猫のおもてなし

日常の猫とのふれあいと信州の四季 たまにCGアートの世界

嵐山の渡し舟

2016-11-26 | 京都いろいろ
寝ていたマー君の傍にピピちんが


ピピちん自体は 特にマー君に 興味ない顔に


嵐山渡月橋の下を流れている保津川の渡し舟の乗り場で


渡し舟を待っていると 保津川下りの船が 数隻



そのうち対岸からの船が 到着


渡し舟に乗っていると 川下りの船とすれ違い


川面にはカモでしょうか


そして対岸に到着  

ここから行くところは明日のブログで
『猫』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016秋 そうだ京都へ行こう... | トップ | 奥嵐山 大悲閣 千光寺 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あずあず)
2016-11-26 08:07:49
渡月橋の保津川下りされたんですか?
いつか乗ろうと思いながら、乗らないまま
京都時代は終わりました。
トロッコからは何回も見たんですけどね。
この季節は寒そうですが、けっこう混んでましたか?
マー君もピピちんも日向ぼっこですね。
Unknown (zikozaemon)
2016-11-26 12:25:51
保津川下りは姉と京都旅行に行った時に、乗るつもりでしたが、その場になって
姉が乗らないと言いだしたので何回も行くけど、のったことがないのですよ。
その代わり、川床で食事をして来たこともありましたが、田舎者と思われたのか、とても感じの悪い思いをしましたが隣のお客さんが、舞妓さんを連れて来られたので、何となく得をした感じをしました。
ピピチャンモマー君もガラス越しの暖かていことがわかるのか、ちゃんと日向ぼっこをしてますね。
none (tsakae)
2016-11-27 08:30:39
あずあずさん
メイン観光ルートは
嵐山からトロッコ列車で亀岡に行き
亀岡から保津川下りで 嵐山に戻る
ルートですが 今回は 渡し舟ね
対岸に行決まっした。
その時 川下りの船と すれ違うことに
今年のCMの舞台とあって例年より
人手が多くなったようです。

zikozaemonさん
私は小さいとき 一度だけ乗った記憶がありますが
それ以来は乗っていません 数年前に秋のトロッコ列車に
乗りましたが 戻りはJRで戻りました。
温かいところは さすがにわかるようです。

コメントを投稿

京都いろいろ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL