織(○○労組)がある。  労組専従職員(左翼活動家)は、イデオロギー教育を受けた確信的指導層として労組運動を指揮する。
文科省高等教育課の課長補佐(牧野美穂)、文科省から出向している内閣府職員(潜入スパイ)が、特亜3国と連携する野党4党と左翼メディアと共謀した加計文書流出であることも判明した。
流出したのは類似文書であることから、何者かの手により二次加工(偽造)されており、入手側による窃盗の可能性だって考えられる。
獣医師会による政治献金が、自民党旧宏池会系(麻生派、岸田派)、九州選出議員、民進党の獣医師関係議員などに偏っていることに既得権勢力の背景が見えてくる。
中曽根親族の前川前事務次官は、中曽根康弘が衆院議員初当選時から親中国派として初訪中以来の関係性も疑われる会見行動を起こしたものである。
これで、群馬一区に出馬を覗う「中曽根の孫」の公認問題にも影響してくるだろう。
文科省OBはたくさん居るはずだが、テレビ取材ででてくるのは、「(ゆるみ)ゆとり教育を主導した寺脇研」だけに限られるのも不思議である。
寺脇が教授を務める京都造形芸術大学(?創立者は帰化人)、山形県に姉妹校の東北芸工大が、1992年に社共系の山形市長のもとに開学している。
「共謀罪」適用が想定される「過激派、在日系組織」が左翼メディアと謀って、「テロ等準備法」潰しに組織的に動いた。
まさしく「共謀罪」リハーサルとなった、左翼総出による倒閣運動の前哨戦構図であった。
文科省としては犯人探し(処分)はしないもようだが、いずれ居ずらくなって退官することだろう。
再就職先は、全県に営業所を構える前川製作所がある。 山形営業所は、山形市馬見ヶ崎一丁目のようだ。  「急募・貧困調査員」WWW
総務省所管の電波行政も強固な既得権、放送事業者の電波使用権もオープン入札にすべき時・・・・。  反日(在日過激派系の)メディア掃討作戦は喫緊の課題。
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トンデモ管理会社「日本ハウ... | トップ | 小池ゆり子の都議選「都民フ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL