スピリチュアリズム・ブログ

東京スピリチュアリズム・ラボラトリー会員によるブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「通り過ぎていく者でありなさい」

2012-09-26 00:41:09 | 高森光季>その他
 余談ですが。 シルバー・バーチの言葉にこういうものがあります。 《その昔「この世を旅する者であれ。この世の者となるなかれ」という教えが説かれましたが、死後の生活への信仰心に欠ける地上の人間にはそれを実践する勇気がありません。》(『シルバー・バーチの霊訓』第4巻、19頁) これについて、訳者の近藤千雄氏は、次のような注釈をされています。 《この世にありながら、この世的な俗人になるなというイエスの訓 . . . 本文を読む
コメント (3)

厭世主義について ④癒すべき病?

2012-09-23 00:57:21 | 高森光季>その他
 厭世主義というのは、いろいろとよくないところがあります。 不行動、不活性になる。停滞し、萎縮する。現実逃避をし、へたをすれば薬物依存になる。 現世が嫌いなのだから、どうしてもそうなる。 「超越」の中に居続けられればいいのでしょうが、「超越」とはそういうものではない。肉体を持った人間は、どうしても現世に引きずり下ろされ、縛られる。 耽美主義というのは、この「超越の中に居続けたい」という欲望ですね。 . . . 本文を読む
コメント (5)

厭世主義について ③厭世と芸術

2012-09-21 00:07:27 | 高森光季>その他
 文学と厭世主義というのは深い結びつきがあります。 日本だとすぐに頭に浮かぶのは『平家物語』『方丈記』の誰もが知っている冒頭、「祇園精舎の鐘の声」「行く川の流れは」ですね。仏教の影響を受けた「無常の文学」の系譜があります。中世の説教節などもその流れで、果ては近松あたりまで行くのでしょうか。近代だとこれが「個の絶望」といった様相になっていく。(梶井基次郎の「冬の日」などはその頂点なのではないかと私は . . . 本文を読む
コメント

厭世主義について ②厭世と宗教

2012-09-18 00:03:51 | 高森光季>その他
 宗教というものは、もともと「この世ではない世界」を探ることで、この世を相対的ないしは否定的に捉えるものです。 このことは現代の唯物論者には理解できない、あるいはわざと理解しようとしないことです。 よく、宗教の定義としてあれこれ言われて、結局のところ「定義不能」みたいな結論を出されることがありますけれども、それは周辺的なところに機銃掃射をしているようなものであって、中心的なところを撃つのであれば、 . . . 本文を読む
コメント

厭世主義について ①この世が好きですか

2012-09-16 00:06:44 | 高森光季>その他
 どうも大きな問題にぶち当たった感じがしてます。 それは「厭世主義」というものについてです。 これについては以前「イデアとしての厭世主義」という記事を載せました。そこでは、思念・思想としての厭世主義を、仏教との関わりで考えてみたのですが、この問題はもっと広くて深い拡がりを持っているように思えてきました。 よくわからないことだらけなのですが。      *      *      * 「この世が、人 . . . 本文を読む
コメント (1)

市場原理、あるいは「狭き門」の誤解

2012-09-10 00:24:29 | 高森光季>その他
 「市場原理」という概念があります。「自由主義」と重なるものです。 これ、資本主義の権化、金儲け優先・金持ち優先の思想と見る向きもありますが、それは間違いです。 「市場原理」とか「自由主義」というのは、根本的には、 《何がよいかを決定する権利は誰も持ち得ない》 ということを言っているのです。 「何がよいか」というのは、「何が生産されるべきか」「何が有効な生産物であるか」「何がよい価値観であるか」「 . . . 本文を読む
コメント

【雑報】世界経済はどうなっていくのでしょう

2012-09-08 15:40:20 | 高森光季>その他
 あまりこのブログにはふさわしくないかものテーマですけど。 【米国】貧窮の国民5千万人以上が一時、食事確保出来ず 農務省:2chコピペ情報局 ちょっと前の記事ですが、 アメリカの中流が崩壊している。 近い未来の日本:2chコピペ情報局 欧州がカオスになっているかと思えば、アメリカもかなりひどいようですね。 社会の本当の実態というのははっきりとは捉えられないにしても。 国の安定と発展は中産階級がしっ . . . 本文を読む
コメント

