猫のおもてなし

日常の猫とのふれあいと信州の四季 たまにCGアートの世界

鐘馗(しょうき)さん

2016-10-19 | 京都いろいろ
京都市 北区 の大徳寺界隈の町家で見つけた鐘馗(しょうき)さん


祇園界隈ではよくみかける鐘馗さんは、屋根の 上の守りとして 祭られているようです。


大徳寺の境内の塔頭にも少し色づき始めたところも


大徳寺納豆の店も点在 右が大徳寺納豆で 左がそれを使ったお菓子
甘くはなく 濃い味噌の味の発酵食品


まだ市バスの停留所に猫広告が


我が家の黒猫は 熟睡モード


明かりがまぶしいのか 手で目を覆って


顔がよくわかりません

『猫』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 黒猫かかし&稲田からご帰還 | トップ | しっぽ時計 初秋 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
守り神 (モモママ)
2016-10-19 16:02:30
テレビで鍾馗さんは見ましたが
観光で忙しく観て回っていると、なかなか気付きません。
そのくらい、町並みに溶け込んでいるという事かな。
信州では観られない神様ですね。
猫の石仏がある安宮神社の本殿の屋根には、
珍しく神様の像が立っていましたね。

黒猫神さまは、ねむねむ~。
モモママさん (tsakae)
2016-10-20 07:28:14
安宮神社今年は黄金桜の時期に
何度か訪れましたが 屋根の上は
死角なのか記憶にありません。
機会があれば 確認しましょう

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL