歌手やーい!ただし移調譜が正しく書ける人

ピアノ奏法の研究をずっとしてきたのよ!私は!

食欲満たされた

2017-05-18 | 日記

Kフライドチキンが食べたくてしかたないが、忙しくて買いに行けない。今朝、市販のとんかつを揚げてカツサンドを食べると丁度揚げ加減が良かったみたいで、まるでチキンを食べている感じがしました。もうチキンが食べたい食欲は治まった。

こんな些細な事をブログに書いている私です。

では、とてつもない衝撃的な事を書いてみたくなりました。以前に30年間も入っていた世界平和祈るSOPPを動画で見ると、ある事に気付きました。来賓のアメリカ人の話と後継者由佳さんの日本語訳がずいぶん違うのです。尾ひれがつき過ぎの通訳、或いはまったく違う、やや違うでした。英語ベラベラの発音も素晴らしい由佳さんではなくなっていました。妊娠しているらしく超大きなお腹を抱えていました。それに真妃さん里香さんも、かつての品と言えば聞こえが良いですが、ちょと威張っている威厳と気品が感じられません。以前はこれぞ晴れ舞台と言わんばかりの微に際に至るまでの振る舞いだったはずなのに・・

あんな力強い法話を繰り返し会員に話されていた昌美先生も素晴らしい法話と思った所で妙な普通以下のような「皆様をご招待出来るに値しないのにも関わらず、自信はないのに」というようなニュアンスがありました。何の為に長年祈ってきたの?

もう、訳が分からん事ばかり、眞子サンと婚約された小室圭さんが母子家庭にも拘らず大学に行けたり留学できたりどうやったの?お母さんはケーキ屋でアルバイトをなさっていたとか?そこで思い出しました。

私の近所のケーキ屋があまりにも美味しそうで、お得な消費者の食欲をそそる宣伝写真を地域新聞に載せていました。そのケーキ屋の正体は?と疑念が起こって、結局そのケーキ屋では一度も買いませんでした。

何か、私達一家とは全然違う裏の力でぬけぬけ歩んでいる人達が威張って良い生活をしていた。一方、知らぬが仏で塗炭の苦しみを受けている人達も多い。宗教とは戒めの鞭の役目の団体では?病院も治療もあるかもしれませんが、まるで患者に戒めの鞭を与える機関であるのでは・・

私はそれがもう嫌だから逃げ出したのです。白光真宏会の良い所は入会退会は自由です。金品も要求しません。会費以外は、だったら

医療も一抜けるのを認めてほしいのです。それから私は電話は今は使っていない。月1回だけ使用している。にも拘らず2700円も毎月取られている。だったら今、電話線に直接つなげられない、又、以前使っていた留守電機能付きの電話機ぐらい無料で配線するべきです。

こういった余分な金がのうのうと良い暮らしをしている人達に流れている。借金があるにもかかわらず隠し子を作って養育出来る金に使われていたりして、生意気に隠し子だとさ!そんな男を愛せる女は私とは異質である。私なら、こしゃくな奴め、お前なんか好きになるか!!!

ですが。。

貧乏人はでっかいバナナを食え!

 ケーキの代わりにでっかいバナナをこういう風にして食べるとケーキを食べた気分になります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祝福↔塗炭の苦しみ | トップ | 「戒めの鞭」自作曲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL