歌手やーい!ただし移調譜が正しく書ける人

ピアノ奏法の研究をずっとしてきたのよ!私は!

バッハの演奏 ヴィルヘルム・ケンプ

2017-07-11 | 日記

ケンプと言えば確かベートーヴェン弾きで有名で、見た目は堅苦しい雰囲気で、私のどちらかと言えば好かない顔をしていると思って避けていましたが、CDが家に何故かありました。バッハの平均律クラヴィ―ア曲集です。私のバッハの左右山型奥行き無し理論をまるで熟知なさっているかのような演奏で,音楽に対する真摯な姿勢に感動してしまいました。やはりわかっていらっしゃる方は自然にわかっていて、すでに実践されていて、そのように弾かれていたと知りました。95歳まで生きられて、その上に、このバッハの録音は80歳の頃の録音で、85歳頃の引退の時に、ピアノの前でもう、病気で皆様に音楽を聞いていただけなくなりましたと涙を流されたそうです。老いの苦しみは誰にでも訪れるのでしょうか?こんなに偉大な方で、すでに多くの業績も残されていても、ピアノを自分の思うように、もう伝えられなくなったと涙を流された姿に、涙(深い同情)と感動を覚えました。そこまでピアノを愛せるとは・・・

私の誕生日に近い11月25日生まれだそうです。私は’勤労感謝の日’生まれです。パーキンソン病とかいう病気になったから、悲しくなったのではないでしょうか?変な薬でも盛られたのではないかしらと穿った見方をしてしまいたくなります。

偉大な方の話の後、余談で申し訳ないですが、数日前から我が家の水道に金気が混じったような変な味がするのです。だから坂道を歩くのも休憩が必要になってしまう。水道局に水質検査を依頼しても、きっとまた蛇、蜥蜴連中なので’骨折り損のくたびれ儲けだろう’と思案中である。

バッハの音楽は旧約聖書で、ベートーヴェンの音楽は新約聖書と例えられているそうです。どちらも、どちらかと言えばアスペルガー症候群だと私は思う。自分と同じ感じに引きずりおろしておこう。これはあのユダヤ人、部落連合、在日韓国朝鮮中国の戦法であって、よって、もちろん宗教関係者もそうであって、これが平和だとか平等だとか声を高らかに叫んでいるのである。私から言わせれば’自分が侮れない人間に到達出来ていないだけの話である’差別なんてどこにもないのに、逆差別を<どうしても>したいだけの連中である。欝憤を晴らしたいだけなのである。

もう、そろそろやめないといけない絶対絶命な時期で、大変な世の中になっていると私は思う。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログ賞 | トップ | 唇占い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL