歌手やーい!ただし移調譜が正しく書ける人

ピアノ奏法の研究をずっとしてきたのよ!私は!

天才

2017-08-05 | 日記

こんな無茶苦茶な世の中になってしまうと、一人一人が天才になるか、ずる賢く生きるか、どちらかでなければ生きれない。かといって地球が滅びた所で、抜け出せない地獄が待っているだけで、同じだと私は思う。かといって天才になった所で、平凡な人より幸せでない人生が待っているだけである。ある事ない事言われて、詮索されて磔、見せしめにあうだけである。ゴッホにしてもベートヴェンにしても、あのショパンのかわいそうな事、どっかの柱か協会にショパンの心臓が埋め込まれているとか、余計な事せんでもええわ!それも永遠に・・・

天才は’なりがわるい’と地方言葉にあるが ’あんな なりのわるいこと、ようせんわ’ を覚悟しなければ、それも一生どころか、来世も再来世までも時間がかかるという事である。だから人間は一生懸命、みな生きているそうだ。私がある時、ベストを尽くす’と言ったら「誰でもベストを尽くすわよ!あたりまえじゃない」と返答が帰って来て、みんな頑張ってるんだと初めて気付いた。私はのほほんと生きている割にはレールに乗っかって、真っすぐ来れたのは何故だろう?きっとのほほんと生きざるを得ない状態に故意に、おかれていたからだと思う。無駄な努力を省いて、やるべき努力はしていたからかもしれない。決して曲がらずに・・信じてもらえないが、本当である。二十歳前にある霊能者に言われた事がある。おばあちゃんに勧められて、ある霊能者に家族全員で相談しに行った時、父はもの凄く怒られて、兄も碌な事、言われなくて(後になんとか役に立つ子になる)とは言われたようだが、私はのほほんと生きて、時間内にやるという事など、理解が出来なくて、だいたい時間内にする気もなくて、皆無で、マイペースで自分の思うように生きているだけであった。

でも、阿保ではなかったと思う。なんかテストの点はとても良かった気がするからである。叱られることを覚悟して霊能者の前に座ったら、霊能者はニコニコ笑って「あなたは絶対に横道にそれません。真っすぐ、天命を全うします。他の女の人がおしゃれをしたり、楽しんでいても、あなたは勉強しなさい」と言われたのです。それから、間もなく教員採用試験に合格したのである。10日間ぐらいしか勉強してなかったと思う。多く見積もっても2週間、試験前日は徹夜であまりに集中し過ぎて、終わってから肺炎になってしまった。めずらしく風邪をこじらせたようだ。

金持ちになった所で少食の私は、ちょっと多く食べただけで糖尿になりそうなのが解かる。でも、大丈夫。小さめの玉ねぎを火に通さないで、サラダなどに入れて食べると治ってしまう。健康保険は強制加入らしいが、保険料が倍になるなんて、やりたいほうだい、したいほうだいの世の中でどうしようもない。だから私はイチ抜けるという自由を残してほしいのである。上が狂ったら、もうワヤクチヤです。先日、地方裁判所に行ったら、きれいなオフィスでバリッとして見えたのは、最初そういう先入観で見たからだけで、よく見るとクール・ビズとかいう普段着を着ていて、吐きそうなぐらいのセンスのない多くの職員を目にした。仕事に相応しい格好ぐらい考えた方が良いと思った。センスがなくて、おまけにopportunity も考えなかった、仕事が全然、出来なかった私が言うのもなんですが・・

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4 「生きたい」 | トップ | 自作曲「カメレオン」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL