椿整体院(本八幡店)スタッフのわたくしごと

整体を受ける前にどんな人がやっているの?と疑問の方は、ぜひご一読ください。趣味の旅行とペットの犬についてのんびり更新中。

ニュージーランドの温泉を目指して その2

2017-05-19 16:59:25 | 旅行記

5月10日早朝にバッチリ目覚めていた私、7時15分にはバスターミナルでGREATSIGHTS観光バスの受付を済まさなければならず、ソワソワしてしまいぐっすり眠れませんでした。

今回の旅のメインイベント、ニュージーランド北部にある温泉地ロトルアへ、4時間ほどのバス旅です。
途中、WAITOMO GLOWWORM CAVESという洞窟に立ち寄り、土ボタルを見学するお楽しみもありました。

私はお金をかけずに楽しむをモットーに旅行計画を立てるので、事前にインターシティバス経由で今回利用した観光バスGREATSIGHTSの予約を取った際、「日本語ガイド不要&ロトルア着時のホテルまでの送迎なし」という最も安い料金を選んでいました。
大変幸運なことに、同乗者に日本語ガイドを付けた日本人グループがいて、この親切なガイドさんが私たちの土ボタル見学まで面倒を見てくださいました。
さらに、バスのドライバーさんに「できたらホテルまで送ってあげて」と頼んでくださったようで本当に感謝感謝です。

さて、オークランドを7時30分に出発したバスは、洞窟のあるワイトモに10時30分くらいに到着しました。
30分ほど徒歩で鍾乳洞を見学して、お目当ての土ボタル見学は最後の5分強くらい、船に乗って天井に無数に光る土ボタルを見上げるというものなのですが、とにかく素晴らしいの一言。
真っ暗闇の中、土ボタルが放つ青白い光が天井一面に広がっている、なんとも幻想的な空間を体験できました。
残念なことに写真撮影は禁止なので、洞窟から出たところで写真を撮ってみました。

ここで親切ガイドさんとはお別れで、ロトルアまでは別の日本人ガイドが乗るようなことを聞きました。
観光バスGREATSIGHTSは、目的地の違う客が同じバスに乗っているため、途中バスの乗換があるとかないとか、とにかくややこしく、無事につけるのかだんだん心配になってきました。
次の日本人ガイドは、これが普通なのでしょうが、かなり塩対応でした(=_=)
日本語ガイドなし料金しか払ってないのだから当然なのですが、「ちゃっかり洞窟ガイドしてもらいやがって」と言葉にはしなかったものの全身で不満を表現したのち、我々の目の前から去っていったのでした・・・。

13時30分ロトルア市内に到着、ドライバーさんは途中で降りようとした我々に大丈夫だからと、わざわざホテルまで送り届けてくださいました、本当にありがたかったです。というのも、ロトルアで宿泊したホテルSUDIMA LAKE HOTELは徒歩で中心地からは15分くらいかかり、ツレが旅行前に発症した歯槽トラブルによる頭痛がひどくなっていたので、荷物を引きながら行くのは少し辛かったのです。

ロトルアはさすが温泉の町で、地熱活動が活発で所々で湯気がモクモク噴出し、硫黄臭が充満していました。硫黄のにおいでツレの頭痛はピークに達し、散策もそこそこにホテルでゆっくりすることにしました。

ニュージーランドの野鳥プケコもたくさん歩いていました。

ガバメントガーデンは紅葉が大変きれいでした。

ここ数年、海外で1回はタイ料理を食べることにしています、どの国にも本格的なタイ料理屋があり米を使った料理がテイクアウト可能なのと、店員さんのスマイルに大変癒されるからです。今回はホテル近くのHERBS & SPICES THAI ROTORUA でテイクアウトしたタイカレーと肉野菜のカシューナッツ炒めをこれまたホテル近くのスーパーで購入したワインとともにいただきました、ココおすすめ。

ロトルアの温泉体験は明日に期待しておやすみなさい・・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニュージーランドの温泉を目... | トップ | ニュージーランドの温泉を目... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。