歌手やーい!ただし移調譜が正しく書ける人

ピアノ奏法の研究をずっとしてきたのよ!私は!

祝福↔塗炭の苦しみ

2017-05-17 | 日記

眞子さま御婚約 5年ほどの交際を経て同級生と御結婚だそうです。父が言っていました。男性とはしばらく交際してみないと相手の性格はとても見抜けないと、恋愛して結婚に至るのが普通で自然な事なのに、私にとってはその自然で普通な事がとてもむつかしく感じられて、とても出来なかったわけです。

おめでたい日に何ですが昨夜の夢に母が出てきました。寝る前に某メーカーのフライドチキンが無性に食べたくなりました。母が私を美容院に連れて行こうとしている夢で、母と過ごせて夢の中でもうれしかったですが変な夢も見ました。

母の言葉: 立て板に水、柳の下にドジョウ、ひょうたんから駒、らく爪、苦労髪

これらの言葉は母がよく言っていました。それから、ある時、「あんた曲作ったりするの向いてるんじゃないの?」私は無視、気にも留めていませんでした。

立て板に水のようなピアノの音が出せて、柳の下のドジョウのように奇跡やまぐれが再度起こって(父の死後、普通にしているだけでいつの間にかブログを書き始め、150曲以上も曲を作っている)別に気張っていない、普通に閃いた事だけをやっているだけです。

ひょうたんから駒、まさか目標がベートーヴェンピアノコンチェルトになるとは思っていなかった。私は爪は伸びるのが超速い。

髪が伸びるのは超遅い、しかも髪が伸びると髪が癖毛の為にカールする。

でも、塗炭の苦しみを背負っている人類だと思う。多くの自殺者が物語っている。自分の苦しみだってそれに匹敵していた。

何とか抜け出ようともがいている。

 とちおとめヨーグルト牛乳アイスでございます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢にうなされる | トップ | 食欲満たされた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL