徒然スキーヤー日記

冬は毎週志賀高原レポート
夏は子連れダイビング情報
スキー試乗や旅行記の目次は「このブログについて」カテゴリー見てね

2012年7月 子連れ座間味ダイビング旅行記4 今年1本目のダイビング

2012-07-31 00:02:49 | ダイビング日記
というわけで,超久しぶりのダイビング.

えーっと.
えーっと.
とりあえず,このままひたすら水面漂ってたらダイビングにならないから.
まずは潜らないとダメだよな…

潜るには…そうそう,BCのエアを抜いて,息吐いて,耳抜きして…
んで.それから…

…って感じで,潜行開始時に多少じたばた.
うーん.やっぱ久しぶりだとちょいと耳が抜けにくいけど…
なんとか無事潜行.


いやー.
10ヶ月ぶりの海だけど.
潜ってしまえば,まぁなんとか,勘が戻ってきますな.

とりあえず,カメラを起動…っと.
フラッシュも立ち上げて,各種設定確認して…



どうしたことだ.
水中写真の撮り方,忘れてる…

えーっと.
絞り優先でF2.0だとシャッタースピード警告が出てるから,
絞りを絞って…っと.よし.F4.0まで絞れば警告が消えたぞ.
…あー.
フラッシュフル発光,F4.0でこの距離だとフラッシュ光,
ちゃんと回るんだったかなぁ??

とりあえず試しにシャッターを…

あらら.
フラッシュ回ってないじゃん.
もう少し近づかないとダメか…

って感じで.
どうも,絞り値と被写体までの距離とフラッシュ強度の
感覚が戻ってこないなぁ.

背景光とフラッシュ光のバランスが上手く取れない…

(これもちょっとだけフラッシュが弱い感じ…)

1本目にポイントは「儀名」ってポイントで.
リュウキュウキッカサンゴがきれいなポイントらしいんだけど.

まぁ,私にとってはリハビリダイブで,
カメラの感覚を思い出すのに精一杯.


まぁ,ぼちぼちと小物も楽しませてもらったし.


うーむ.
慶良間も,今年はちょっとサンゴがやられてる感じがするなぁ…


でも,元気なサンゴもいっぱい残ってるし.

ダイビング最後のころには,何とかカメラの感覚も戻ってきましたね.
この写真のころだと,手前のサンゴと魚の明るさと背景の海の明るさのバランスが取れてきたかな.

とりあえず,Exitしますか…

って感じで.

今シーズンの1本目,無事終了!
コメント

2012年7月 子連れ座間味ダイビング旅行記3 慶良間のダイビングスタート

2012-07-30 00:55:00 | ダイビング日記
っつー感じで.
宿について昼ごはんをかきこんで,ダイビングの準備を済ませたら.

1時半,ダイビングショップのお迎えの車がやってきたので,港へ向かいます.

…実は本日.
当初予定のダイビングショップ,ザマミセーリングさんは残念なことに満員らしく.
本日午後の2本のみ,「シーステップ」さんを利用することに.
このショップも「子連れ乗船可能」ということだったので,

…ただ,このショップ.
朝から夕方まで海上で過ごすザマミセーリングさんと違って,
1本ずつ港に戻ってくるパターンで,船はちょいと小さめ.

ということで.
船は和船タイプですね….

どーでもいいですけど,またまた船を見て超ハイテンションな娘.
…おまえ,どんだけ船が好きなんだ???

娘ともども船に乗り込んで,いざ,慶良間の海へ!

船は娘と妻とを乗せて,慶良間の海を進みます.

娘は船に乗っているだけですげー嬉しそうなんですけど.
…そこまで船,好きか???

まぁ,船が嫌いに育ったらダイビングに連れて行けないわけなので.
船が大好きに育って良かったと言う事で…

で.
船は5分ほどでポイントへ到着.
本日のダイビングは.
いろいろな厳正かつ公正なる話し合いの結果,
妻が娘番で,私が潜りに行くことに.

さーて.
今シーズン初のダイビング.
毎度ながら.
8ヶ月のスキーシーズン中はまったくダイビングをしない私.
シーズン始めの1本は,だいたい10ヶ月ぶりくらいのブランクダイバー
なわけですね~.

10ヶ月だなんて.
たとえば,私が10ヶ月スキーしなかったら.
「スキーって,どうやって滑るんだったかなぁ?」
ってのは確実に忘れちゃいますし.
「スキーって,どっちが前なんだっけ?」
ってことまで忘れてしまいかねないレベルです.
#どんだけ記憶力悪いんじゃ

ちゃんと潜れるかなぁ…

レギュレータをくわえ,エアが来ていることを確認したら.
バックロールでGo!

どぼーん.

南国の暖かい水が,体を包む久しぶりの感覚!
ああ.またこの海に,戻ってきた…
コメント

2012年7月 子連れ座間味ダイビング旅行記2 慶良間へ

2012-07-28 00:55:00 | ダイビング日記
そして.
旅行2日目の朝…

今日も天気は晴天.
絶好のダイビング日和になりそうですな.

座間味に向かうため.ホテル目の前の泊港から,
朝10時発のフェリーに乗り込むわけですが.

乗り物好きの娘は「お船!お船!」
…ウキウキでございます.

さすが3連休だけあって,出港30分前の9時半に乗船したのにすごい激込み!
娘と妻は座れたけど,私は満席で座れなかったので,
トップデッキへ.

トップデッキはこんな感じで.
座れなかった人たちがあふれてて.
…なんだか,端的に言うとあれですか.「難民船」って感じなんですけど.

こんな中,1時間半,炎天下を揺られていくと…
慶良間諸島が見えてきましたね~.

うーむ.
南の島に来たぞというテンションup!

…娘は乗船時間,ほとんど寝てたみたいですね.
船酔いとかもせず,ホントに旅行連れて行くのに楽な娘だこと…

んで.
12時に座間味港へ到着!



フェリーを降りて,宿へ向かいます.

今年も,座間味でお世話になるのは,港から徒歩2分ほどの,
ペンション星砂さん.


去年はバス・トイレつきの部屋だったけど.
今年は単なる和室にしてみました.

もう,娘も一人でトイレに行けるし,トイレつきの
部屋じゃなくても良くなりました.
バス・トイレなしの和室なら2食付6500円と安いので,これで十分!

ホントに,子連れ旅行がだんだん楽になっていく…

で.
午後1時半にダイビングへ出発なので,あわてて那覇で買い込んだ
お弁当をかきこんで,ダイビング機材やら水中カメラの準備やらを
済ませ,娘を水着に着替えさせ…

いざ,本題の慶良間の海へ!
コメント

2012年7月 子連れ座間味ダイビング旅行記1 出発!

2012-07-27 00:03:15 | ダイビング日記
というわけで.
7月3連休に沖縄へ子連れダイビングに行ってきたわけですが.

今年は子供も4歳,幼稚園年中さん.
子連れダイビング旅行も,すでに7回目になりましたなぁ….

幸いなことに,娘は海や船がチョーーー大好きに育ってくれて.
さらに飛行機を見るのも乗るのも大好きという,
ダイビング旅行に連れて行くのに,もう心配事は
ほとんどない,理想的な子供に育ってくれているわけで.

とりあえず,出発の日.
那覇行きの飛行機に乗るべく,羽田空港へ.

今日はのんびり,午後の飛行機で那覇へお出かけです.
飛行機代を安くするため,安い夕方の便で那覇に渡り,
翌日朝に慶良間入りの予定です.

…昔は,
「空港のキッズスペースで遊び疲れさせて飛行機で眠らせる作戦!」
とかやってたけど.
今やもうそんな必要はなく.
ゆっくりとラウンジで出発時間までコーヒーを飲んでくつろぐことができるという…

うーむ.
楽になったものよ.

そして,飛行機へ搭乗ですが.
飛行機搭乗回数がすでに30回近い娘にとっては.
もう席に座ると一人でヘッドホンして勝手に音楽聴いて
くつろいでます.

あとは勝手に本を読んだりして暇をつぶしてくれるという…

親があれこれしなくても,2時間半飛行機の中ですごしてくれるとは.

うーむ.
楽になったものよ…

那覇に到着したころには,夕方になってます.


とりあえずこの日は那覇市内の安いビジネスホテルに泊まり,
ホテル目の前の沖縄料理店で夕食を…

沖縄そばやら海ぶどうやらを喜んで食べてくれてます.
普通の居酒屋みたいな店で夕食を一緒にできるようになるとは.

うーむ.
楽になったものよ….

沖縄料理を楽しんで,ホテルに帰ったら.
お風呂入って娘は即寝でした.

うーむ.
楽になったものよ…

とりあえず.
子供も4歳になったら.
飛行機・船・車での移動に関して.
酔ったりぐずったりすることもなくなり.
旅行が極めて楽になってきますなぁ.


コメント

7月3連休は…またまた慶良間に行ってきた

2012-07-26 00:55:41 | ダイビング日記
えーーー.
この7月の先週.
海の日で3連休があったわけですけど.

スキーシーズンが7月1日に終わってしまった私は.
当然,潜りに行ってくるわけですね.
ということで.
今回も沖縄に潜りに行ってきたわけです.

…それも,3連休に2日間の休みをくっつけて,5連休で…
#飛行機を3連休の前後にずらした方が,3連休だけで旅行に行くより安い…

んで.
どこに行くかですが.
まず,目的地が沖縄ってのは確定.沖縄の何処に行くか.

…子供にも飛行機代がかかる今,那覇からさらに飛行機を
乗り継がなきゃならない石垣や宮古島はちょいと厳しいなぁ…
ってことで.
本島近辺に絞ります.


で,やっぱり子連れで潜りに行くので.
子連れで船に乗せてくれるところがベスト.

以前は
・宿とダイビングボートに乗る港がすぐそばで
・1本毎にダイビングボートが港に戻ってくる

って場所を選んで,夫婦のどちらかが残って,交互に子供の面倒を見てましたが.

昨年,座間味で終日船に乗せてくれるショップを見つけ,
実際そこですごしてみると.

娘は走る船の上で楽しそうに景色見てるし.
ダイビングの合間,好きなときに娘と一緒に船から泳ぎにいけるし.
昼休みには無人島に遊びにいけるし.
潜っている途中は,ショップのおねーさんが娘と遊んでくれるし.
…これは,子連れダイビングに理想の形ではないかっ!

ってことで.
今回も子連れ乗船可能なショップがないか,いろいろと探してみたんだけど.

…どうせ去年と同じ,本島近辺に行くんだから.
いまさら冒険するよりも,去年行ったザマミセーリングでいいんじゃない??
って感じで.
去年かなり楽しい思いをさせてもらった,ザマミセーリングさんの
リピーターになることに決定したのでした…


しかし今回.
旅行を決定し,エアからなにからすべて手配した後で.
「遊びで会社休むなんて許されるのかボンバーっ!」
やら,
「日程変更不可の仕事投げ込まれアターック!」
やら,
「これだけ大量な仕事割り当てたら,休んでたら終わらないだろうチョーップ!」
などの.
会社からのいろいろな妨害工作はあったものの.

とりあえず,得意の
「仕事より遊びが大事大事大事!不良社員アピールっ!」
という必殺技で乗り切り.
無事,出発当日を迎えられたのでした…


#数日前まで,旅行いけないかも…と本気で心配だった(涙)
コメント (2)

初の子連れダイビング旅行記@2009年 インデックス

2012-07-24 03:56:38 | ダイビング日記
ってことで.
初の子連れ旅行記のインデックスです.

プロローグ1:子連れダイビング候補地の条件とは?
プロローグ2:行き先決定!

1日目
その1:出発…娘,初の長距離飛行機
その2:美ら海水族館~夜

2日目
その3:初めて母親と離れてみたら
その4:母親ダイビング中は父親とお留守番
その5:今度は母親お留守番,父親がダイビングへ出発
その6:私のダイビング1本目
その7:ダイビング2本目~夜

3日目
その8:1本目は,子供が生まれて始めての夫婦そろってダイビング
その9:2本目ダイビング&3本目お留守番~夜

4日目
その10:夫婦そろって1本目
その11:2本目は私がダイビング
その12:娘,海水浴にチャレンジさせるが…~夜

最終日
その13:帰宅…旅の終わり

コメント

初の子連れダイビング旅行記@2009年 その13 旅の終わり

2012-07-24 00:52:04 | ダイビング日記
徒然スキーヤー日記という名にそぐわないダイビング日記が続き.
予想通り順調に閲覧者が減っている今日この頃.
#まぁ,子連れダイビング日記を連載するブログタイトルではないわな

とりあえず,初の子連れダイビング記録はこれで終わりです.
んですけど…
次回から,最新ダイビング旅行記がまた続きますので.
よろしくお付き合いのほど(笑).

では,初子連れダイビング旅行記,最終回です~
----
ダイビングが終わって後は帰るだけの最終日.

帰りは夕方の飛行機なので,朝食後11時のチェックアウトまでのんびりしたあと,

万座毛とか…

残波岬って回りましたが…

娘は寝てましたね.
後半ほとんど,ぐっすりと.

で,空港に着いたらあとは飛行機に乗るだけ.
車の中であれだけ寝てたから,飛行機で寝ないかも…
帰りはまさか大泣きしないよな???

って思ってたら…
搭乗後は起きてたけど.

離陸直後からすぐにすやすやと寝ちゃってました.
東京到着まで,ほとんどずーーーーっとぐっすり寝てて,
飛行機の中では全くぐずらず,ずっと寝たまま.

なんて親思いなんだろう…

ということで,今回の初子連れダイビング,
食事は大丈夫か,
知らない場所で夜寝ないんじゃないか,
母親が潜りに行って泣かないか,
飛行機は大丈夫か…
っていった,事前の心配はいっぱいあったけど.
何の問題もなくすべて無事クリア.
何の心配も要らないじゃないか.

これだったら.          
…これだったら.
今年中,2歳になる前に海外ダイビング,いけるんじゃないか??
という,悪魔の誘いが湧き上がってきたのでした…
#2歳前に行けば,飛行機代はタダ.宿代も多分タダ

…しかし,プールに漬けておけば1時間でも2時間でも
ご機嫌で遊んでいてくれるなんて,なんて親思いな娘なんでしょう…
っつーか,親に似て遊び人の血を引いていることが
よく分かった今回の旅行でした.
コメント (2)

初の子連れダイビング旅行記@2009年 その12 娘,初海水浴に行くも…

2012-07-23 01:28:54 | ダイビング日記
あー.
3年前のこの旅行記も.
今回と次回のあと2回で終了です…

で.
実は先週の3連休でまた潜りに行っていたので.
この旅行記が終わっても.
今度は新しい旅行記が続いたりします…

では,本編行ってみよう!
----
で.
2本目は私が潜ったので.
3本目は妻が潜りに行って私が娘の子守役.

…プールばっかりで,娘も飽きただろうなぁ…
今度はプールじゃなくて海に泳ぎに行こう!
と,娘を連れてビーチへ出てみました.

しかし.
なぜか.
砂浜に出て,泳がせようと服と靴を脱がせた瞬間.
なんだか,娘の動きが固まりました.
すごくいやそうな顔をしているんですが…
一体どうした??

なんか,片足を上げて「あんよ,あんよ~!」と,訴えかけます.
え?足がどうしたの?
と,見ていると…
今度は反対の足を上げて「いや~!」

…なんと.
砂が足につくのが気持ち悪いみたいで.
「砂だから気にしなくていいよ~」
と言ってみても,両足を交互に上げて,足を手でぬぐって
「いや~!!!」
って泣き出しました.

うーーーーーーーーーーーーむ.
予想外.よそうがいっ!
砂が足につくのがいやとはっ!

とりあえず,抱きかかえて海に連れて行き,
海の中につけて足の砂を落としましたが…
そのあと,海底に着地させると,砂に足が潜って
動きが固まりました.
ものすごいいやそうな顔をして,目で必死に
「ここは嫌」と訴えかけるので,仕方なくプールへ.

半泣きの娘をプールに連れて行くと,生き返ったように
「ばしゃばしゃーっ!」
と言って元気に遊びまくります.

お前,プールだとゴキゲンなのね.

うーん.海が駄目とは,ちと想定外だった…

プールで遊んでると,ダイビングが終了したみんなが
戻ってきました.
これで全員ダイビング終了.

器材を洗って片付けなくてはならないので,いつもの
「娘をプールから引き離す」儀式を執り行い,
他の物で気を引きながら注意をプールからそらして行きます.

ダイビングショップで器材を洗って,
ショップでログ付け.

で,これまで3日間撮りためた写真を,ノートPCで持って行き
確認しながらログ付け.

娘も一緒に魚の写真を見て喜んでます.
すると,私のワイド写真を見かけたガイドの皆さんから.
「え?これ,うちのダイビングで撮った写真?こんなにきれいに写るんだ…」
という,予想外の反応が.
えーっと.
間違いなくおたくのショップで撮った写真です.
皆さんが毎日潜っている海です.
…初級者ゲストが多いショップでは,あまりカメラ派の人が
潜りに来ないから,こういうワイドの写真をあんまり見ないんでしょうかね~.

って感じで.
すべてのダイビング日程を無事終了.
とりあえず,両親の誰かが残って「プールで」
面倒を見ててあげれば,ダイビングはまったく問題なく
乗り過ごせたので一安心.

この日の夜は,ビーチにある沖縄居酒屋でゆっくり夕日を眺めつつ,
沖縄料理で過ごします.


娘は大好きな海ぶどうをいっぱい食べて大満足.

こうして.
沖縄最後の夜も,無事更けていったのでした…
コメント (4)

初の子連れダイビング旅行記@2009年 その11 3日目2本目

2012-07-22 01:06:01 | ダイビング日記
で.昼食後は.
娘が眠たがっていたので,母親が寝かし付け番ということで,
今度は妻がお留守番です.

午後のダイビングは「ドリームホール」というポイント.
恩名近辺でも,ベストに入る地形ポイントらしいのですが,流れが
あるのであまり入れないポイントということで…
このポイントに入れるのは結構ラッキーみたいです.

昨日も一回,このポイントまでボートでやってきたんですが,
流れが強くてポイントが変わったといういわくつきの場所.
#でも,カレントチェックのガイドが吹っ飛んで行った,あの激流の
#コモドに比べれば,流れが無いっていっていいくらいなんだけど…
ロープがないと潜行・浮上ができないここのゲストのレベルを見ると,
ちょいと難しいか.

とりあえず,エントリー.
エントリーすぐ,直径2mも無いほどの,深さ10mを超える竪穴に
入ります.


で,ぐんぐん落としていくと…
すると,広い空間に出ました.
頭の上の穴から光が差し込み,うっすらと明るい不思議な感じです.


その空間の横に,今度は外洋に出る2m角ほどの穴が開いており,
ここからブルーの外洋が見えてます.


その穴の周りにみっちりとハタンポが固まっていて,ブルーの
外洋にハタンポの群れがシルエットで浮かび上がっているという.

絵的には面白い穴です.



穴から外洋に出ると,砂の海底の上に立つドロップオフに出ます.
ドロップオフの上の棚に出ると,さっきまで我々がいた空間の
真上にあたり,下の地面から,ぼこぼこと泡が出てきてます.
次のチームが下の空間にいて,その排気が岩の割れ目から
出てきてるようで…


…でも,ここの棚,珊瑚があるわけでもなく,魚もそんなにいない岩場.
また,ちびクマノミなどを眺めてすごしてエグジット.


港に戻ってくると,妻と交代.
今度は当然,私が娘の面倒を見る番になります.

ということで,私にとっての今回のダイビングはすべて終了!
3日間,6本のダイビングがあっという間に終わってしまいました…

さて.
妻がもぐりに行ってる間.
娘と,プールじゃなくて海水浴にでも行ってみるかな~
コメント

初の子連れダイビング旅行記@2009年 その10 3日目スタート

2012-07-21 00:10:20 | ダイビング日記
さて.
沖縄滞在も3日目になりました.
#その10でやっと3日目か…

このころになると,子供を連れてのダイビング生活にも慣れてきましたね~.
娘もすっかりホテル生活に慣れた様子.
ビュッフェスタイルで好きなものを選んで,
朝ごはんをばくばく食ってます.

朝食後は,いつもどおりダイビングへGo!
今日の午前中はおばあちゃんが娘の面倒を見てくれるので,
今回2回目の夫婦バディで潜ることに.

で,娘に見送られて出発.

いってきま~す.

…娘はこのあとおばあちゃんとプールで遊べるのが楽しみのようで.
なんのためらいもなく両親を見送ってくれます.
娘がプール好きでよかったなぁ~.

んで,潜ったポイントは「ホーシュー北」
満潮のときじゃないと入れないエアドームがあり,
青の洞窟のように,暗い洞窟にきれいに青い光が
差し込んできれいだというポイント.

…しかし,さすがに満潮じゃないと入れないというだけあって.
浅いよ.
浅い.
ダイビングというより,ほとんど水面移動なんですけど.


時々,岩の割れ目に入ったりして進んでいくと…


狭い洞窟の入り口が見えます.
水深1mほど.幅は2mほど,水面より上に1mほどの開口がある
洞窟です.
奥は広くなっており,なんとなくパラオのシャンデリアケーブを
思い出すなぁ.
で,洞窟の奥で水面へ顔を出すと…
洞窟の入り口から光が差し込んできれいです.
…でも,この感じをきれいに写真にするのは難しいなぁ…




しばらく洞窟のドームの中で,入り口から差し込む光を眺めたあとは,
再び潜行して洞窟の外へ.

浅い…

で,そのあとはしばらく浅場を移動して,ちょろちょろと遊んで終了.
なんと.平均水深3m!!!
超シャローダイブでした.

でも.
夫婦で潜れて満足.

ホテルに戻ると.
また娘はプールをご機嫌で漂ってました…
お前,ホントにプール好きだな….

お昼に,プールから出たがらない娘を強引に引っ張りあげ,
「ばしゃばしゃーっ!!!」と涙を流して泳ぎたがるところを
強制的に食事に連れて行きます.

まぁ,プールが嫌いで,ダイビングに連れて行っても遊ぶ
ことがなく,面倒を見るのが大変,というのに比べれば,
プールに浮かべておけば1時間でも2時間でもご機嫌で
泳いでいるってのは,面倒を見るには楽です.
ダイビングに連れて行くには,このくらいでいいのかも….
コメント

初の子連れダイビング旅行記@2009年 その9 2日目も無事過ぎて行き…

2012-07-20 00:11:12 | ダイビング日記
って感じで.
娘と妻が留守番の2本目.
ポイントは「ナカユクイ」
古い定置網の名残に,魚が群れているようなポイント.


巨大オオモンカエルアンコウが網に張り付いてます.


しばし,網の周りをうろついたら,後半は浅瀬に.



おお.すごい珊瑚!!
本島近辺にこれだけ珊瑚が元気なところがあるとは思わなかった!

で.
2本目のダイビングを終えて,部屋に戻ると…
娘はまだぐっすり昼寝中ですね….

んで.次の3本目は,妻と交代して,私が留守番.
今度は妻が潜りに行きます.

部屋から出て行く妻を見送り…
その後しばらく娘が起きる気配が無かったので.
娘と一緒に横になってると…
私も1時間ほど寝てしまいました.

おきると,すでに3本目が終わりそうな時間.
…でも,娘はまだぐっすり寝てます.

あまり長く昼寝させると,夜寝なくなってまずいんですけど…

なので,強引に起こして桟橋へみんなを迎えに行きます.
桟橋でダイビングに行ったみんなをお出迎え.

ここ2日間,ダイバーたちに愛想を振りまいている娘は
みんなのアイドル状態で,「かわいー!!!」と
ガイドやゲストから可愛がられまくってます.

…私も,こんな風に次々と通りすがりの人から
「かっこいー!!」と言われてみたいものよ…

お出迎えしたあとは,プールで娘と遊びます.
プールで娘はむちゃくちゃご機嫌です.
最高の笑顔で遊んでます.

…お前はホントにプールが好きなのね…

日が暮れるまで1時間半ほどプールで遊ばせて,
再びプールから娘を引き離すという儀式を済ませ,
この日もホテルそばのレストランで夕食の後,
倒れるように寝たのでした…
コメント

初の子連れダイビング旅行記@2009年 その8 子供が生まれて初めての…

2012-07-19 00:56:34 | ダイビング日記
ということで.

初子連れダイビング旅行2日目の朝…
晴天の日差しに照らされたエメラルドグリーンの海が
ホテルの部屋のバルコニーから望めます.


娘は夜にぐずったりすることもなく,
家と同じ感じでぐっすり寝て,すっきりお目覚め.
…そしてまたひとつ.心配事がクリアされていく…

朝食後,のんびりくつろいでから(ああ!宿とダイビングショップが近い
このゼイタク…),ダイビングへ向かいます.

なんと.
なんと.
今日の午前1本目は,おばあちゃんが娘の面倒を見てくれることに!
ということは…
実に,実に久しぶり.
2年と9ヶ月ぶりに,夫婦バディで潜る1本だぁ~

ひさしぶりに夫婦そろって船に乗り込み,
娘にお見送りしてもらって出航です.

うーん.
娘を置いて二人きりで行動するのは,
もしかすると子供が生まれてから初めてなのではっ…

で,向かった1本目のポイントは「恩名ポイント」
ボートで10分ほどです.

クレバス状の岩の割れ目がそこかしこに走っており,
トンネルなどもある地形ポイント.
このエリア,比較的透明度がいいなぁ.20mオーバー.
水底がきれいに見える…

ポイントに到着して.
いざ.夫婦そろってエントリー.

うおおお.
久しぶりに見た!
潜る嫁さん.いやー.久しぶり.

とりあえず,ログブックの「見た生き物」に
「妻」と太字で書いておこう.

しかし,2分も一緒にいると久しぶり感が全く
なくなりましたが….
ほぼ3年ぶりというのに,なんかいつも一緒に潜ってたみたいな感じに
なりましたね.

さて.
潜ったポイントはいろいろな割れ目やら隙間,オーバヘッド
やらをくぐっていきます.




透明度が高く,白くきれいに輝くクレバスの底の砂に
ダイバーの影がくっきりと映ってますね~.


地形は面白いなぁ.
…地形は.

……地形だけは.


…でも…魚がいないのですが…
これまで見た魚,10匹程度しかいないんじゃないかな…

まぁ,地形は十分楽しめた,久しぶりの妻との1本でした.



エグジット後,ホテルへ戻ると,娘はおばあちゃんに
連れられて,またプールを浮き輪で漂ってます.

…プールが好きだのお.

1時間ほどプールに入っていた娘を,プールから
かっさらってご飯タイム.
いつもどおり,プールに向かって両腕を伸ばし,
半泣きの声で「バシャバシャ~!!!!」と
訴えかけますが,無視してレストランへ.

ホテルのレストランの昼食はバイキングだったので,
娘も食べられるものがたくさんあって満足.

…でも,フルーツとかを見ちゃうとおかずを
食べずに「すいか!めろん!」とかいって
フルーツしか食わないんだよな…

昼食後,ホテルの部屋に戻って,娘は日課のお昼寝.
そのままぐっすり寝ちゃったので,
今度は妻が留守番で,私が2本目のダイビングへ向かいます…
コメント

初の子連れダイビング旅行記@2009年 その7 一日目,無事終了

2012-07-18 00:14:53 | ダイビング日記
という感じで.
私の1本目のダイビング終了後,ホテルへ戻ってきます.

うーん.
子連れということでショップ併設のホテルを選んだんだけど,
ダイビングの合間にホテルの自分の部屋に戻ってこれるなんて…
リッチだのう….
部屋に戻ってくると,娘は日課のお昼寝中.
午前中,プールでたっぷり遊んだから眠かったんでしょうね~.

普段と違う環境だけど,妻曰く,プールで遊んでゴキゲンのまま
ネンネだったようで.
とりあえず,今のところは問題なくいってるなぁ…

1時間ほど休憩すると,本日最後のダイビングの時間.
このダイビングも,妻は留守番で私が潜ることに.

さて.今日3本目(私にとって2本目)のポイントは…
ドロップオフっぽいポイントですね.

岩場にちびカエルアンコウ.


あとは特にこれといったものは無く,そこら辺にいる
ガラスハゼやら


ハッチアウト直前の卵を育てるクマノミなんかを撮って過ごします.


エグジットして機材を片付けると5時近く.
プールの横を通って部屋に帰ろうとすると…

娘は昼寝から起きたようで,妻と一緒にプールで遊んでるじゃ
あーりませんか.

それも.なんと!
娘が浮き輪で泳いでいる!

1歳9ヶ月にして,娘は浮き輪デビュー.
足のつかないところで一人楽しそうに漂ってます.

で,一緒にプールで1時間ほど遊んだところで切り上げ.
強引にプールから娘を引き上げます.
…が,
プール大好き娘は,プールから離れたがらないんですけど!

「ばしゃばしゃ~っ!」とプール方向に手を伸ばして
帰りたがらな娘を有無を言わせず連れ帰ります.
…この遊び人体質,だれから引き継いだのかしらん?

その後は,車に乗って,ホテルの近くの琉球料理屋で夕食.
居酒屋的メニューでしたが…
うちの娘,海ぶどうが大好きということが判明.
…お前,渋いものが好きだの~.
そのほかにも,モズクやらなにやら,結構大人の味わいを大喜びで
食べている娘.

…食べ物の心配,ぜんぜんしなくて良かった…

という感じで.
母親から離れた一瞬だけ泣いたものの.
その後はプールも大喜び,
沖縄料理も大喜びで.
無事,子連れダイビング1日目を乗り越えられたのでした…
コメント

初の子連れダイビング旅行記@2009年 その6 1本目のダイビング

2012-07-17 00:51:30 | ダイビング日記
さて.

というわけで,恩名の海,いろいろ新鮮な経験をしつつ
1本目のスタートです.

エントリーの岩場から,砂地に進み,ロープに沿って泳いでいくと…
現れました.トウアカクマノミ.
日本のクマノミとしてはもっとも個体数が少ないクマノミ.
わが人生で2度目の遭遇です.


このトウアカ,ダイバー慣れしているのか,イソギンチャクから遠く離れて
中層を漂ってます.
中層を漂われると…うーーーーん.写真に撮りにくい…


クマノミって,イソギンチャクをベッドにしている図,というのが
理想なんだけど,
こいつはダイバーが周りを囲んでも平然と,イソギンチャクの上
1mを漂ってます.

というわけで,中層を漂うトウアカの写真になってしまいました…


でも,よく見ると,トウアカってそんなにかわいくないですよね…

さて.気分を取り直して.
トウアカからわずか5mほど離れたところに,今度はヒレナガネジリンボウです.
それもペアだっ!


わがチームのほかの人は,あまりハゼに興味がないのかちら見で終わり.
え?みんな,そんな一瞬しか見ないの?
ふっふっふ.それだけで満足したのかい?皆さん.
では,私一人,これからじっくりと見させてもらいましょ…

ということで,匍匐全身開始.
じり,じりとにじり寄ります.


後の人たちはもう別なものを見ているので,最悪引っ込めてもOK.
数枚撮影しつつ,どこまで寄れるかチャレンジ.
最終的には1匹引っ込めちゃったけど,結構近づけたし,ひれを広げた全身像も取れたし,

ほかのみんなを待たせても悪いので,3分ほどで切り上げ.

その後は,浅瀬でしばらく遊んで終了.



エグジット後,ガイドが
「奥さんから『旦那はハゼの前では動かなくなりますから』って聞いてましたが…
 ハゼ,好きなんですね…」
えーっと.そうかな?待たせちゃ悪いなぁ,とそうそうに切り上げたんですが…
やはり高級リゾートでは,ハゼの前で粘る人はいないようですな~.
コメント

初の子連れダイビング旅行記@2009年 その5 1本目のエントリー

2012-07-16 01:03:13 | ダイビング日記
というわけで.

うちの妻の3年ぶりのダイビング&子連れダイビング1本目という
大きなイベントを終えたわけですが.
多少のどたばたはあったものの,何とか無事乗り越えることができたわけで.

次の午後のダイビングは,私が潜る番だっ!

…ってことで,昼食後.
恩名の1本目へ行くべくダイビングセンターへ.
今度は妻が留守番です.

ダイビングセンターの壁に貼ってあるポイント紹介を見てみると…
トウアカクマノミとヒレナガネジリンボウがいるポイントがある!
ここ,行ってみたいなぁ~っ!
…と考えつつ準備をしていたところ,ガイドが近寄ってきます.

ガイド「なにか,ポイントのリクエストはあり…」
S「トウアカとヒレネジ!!!!」
ガイド「…分かりました.そのポイントに向かいます」

やったー!リクエスト一発で希望のポイントにつれてってくれるなんて,ラッキー.

準備を終えたら,娘と一緒にボート乗り場へ向かい…

ボートに乗り込み,機材を準備していると.
うーむ.
ほとんどの参加者がレンタル機材の方ですな.
マイ機材を持っている人でも,まだ買ったばかりなのか,
グローブもフィンもピカピカなのが眩しい!!
ある程度予想してましたが,リゾートホテル内のダイビングショップって,
こんな感じなんですね~.

ここしばらく,コモドとかの「300本程度ではゲストの中で最も経験本数が少ないレベル」って
感じのダイビングばかり行っていたので,なかなか新鮮な感覚…

ガイド「機材セッティングに自信のない方は言ってください~」
うーん….こういう言葉もなかなか新鮮だ…

ポイントまではボートに乗って10分弱です.


ポイントに到着したとき,だれも何も言った訳でないのに
全員が無言で器材を準備し始める,あの秩序感が全くなく,
「何するんだっけ?」
感がボートに漂います.
うーん.歴戦のツワモノとばっかり潜っていた最近ではなかなか新鮮…


ガイド「バルブがあいてるのを確認したら,先にフィンを履いちゃって下さい.
器材は背負わせてあげますので…」
フィンを先に履いてから器材を背負うのかっ…
うーん.新鮮だ…

全員の準備が揃ったらエントリーです.
なんだかんだ言ってますが.
よく考えたら.私も実は,10ヶ月潜っていないブランクダイバーじゃないですか.
人のことは言えないよな…

果たして,無事トラブルなく潜れるのか?
ちゃんと耳が抜けるか?
レギュと間違えてシュノーケルくわえてエントリーしないか?
タンク背負い忘れてないか?
フィンと間違えてグローブを足にはめてないか?

などとドキドキで,いざエントリー.
エントリー後,耳も問題なく抜けて,
さらに無意識のうちに
「カメラon, 絞り優先AE,F2.8,露出補正-1.7段,フラッシュ強制発光モード,
外部フラッシュ電源on,ターゲットライト消灯確認,フラッシュ調光F2.8…」
とエントリー後の儀式であるカメラ設定を確認している自分.
体が覚えているもんですな~.



で,水底でチームが揃うのを待っていると…
一人の方は,水面近くで潜れないのか耳が抜けないのか,
エントリーロープにつかまって深度2-3mで苦しんでいる様子.
ガイドが見守ってますが…
うーむ.私もこんな時期があったものだなぁ…(しみじみ)

数分後,チームの全員が揃ったので,トウアカのポイントへGo!

とりあえず,水中を進んでいきます

(続く…って,ダイビング1本目エントリーだけでこんなに長くなってしまったっ!)
コメント