サマーフェスタ in 下総 に行ってきました。

ん~と、半年ぶり?の更新。サマーフェスタ in 下総に行ってきました。

航空祭と違って、よその基地の航空機は来てませんでしたが、代わりに色々面白いことやってましたんでちとご紹介

P-3Cまずは駐機場に駐機していたP-3C。下総基地はP-3Cの乗員の訓練も行っているので、まぁ当たり前のようにいます。
P-3Cの垂直尾翼にあるアンテナ?んでもって格納庫で展示されていたP-3Cをマジマジと見てたら気付いた、垂直尾翼にあるアンテナらしき物。近くにいる隊員に聞いたんですが、専門が違うとかでよく判らず。なんなんでしょ?
SH-60J整備教材 SH-60Jの機体整備を教育するための教材。機体のフレームや動力系統を主に教育するための物で、用廃機を利用した教材ではなく、専用に作られた物らしいです。
外板がはずされたスケルトン状態の機体はなかなか見る機会がないと思います。
SH-60J整備教材(拡大・折りたたみ機構部) テールローターの折りたたみ機構の部分の拡大。テールローターに動力を伝達するシャフトの接合部がよく判ります。
SH-60J整備教材(拡大・尾輪部) 同じく尾輪部分の拡大。ショックアブゾーバの取り付けがよく判ります。
SH-60J整備教材(左舷側面) 教材の左舷部。左舷部は外板が張られてます。機首は真っ裸ですけど(笑)。
ちなみに、コックピットにも一通り座席や器材が装着されてますけど、機長席(右舷側)だけで左舷部の座席は取り外されてました。
P-3C用エンジン 別の格納庫で展示されていたP-3C用T56ターボプロップエンジン。のカットアウェイモデル。左側が先頭方向になります。もちろん教材用。素人目にはあまり詳しいことはわかりませんでした(汗)。
SH-60用エンジン SH-60Jで使用する T700-IHI-400C エンジン。のカットアウェイモデル。やっぱり左側が先頭方向で、その先にシャフトが伸びて出力軸になるそう。
ちなみにSH-60Kではコンプレッサーが1段増え、全長も伸びているとのこと。型番もT700-IHI-400C2になるらしいです。よく似たエンジンに思えますが、全長が違うしマウント部分の位置も異なるらしいので、互換性はなさそう。
管制塔からのP-3C 管制塔から見た駐機場のP-3C。やっぱり気持ちいい(笑)。 管制塔から見えたスカイツリー 管制塔からはスカイツリーも見えます。
P-3C胴欲部分の整備教材 P-3Cの動翼部分の動きを示す教材。奥にコクピットのモデルがあって、操縦桿やラダーペダルを動かすとラダー(方向舵)やエレベータ(昇降舵)、エルロン(補助翼)が動きます。それぞれちゃんとトリムタブまであって、さすがに芸が細かい。
動作は油圧(3000psi)ですが、油圧を切ったときの動作もシミュレート可能。油圧が入っているときもそれなりの手応えがありますが、油圧を切るとムチャクチャ重くなります。かなり鍛えてないと動きません。P-2Jの頃まではそれが状態だったらしいですから、相当大変だったんじゃないかなぁ。
P-2J 今はもう引退したP-2J。今年のサマーフェスタはこれを見に来たようなもの…というと大げさですね。
ガラス部分も曇ってて、さすがに年月を感じさせました。
移動通信車 各自衛隊に1台ずつしかないという移動通信車。説明聞いたけど、どういう運用をするのかが今一つつかめませんでした……。一応衛星通信対応なんで、見通し外の通信も可能とのこと。通信帯域は教えてくれませんでした
シェルター シェルター。通常は中に無線機を入れて、移動通信に使用するみたいです。
内部は空調が設置されており、最大4名までの座席兼ベッドがあります。本体はコンテナなんでいざとなれば別のトラックに固定して移動することも可能。
電源は発電機を接続したり、商用電源を引き込んだりと多用な供給元を利用可能であるみたいです。なかなか面白い装備ですね。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

ん?

久方ぶりにブログの管理画面を開いたら「あと3日でテンプレートが更新されます」との表記が。なんじゃらほい? と思って詳細説明のページを開いたところ、60日未更新のブログは広告が表示されるように仕様変更になっていたらしい。知らんかった:-P

とりあえず、広告ブロックの意味で新規投稿(ヲイ
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

PC故障

ふと気付いたらすでに10月も下旬。前回の記事が7月か。色々と書きたいこともあったけどもタイミング逃したなぁ…

とかなんとか言っているうちに、時々調子がおかしかったPCがいよいよ本格的におかしくなってきた。電源を入れると、画面に何も出ないうちから勝手に電源が停止、しばらく経つとまた電源が入るがすぐに停まる、ということの繰り返し。
カバーを外してみたところ、どうやら電源周りが怪しい。

さて、そうなると電源を取り外して新しい物を取り付けることになるのだが、これが存外面倒。現在のPCを組み立てたのは多分2008年の後半か2009年の前半。電源取り替えついでにPCの更新を計るか、はたまた電源のみ更新するか…
時々パワー不足を感じていたのは事実なんだが、大抵のシーンでは問題なかったしなぁ。さてどうするか。悩み発生。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

劇場版「図書館戦争」

なんだかんだで忙しくしているうちに前回の更新からほぼ半年……(--; 書きたいことがない訳じゃないけど、忙しさと怠け心に負けて日々の生活を送っている今日この頃。

さて、本日久方ぶりに映画を見に行きました。劇場版「図書館戦争」。

TV版のアニメの出来具合からしてさほど期待できないだろうなぁ…と思ってましたが、案の定でした(--;。個々は是非とも(悪い)機体を裏切って欲しかったんですが…

映画版の出来具合を一言で言うなら「消化不良」。文庫本1冊分のエピソードを無理矢理2時間弱にまとめたおかげで説明不足の点がぼろぼろと。まぁ小説を映画化した作品ではよくあることですが。
しかもシナリオ上の改変でどうしても見過ごせない改悪点が数点。
正直、「図書館戦争大好き!(ハ~ト)」な人が見るならともかく、そうでない人にはお勧めしにくい映画です。いや、原作好きな人は余計見ない方がよいか? TV版が好きな人にはそんなに違和感はないかも。

以下、なんで原作から表現を変更したのか判らない、突っ込みどころ。ネタバレ含みますのでご注意。

  • 自宅に侵入した良化特務隊員を迎える稲嶺顧問が抱える銃。
    原作ではショットガンでしたが映画ではレーザーサイト付きのハンドガン(拳銃)。
    ってそれ普通に銃刀法違反だから(汗)。
    ショットガンの方が大きくて画面の見栄えもするのに、なんでそうしなかったのかが不思議。それに、ハンドガンは当てるのが難しい。車椅子で普段射撃訓練をしていないであろう稲嶺であればなおさら。そんなんで五体満足でしかも若い良化特務隊員二人を相手にするのは分が悪すぎ。原作であればショットガンなので前述したようなデメリットは存在しない、あるいは軽減されるから戦術的にも合理的。
    原作では「車いすから取り出した」って記述があるけど、それが演出上難しかった? そんなんどうとでもなるように思うのは私が素人だからか?
  • 郁が大阪のアメリカ総領事館前のバリケードに突っ込むシーン
    隊列整えて、二重三重のバリケードを構成しているところに突撃かますなんぞ下策中の下策。あんなことをやったともし堂上が知ったとしたら……私なら間違いなく「あほか貴様!」と叱り飛ばす。そんなことをするくらいならいったん撤退するが吉。
    ちなみに原作では当麻を女装させた上で、さらに郁は陽動作戦を行って良化特務隊員を引きつけるという、念の入ったことをしてる。映画でも突撃かますのが陽動だったら良かったんだけど、護衛対象の当麻をつれて、じゃなぁ…
  • 病院で堂上が郁の告白に答えるシーン
    松葉杖ついて屋上に上がってるのに「動けないから来い」って説得力薄!
    ここはやっぱり原作通り病室で寝ていて欲しかったな~。
他にもいくつかあったけど、まぁ小説と映像の演出の違いと言うことで良しとしましょう。

もっとも、あちこちに盛り込んでいた原作のエピソードの描き方そのものはそんなに悪くなかったので、やはりこれは1クール分くらいのアニメに仕立て直した方が良かったかな、と思わないではない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ビブリア古書堂の事件手帖」

「ビブリア古書堂の事件手帖」表紙
「ビブリア古書堂の事件手帖」表紙
(画像はメディアワークス文庫のWEBサイトから)
引っ越しの前後から仕事が忙しくなるわ、部屋の片付け等で時間がとれないわで中々本が読めません(>_。部屋の片隅には読み切れなかった雑誌やら本やらがすでに徐々に「積ん読」の山になりつつあります。早いところ何とかせねば…

とは言いつつも通勤時間の一部とか食事しながらとかでちょっとずつ読んでいまして(^^;、今回の本は引っ越す直前に買った1冊。前々から気にはなってたんですが2巻が出たのを気に買ってみました。

タイトルから推測できるようにミステリものです。しかもほぼ完全な「アームチェア・ディテクテブ」もの。
主人公は北鎌倉にある古書店「ビブリア古書堂」の店主で、本に関することだけは非常に詳しくて饒舌になるが、他はどもって引っ込み思案な篠川栞子(しのかわしおりこ)。ストーリーは「本は好きだが過去のトラウマからか読むことができない」というよく分からん体質を持ち、途中でアルバイトになる五浦大輔(ごうらだいすけ)の一人称の形で進んでいきます。

余談ですが、「ビブリア」というのはラテン語だかギリシャ語だかで「本」を意味する単語で、英語の「Bible(聖書)」の語源になっていたりします。昔(活字発明前)は本というのは筆写するもので非常に高価なものでしたし、一番出回っている本が聖書だったのでしょうね。なお、現在でも世界でもっとも流通している本は聖書だそうです。

閑話休題
古書店が舞台なので「配達あかずきん」的な日常ミステリものか、と思いきやそうでもないですね。少年誌に載っているコナン君や金田一君みたいに毎回殺人事件が起るわけではないですが、毎回なにがしかの「人の暗黒面」が描写されます。そういう意味では「配達あかずきん」等よりも少しダーク系ですかね。
この事件に関して、毎回なにがしかの「古書」が絡む形になっていて、各話のタイトルはこの古書の名前になってます。いずれも実在するものですが、私自身は登場する本をどれ一つとして読んだことはありません(^^;。
別に登場する本を読んでいなくても楽しめますが(というかそういう人向けに本の説明を引き出すのが大輔君の役回りだったりする)、実際に読んで本の内容を知っているとより楽しめるんじゃないでしょうか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

部屋の片付けが…

引っ越して約2週間経過。
予想通りというかなんというか、部屋の中には相変わらず段ボールが山と積まれてたりします。まぁ引っ越し当初よりは小さくなってますけど…
それにしても我ながら本雑誌の類が多すぎ orz
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

引っ越しました

引っ越しました。

それは良いんですが…新居の中に積み上がった段ボール箱約30箱。
小説やらマンガやら趣味の本やら雑誌やらが積もり積もってこの数……1ヶ月で片付けられるんだろうか(--;

免許証の変更やら各種住所変更届やらもしなきゃいけないから、結構面倒は面倒。
世の中には「引っ越しが趣味」という人もいるらしいけど、今回の引っ越し、きついばっかりで全然楽しくないなぁ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「ハレーション・ゴースト」

「ハレーション・ゴースト」表紙
「ハレーション・ゴースト」表紙
(画像は東京創元社のWEBサイトから)
以前のエントリで紹介した復刻版「妖精作戦」シリーズの2作目。94年に発売された新装版の後書きと今回の創元文庫版後書き、それに小川一水の解説(+ネタバラシ)が付いております。

実のところ、「妖精作戦」シリーズの中で一番好きなのがこの「ハレーション・ゴースト」だったりします。超高校請求の実力を持つ面々が集まってワイワイ騒いでいる様は読んでて楽しく、古今東西(といっても執筆当時の、だが)の有名どころの創作物がこれでもかと飛び回っている様は読んでいてニヤリとしたり首をひねったり。
シリーズの他の本には登場するSCFもこの巻だけはお休み。ある意味一番安心して読める巻ではあります。

巻末では小川一水が作中で引用されている様々な描写の元ネタを解説してくれています。私が以前から元ネタを知っていたのはそのうちの半分くらいですかね? 榊が歌っていたみょーな歌にも元ネタがあるとはしらなんだ(笑)。

あと、解説でも指摘されていますが、この作品は「スターダスト・シティ」にゆる~~く繋がってます。知らなくても普通に楽しめますし(というか最初に読んだときは全然気付かなかった(^^;)、知っていればとある画面でニヤリとできる程度のものですけど。
「スターダスト・シティ」はJコミで公開されてますので、もし気になるのであれば該当する画面を探してみてください。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雑誌のおまけポスター

先日コンビニで「まんがくらぶオリジナル」を購入。
珍しくビニールのカバーが掛かっててなんだろなーと思ってカバーを破ったところ、中からポスターが。4コマ誌では珍しいけど、他の雑誌ではよくあることなので開いてみたところ、中身はなんと、
「ジョジョの奇妙な冒険」
のポスター。「25th 2012」って書いてあるってことは今年で25周年を記念して作成されたポスターの模様。

「ジョジョ~」はジャンプの掲載マンガだから店が間違えたんだろうねぇ。
しかし25周年か。こち亀ほどではないにしても長い。
ちなみに私は「ジョナサン・ジョースター」「ジョゼフ・ジョースター」くらいまでしか読んでません。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「教えてあげる諸葛孔明」

「教えてあげる諸葛孔明」表紙
「教えてあげる諸葛孔明」表紙
(画像は角川書店のWEBサイトから)
「教えてあげる織田信長」に続く、「教えてあげる」シリーズ第2弾。といっても前のエントリで書いたとおり、先に「~平清盛」を読んでしまってるので個人的には3冊目。何でこちらが後になったか、ってのはただの偶然なので突っ込みは無しの方向で。

さて、このシリーズはガイドキャラである「押絵手あげる」ちゃんが「比須取マナブ」君に歴史を教授する形で進むんですが、これは例外(?)的に諸葛孔明の「鬼」(中国的な意味の「鬼」ね)が二人に歴史を伝授する方針を取ってます。しかも、タイトルに甚だしい偽りがあり、「教えてあげる三国志」としたほうがより本書の位置づけを正確に表していると思います。まぁ、だからどうだというわけでもないですが(ヲイ

個人的には三国志というとやはり光栄(現・コーエーテクモゲームス)のPCシミュレーションゲーム「三国志」ですね。これと「信長の野望」で歴史方面に道を踏み外した人は多いはず(笑)。三国志演義は学生のころに一度通して読んだだけなので、今回の本はすごく「久しぶり」感があったとともに、いくつか知らなかったことも出てきたので、まずまず値段分はあったかな、という感じです。

内容的には王莽による「新」の樹立から始まり、劉秀の後漢の成立から司馬炎による晋の樹立までをカバーしています。とはいえ、メインはやはり黄巾の乱から五丈原の戦いまで。「新」や「晋」の話は、背景説明やエピローグといった感じでさらっと流されてます。ただ、流す程度とはいえ前後の時代背景も説明されているので「孔明の名前は知ってるけど詳しいことは知らない」という人や、“諸葛亮”が姓で“孔明”が名前だと思っているような人(昔は私もそう思ってた(笑))でも安心して読めます。一つ難点を言えば、本文の中で正史の三国志と三国志演義の違いについて触れているにもかかわらず、本文内の説明がどちらをベースにしているのかいま一つはっきりしていない点。おそらくは演義がベースではないかと思うのですが、確認していないので定かではないです。

本文はガイドキャラ同士の対話、通常の説明文、所々にコラムという3種類の文章を織り交ぜる形で構成されています。ガイドキャラ同士の対話では特撮ネタやアニメネタも所々にちりばめられているので、元ネタを知っている人は笑えるかも。でも三国無双は良いとして、バイオマンやキン肉マンはどう考えても古いんじゃないかと余計なことを考えたり(余談ですが私は上記3つの中でキン肉マンしか知りません)。

巻末に主要な三国志ネタの小説やドラマなんかが乗っているんですが、「一騎当千」とか「恋姫無双」などという柔らかいネタも含めているのはこの本だからでは、といえるのかな?(笑)
でも「恋姫無双」はアニメとして紹介されてましたな。ホントは18禁のPCゲームが元なんですけどね(^^;

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