テルミンとJAZZ
テルミンやマトリョミンの話。私、こちろうこと相田康一郎のプロフィールは左メニューバーのCATEGORYを。
 



「昨日のスコットホールにご来場いただきましたお客さま、本当にありがとうございました。
ホールを埋め尽くしたお客様のご様子、いただけたたくさんの拍手に感激しました。」


(←リハ風景)
「いい会場見つけたんで、ちょこちょこっと発表会でもやるか。」と軽く考えてクラスのみなさんに提案したら、とくにやりたくない風でもなかったので、走りはじめたら、だんだん盛り上がってきて、特に受講生の皆さんたちがそれぞれの得意なことで力を発揮したり、みなさんが自主的に集まっていろいろと考えたり作業されたりして、事前に考えうる限りの準備は出来ていたのではないかと思う。

もちろん、演奏の練習もしかりだが、たくさんのお客様にご来場いただき、そしてそのお客様に喜んでいただこうとする「心」や「一所懸命さ」が演奏会に現れていたと思う。そう考えると胸が熱くなる。

受講生さんたちとの打ち上げでは、本当においしいビールが飲めた。
燃え尽きないようにしなきゃ。


気付いたBlog記事まとめておく。
気まぐれまぐれ
>問答無用に人を笑顔にしてしまう
「ほんとにたくさんの方に来ていただけました。ありがたいです。」
天素堂つぶやき 
>さらっと演奏するところがニクイ!
「講師演奏はもっとちゃんとやれ、との声もあり・・・」
テルミンの彼方へ
>…みんな頑張って~ と思いながら聞いていました。
「あー、お客様方のそういうお気持ちがあの会場に充ちていたんですね。また思い出して胸があつくなります。」
マトリョグ
>十字架の元、神聖な雰囲気の中、マトリョミンからの電子音がゆる~く、とても合ってました。
「今度、ゆる体操といっしょに・・・やりません(笑)。」
maminka
>ますますやりたくなってきた~。
「まずは教室にどうぞお越しください。」
思いつくまま
>客席の反応などなどに本当に感動しました
「暖かい拍手たくさんいただけて、とてもいい雰囲気でした。あ、また感動が(T_T)」
grace
>アンサンブル!迫力ありました
「マトリョミン経験者の方にも大勢来ていただけました。」
tonica-report
>何かを一生懸命創り上げる作業
「これをみんなでやるところがいいところですね。」
人生の岐路に立たされた『ひげめがね』のアタフタ日記
>な…なんてシュールな演奏会なんだ…まさに異空間、
「シュールってよく言われます。」


コメント ( 13 ) | Trackback ( 1 )



« マトリョミン... 知内町のため... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (ようこ)
2006-07-02 05:29:51
お疲れさまでございました。

あの人数で よくぞ ここまで 音程が取れます(*^^*)

わたしは 合奏苦手なんですが(でも11月に合奏する事になってる(^^;) 合奏もいいな~ と思いながら帰ってきました。
 
 
 
おつかれさまでした! (LiLi)
2006-07-02 10:57:50
昨日は二階席からじっくり拝見させていただきました。

すごい!アンサンブルの迫力にびっくりです。

マト初体験の友達も楽しんでいたようで、帰り道はその話題でもちきりに。。。

なんだか私も嬉しくなってしまいました。

 
 
 
ご来場ありがとうございました (こちろう)
2006-07-02 11:47:04
・ようこさん

ありがとうございます。みなさん、教室以外でも自主練習などなさって、やはり、オトナです。



・LiLiさん

ありがとうございました。2階は1階よりもさらに暑かったようですね。2階のほうが、音の響きは良かったのかもしれません。
 
 
 
いい勉強になりました (Hirota)
2006-07-02 14:06:44
相田先生、昨日はお疲れ様でした。自分が演奏するよりも緊張なさったのでは?私はKさんがトップバッターで演奏している姿を見ながら、かなりドキドキしてました(笑)

アンサンブルクラスのみなさん、本当に演奏のみならず、いろいろ細やかな配慮をしていらして、素敵な演奏会でしたね。

私は道に迷ってしまい、会場に到着したのがぎりぎりだったので、プログラムをもらうことができず、それが残念でした…。

 
 
 
Unknown (naoko717)
2006-07-02 14:35:56
ステキな演奏会だったということが伝わってきます。

ますます演奏会に行ってみたくなりました♪
 
 
 
楽しかったです (maminka)
2006-07-02 16:01:51
はじめまして。トラバさせていただきました。

私も初めて演奏を見させていただきましたが、哀愁漂うロシア民謡が、あの儚げな音ととても良く合いますね。

会場も本当に良かったと思います。教会だから見に行ってみよう。と思ったのも事実です。

ますますマトリョミンの魅力に取り憑かれました。
 
 
 
面白かったです。 (WHITE RIVER)
2006-07-02 20:13:02
 会場もステキで、なかなか趣のある演奏会でした。

 マトリョミンって、寂しげであり、でもちょっとユーモラスで(チューニング時の音の動きが特に楽しめます。って私だけ?)、味わい深い楽器だと改めて思います。

 一緒に行った妻も喜んでいました。



 次回は、ぜひアンサンブルを四方向から聴いてみたいもの。究極のサラウンド・・・。 それとも、大きなPAにつないだ大音量マトリョミン・・・きついかな?



 そうそう、妻とも話していたんですが、フットスイッチとかフットボリュームを使うとチューニング時や最初の音を出すときとかに有効なのではないでしょうか。でも、あの音出しの曖昧さに味があるという気もします。



 長くなりました。私もがんばろっと。

 
 
 
お疲れ様でした (天素堂)
2006-07-02 20:44:54
演奏会お疲れ様でした。

私も2階から見ていましたが、建物全体にいい音色が響き渡っていました。

アンサンブル、いいですねー!
 
 
 
とっても素敵でした (うふ)
2006-07-02 23:42:28
演奏会、とても素晴らしかったです!

みなさんのマトリョミンへの愛が

伝わってきて暖かかったです。



道に迷い

(持ってきた地図が「都電」早稲田駅周辺図だ

ったのです。乗ったのは地下鉄なのに(汗))、

本番前にご挨拶できず失礼しました・・・。
 
 
 
感謝。 (こちろう)
2006-07-03 00:30:08
みなさま、たくさんのメッセージお寄せいただきまして、ありがとうございます。



・Hirotaさん

みなさん、どんどんいろんな準備を整えていかれるので、私は楽してました。



・naoko717さん

次の機会には是非お越しください。



・maminkaさん

マトリョミンの魅力が最大限に発揮されるような会場であったと思います。これからもマトリョミンをよろしくお願いします。



・WHITE RIVERさん

お楽しみいただけて我々も嬉しいです。

マトリョミンはちょっと不自由なところも多く、電子楽器ですから、ご指摘のように外付けでいろいろとそれをカバーする方策もあるんですが、不自由だったり不完全だったりするところも含めて受け入れかつ楽しんでしまおうというスタンスです。



・天素堂さん

久しぶりにナマ天素堂さんに会えて嬉しかったですよ。是非マトリョミンも始めてください。

つぶやきネタも何かと増えますよ。



・うふさん

ういろう、打ち上げのときにみなさんに分けましたよ。ありがとうございました。涙を拭くのに手頃な大きさだったし。

スキマもよかったでしょうね。お疲れ様でした。
 
 
 
Unknown (matoryog)
2006-07-03 15:17:51
こんにちわ。

教会でのマトリョミン、最高でした

電子音、会場の手作り感とか暖かかったです。

今度2階から聴いてみたいと思いました。
 
 
 
素敵な演奏会でした! (スタイロ)
2006-07-03 17:35:39
隣に早稲田生らしき人々がいましたが、評判よかったですよ。若者ファンが増えたかも?

今度はパイプオルガンの伴奏でマトリョミンを聴いてみたいです!

すよんよんさんはパイプオルガンを弾いたことがないとおっしゃってましたよー



 
 
 
学生さんですか (こちろう)
2006-07-03 18:46:17
スタイロさん、お久しぶりでした。ありがとうございました。

若者もいらっしゃいましたか。

基本的に年齢層は高かったような感じでしたが。



パイプオルガン、いいですよねー。



この場に関係ないですが、聖マト学園校章ステッカーは?。(と、あたりまえのようにおねだり。)



そうそう、テル大発表会頑張ってね!。私(たち)は函館から帰る列車のなかから、成功を祈ってます。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
マトリョミン演奏会 (maminka)
マトリョミン演奏会を見に行きました。 前からマトリョミンには興味があったけど、実際に生の音を聴くのは初めてです。 マトリョーシカの後頭部に念力を送る様な独特の演奏方法。 音は人が裏声で「ウ~~~」と言っているような、すきま風のような……不思議 ...