私の「認識台湾」

個人的な旅行(写真)の記録を主眼としつつも、実態は単なる「電子落書き帳」・・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

台湾に遺る日本の足跡(1)~新北投温泉

2005年10月28日 | 台湾

帰国日の前日に<新北投温泉>に出向いてみました。市内から地下鉄で30分程度とアクセスは至便です。温泉はドイツ人によって発見されたそうですが、温泉好きの日本人がそれに目を付け開発してきた経緯もあり、日本人がイメージする温泉地の雰囲気がそこここに漂っています。(従って、異国情緒を求めたい人には不向きなスポットです)

MRTの新北投の駅のホームを降り、ブラブラ歩いておりますと、何故か〝湯布院〟や〝熱海〟といった怪しげな看板が視界に入り、<福岡温泉>と書かれたホテル(写真)もありました。福岡からやってきた外国で、<福岡温泉>とは何とも脱力ですが、次回はこの温泉地で一泊するのもいいかもなぁという気もいたしました。
1923年に皇太子時代の昭和天皇が訪れ、休息された<北投温泉博物館>(写真)はあいにく工事中で、残念ながら内部へは立ち入れませんでしたが、赤レンガ造りの立派な洋風建築です。
博物館を通り過ぎ右に下りますと、公衆浴場<瀧乃湯>(写真)があります。瀧乃湯の正面(写真) など、まさにうらびれた銭湯といった感じで、ここに立ち寄ることにいたしました。入浴料は70NT$(約240円)ですが、番台(?)の脇には牛乳の冷蔵ケースもありました!お湯の温度は42℃以上はある感じでかなり熱く、手前のぬるめの浴槽に浸かりました。ここは内湯ですので水着も不要ですし、ふらっと立ち寄るにはお手軽です。
風呂上りに敷地内を観察してみましたところ、<皇太子殿下御渡渉記念>と書かれた石碑(写真)を発見しました。大正十四年二月の刻み文字が歴史を感じさせますが、石碑を撮影すると、脇に繋がれた犬もファインダーの中に収まり、中々不思議な組み合わせとなりました。 それから<地熱谷>(写真)へ足を運びましたが、むせ返るような硫黄の臭いが強烈で、温泉卵が欲しくなります。写真を撮っても映るのは煙ばかりで、まさに地獄谷といった風情でした。

新北投石温泉と日本にまつわる最近の話題としては、日本時代の台湾総督府に勤務し、北投石を発見した鉱物学者の故岡本要八郎氏に一等教育文化奨章が贈られたという報道を出国前に聞きました。岡本氏への授与を強く働きかけていた、民進党の管碧玲立法委員(←有難うございます!)は、
「岡本氏は台北で教鞭をとるとともに、総督府の教育政策にも携わっていた。そしてその余暇を利用して台湾の鉱物を研究し、その結果、北投石の発見を通じて世界に台湾を知らせた。受賞するに相応しい」
とコメントされていましたが、岡本氏に代わって受賞式典に臨まれたご子息も、父親の業績が世紀と国家を超えて評価され、さぞ感激されたことだろうと思います。(それにしてもお隣の某国などでは到底考えられない話ですね・・・・)
また、先日の愛知万博で大活躍した<リニモ>をMRTの北投石支線(新北投~北投の一区間のみ乗り換えとなります)に導入する計画(中日新聞記事)もあるようです。

帰路、駅前の交差点で信号待ちの際に回転寿司屋をのぞきこんだところ、随分な客入りでした。外に置かれているメニューで見る寿司ダネも日本のそれと変わりません。

回転寿司にリニモ・・・・数年後の新北投は、旧き日本と現代の日本の風情もオーヴァーラップする台湾の温泉街へと変貌しているかもしれませんね。

※写真・・・・地熱谷

かなりの人手で、白人観光客もいました。「日本の温泉が何で台湾にもあるのかねぇ?」といったことを話してましたね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 李登輝前総統、訪米日程を終... | トップ | 台湾に遺る日本の足跡(2)... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
台灣的子 (河内のおっさん)
2005-10-28 20:22:47
これだけの内容の頁を展開しておられる

貴殿は何者ですか、ただの台湾にはまっておられる方とは思えませんね。 政治学を研究しておられるのですか。



以後請多關照
トラックバック (あんぼ)
2005-10-28 22:56:25
はじめまして。トラックバックからきました。

滝の湯に行かれたんですね。

温泉博物館はとてもおもしろかったです。特に昔の温泉浴場というものがわかりますよ。

これからもちょくちょくよらせてもらいます。
温泉が恋しい季節の到来ですね! (tsubamerailstar)
2005-10-29 11:05:40
>河内のおっさん様



私は英語以外は全くですので、アジアに赴いたのは台湾が初めてで、それも二度目です。

福岡から二時間なのですが、中々時間取るのが難儀ですよねぇ。もう一度大学生に戻りたいものです。(汗)

「何物か」と申されましたら何とお答えしたらよいのでしょう。年金制度とか「ベートーヴェンの交響曲全集のお薦めは?」とかは比較的得意分野です。(爆)



>あんぼ様



博物館、改修中で残念でしたが、丁寧に使っていただいているということで日本人的にはうれしかったですね。

あんぼ様のご来光の写真、見事でしたね!





のんびり (ethnic)
2005-10-29 11:10:59
おかえりなさーい。温泉ノンビリ大好きなんです。特に台北からすぐ新北投は近くなのでぶらっと気分で行かれるのがいいです。

李登輝閣下には東北の温泉にゆっくり浸かって欲しいものです。
Unknown (A/T)
2005-10-29 13:55:04
温泉だー……
まったりするのは最高ですね! (tsubamerailstar)
2005-10-29 14:28:59
>ethnic様



ホントアクセスはいいですよね! 台湾は市内からちょっと足伸ばせばまったりできるスポット多いですから、パックツアーみたいな回り方はホント勿体無いと思います。



> A/T様



紛れもない温泉で風呂上りにそこら辺の道でオバちゃんが売っているアイス(35円位)を舐め舐め散歩しとりましたら爽快でした!

Unknown (猫研究員)
2005-10-29 23:18:46
台湾には日本がしっかりと根付いてますねえ。昭和天皇ゆかりのものが残っていたりとか…。

「福岡温泉」にはちょっと笑いました。ふと気づいたら、管理人様とは同郷なんですね。
福岡に存在しない福岡温泉 (tsubamerailstar)
2005-10-30 17:59:23
>猫研究員様



何か中正國際機場で見た「熊本ラーメン」もどうみてもそれとは・・・・何か台湾は怪しげな日本名が多くて結構笑えます。



実は私は出身は熊本でして、福岡はIターンと言うか転勤族と言うか・・・・小林よしのりも福岡ですね。(汗)

Unknown (猫研究員)
2005-10-30 21:20:29
台湾に、怪しげな日本名を探す旅にでも行ってみようかな(笑)

ご出身は熊本でしたか。同郷じゃないけどお隣さんですね。福岡は長いのですか?

あっ、そうそう、小林よしのりが通ってた大学はうちの近くにあります。
創業者が福岡さんでは? (笹団子)
2005-10-31 23:48:38
>福岡温泉

創業者名なのでは?なんて思いました。(笑)



私のほうが台湾と付き合いが長いはずなんですがほんと、詳しいですね。



tsubamerailstar様の「本業」の話も聞きたいです。
なるほど、猫研究員様の母校は・・・・ (tsubamerailstar)
2005-11-01 17:13:21
>研究員様



よしりんの母校知っていればすぐわかっちゃいますね!(笑)



福岡は4年くらいでしょうか? 屋台で一杯やるにはいい季節の到来かもしれません。

なるほど、「福岡さん」の建てた温泉宿? (tsubamerailstar)
2005-11-01 17:16:21
>笹団子様



いえいえ、笹団子様は東亜全般に詳しくいつも参考になります!



「本業」路線もそうですねぇ・・・・その前に私の巡回先の絶対お薦めブログリストをまとめねばいけない!!



今後とも宜しくお願いいたします!





コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。