テルミンとJAZZ
テルミンやマトリョミンの話。私、こちろうこと相田康一郎のプロフィールは左メニューバーのCATEGORYを。
 



リクエストもあったので、昨日のエントリーの内容の詳細を写真つきでもう一度お伝えする。

ただし、音域の調整(上の写真のAとBを同じ方向に少しづつ回す)はちょっと失敗すると音が全く出なくなってパニクったりするので(私は何度か経験アリ)、より重要と思われる音量変化幅の調整の説明から。

簡単なのはゼロポイントのつまみの位置を変えたいときにBのバリアブルピッチのコアを調整すること。よくあるのは冬場にピッチつまみを左いっぱいに回してもゼロポイントがとれず、チューニング不能になること。このようなときはBのコアを回す(ピッチを広げる方向・・・コアを右に回す)と元に戻せる。・・・「もしかして、右と左が逆かも???」

さてさて、音量変化幅を持たせるために調整すべきコアは両方の写真で「コレ」と赤字で書いているコア。
このコアを調整用ドライバで少しづつ左に回すことで音量変化の幅を広くしていく。

まず、調整前の状態でどのような特性か、注意深く観察しておく。
その後上蓋の4すみのネジをはずして、電源のプラグを取りはずし、蓋をとって、ほんのちょっとだけコアを回してみる。そして蓋をかぶせて音量変化幅をみる。また蓋をはずして、ほんのちょっとだけコアを回す。その繰り返しで最適なコアの位置を見つける。コアは壊れやすいので扱いに注意。音が現れる高さから25センチ~30センチくらいまで音量が変化していくとすばらしいと思う。

Etherwaveの出荷時期によってずいぶんと調整範囲が異なるようだ。最近の製品ではコアを回す方向が上の説明と逆になっていたりもするらしいので、自分の耳を頼りにトライアンドエラーでやっていくしかない。

たっぷり時間が合って精神的余裕もあるときに取り組まれるのがよいと思う。
また、調整前の状態に戻せるように、目印をマジックペンなどでつけておくのもよいだろう。そうしておくと、失敗したときもあわてないで済む。


コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )



« 音域と音量変... 音域幅を広げ... »
 
コメント
 
 
 
分かり易い説明、感謝 (テルオ)
2005-07-13 20:27:08
さっそくリクエストにお応え頂きありがとうございます。私だけでなく多くの方にとっても有用な情報だったようですね。心のゆとりがあるときにやってみます。今はだめそうです。
 
 
 
ごゆっくり (こちろう)
2005-07-14 14:04:58
じっくり練習する時間がとれそうなときには、是非、その練習前に調整にチャレンジしてみてください。



最初はただ音が出て、音程がとれるだけでも楽しめますが、やはりテルミンは、十分な音量変化をさせてこその楽器だと思います。
 
 
 
重要な点 (真ん中パート)
2005-07-17 07:18:44
ゼロポイントを広げる、または狭める際に、ピッチつまみを12時のところに合わせておくことも必要だったと思います。



それ無しでもできるのかな?

お師匠様にはそうならったのですが、色々な調整の仕方があるのかもしれませんね。
 
 
 
どっちでもできそう。 (こちろう)
2005-07-17 09:45:13
>ピッチつまみを12時のところに合わせておく



あっ、最初につまみを合わせておくのかー。

私は12時になるようにジワジワとコアを回してました。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ゼロポイントと音量変化幅の調整 (テルオとマトコのテルミン入門記)
テルミンのスイッチを久しぶりに入れたのだが、あれれ、ゼロポイントが出せない状態になってしまっている。サボってこんなことやあんなことばかりしていたバチだ。コア調整についてはこちろうさんの写真付き解説をたよりに、いよいよ基盤部分にアプローチだ。ところがEtherwa