【雑報】ウィルスの不思議

2012-09-08 08:42:40 | 高森光季>その他
 ちょっとバテてダウンしております。 ファージという奇妙な形のウィルスがあるそうです。《六本足で器用に歩行、バクテリアに取り付き、生体ドリルで穴をあける。腹部に詰まったウィルスDNAを注入しかも頭は正二十面体イミフ過ぎる宇宙人いないって奴はどうやってファージが生まれたか説明すれ半分物質のくせに目的と行動力と武器を持ってるのが恐いんだよ》 【閲覧注意】ファージっていう凄いウィルスって知ってるか:カオ . . . 本文を読む
コメント

【雑報2点】異才の詩人・写真家/無限の夢

2012-09-03 13:02:39 | 高森光季>その他
 ちょっとネット上から紹介2点。      *      *      * 前にもちらっと書いたことがありますが、私が毎日見ている写真ブログがあります。 ( ゜毒゜)< しんどい。 今日は特別美しい作品だったので紹介させてもらいます。( ゜毒゜)< しんどい。より この方、365日毎日、写真と短文(詩)をアップされています。 一日も欠かさず。すごいですね。 プロではないようです。 ほん . . . 本文を読む
コメント

「2ちゃんねるのスピリチュアリズム」より再録:土地と泉を守る兄

2012-08-31 00:22:05 | 高森光季>その他
前のエントリの関連で、旧記事からの再録です。 ////////////////////////////////499 1   2005/04/25(月) 21:11:55 ID:rlzhjmli0   中途半端に長い上、ちょっと微妙かもしれませんが。   うちの兄は10年ほど前に亡くなりました。   亡くなる前々日、何時もは帰ってすぐ部屋に入ってしまう  兄が珍しく私にPCの使い方を教えてくれた . . . 本文を読む
コメント

スピリチュアリズムと土着的宗教

2012-08-31 00:18:26 | 高森光季>その他
 トド様からご質問をいただきましたので、それにお答えする形で少し。 「スピリチュアリズムは民間信仰、土着信仰をどのように考えるのか」という点ですが、 まあ、ぶっちゃけ言えば、ものすごく重なっていると言えると思います。 それは、まず基本的に次の共通点があります。 ①死者霊、動植物霊、自然霊など、多様な霊的存在を認める。 ②そうした霊的存在との「交渉」(通信、コミュニケーション)が可能であるとすること . . . 本文を読む
コメント (3)

【雑報】スペインのトンデモ修復が世界を抱腹させている

2012-08-27 18:15:48 | 高森光季>その他
 みなさまもうご存じでしょうが、スペインのある教会のフレスコ画を素人(80歳になるおばあちゃん)が勝手に修復してしまい、ひどいことになっているんですが、それが逆にネタとしてあちこちで再生産されているようです。 これですね。 それが、こうなったり、 果てはこうなったりwww この動画は秀作です。 Ecce Homo Reloaded. The Movie:YouTube その他の画像はこち . . . 本文を読む
コメント

【雑談】戦争は今ここでも起こっている

2012-08-26 16:37:27 | 高森光季>その他
 なんて三流雑誌みたいなタイトルをつけてみたりして(ところで今「一流雑誌」なんてあるんですかねw)。 日本を「敵国視」している中朝韓三国(いわゆる“特定アジア”)との小競り合い(あるいは侵略)のことではありません。それもずいぶん問題になっていますが、ネット上ではそういう論議があふれていますので、ここではパス。 ちょっと別の、おそらくもっと恐ろしい“戦争&rdqu . . . 本文を読む
コメント

火星の生命

2012-08-25 02:44:17 | 高森光季>その他
 他のニュースが多いのであんまり注目されていないようですが、火星に無人探査機が着陸して映像を送り始めています。 おなじみ「In Deep」さんの記事はこちら。 キュリオシティへの無関心を貫けない夏の夜 地球外生命体の問題はどうもはかばかしい成果がないですね。 しかし、スピリチュアリズムの霊信では、それは「振動数レベルの違うものに対して観測方法を持っていないから」で、宇宙は生命に満ちあふれていると言 . . . 本文を読む
コメント (2)

【雑報】無性欲者とは

2012-08-24 17:35:53 | 高森光季>その他
 ちょっとソースがすっきりしないものですが、【第4の性】 男女どちらにも惹かれない、人類の1%、世界で7000万人が無性愛者:コピペ情報局 「デイリー・メール」の情報によると、カナダブロック大学(Brock University)のある学者が、人間は異性愛、同性愛、両性愛の外、第4の性がある。これは無性愛だと指摘した。大公網8月21日が伝えた。 ブロック大学のAnthony Bogaert副教授が . . . 本文を読む
コメント