Blissful Moment

舞台を観たり、スポーツを観戦したり、本を読んだりするのが大好きです☆☆☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

研の會

2016-09-18 22:07:24 | 観劇記
第二回 研の會
8月7日 夜の部 @国立劇場小劇場

8月は研の會に、納涼に、フレンズに、オリンピックにと、とにかく休みが足らないよー!!と言いまくっていた1カ月でした。

そんな8月のスタートは研の會から。
まずはポスターからしてテンションが上がる!右近くん、ほんとセンス良い!!

『仮名手本忠臣蔵』
右近くんの勘平は最後の最後まですごく熱い勘平でした。
そして染さんの斧定九郎はまさに理想型。
染さん定九郎の「五十両~~」が聴きたくてチケを取ったといっても過言ではないくらいなのですが(右近君ゴメンナサイ・・・)、ほんと期待以上でした。、
一場面だけなのに、悪いことしかしてないのに、色っぽく美しくカッコ良い。
太股をつたう血にドキドキしてしまった。。。
染さんに斧定九郎をオファーしてくれて、右近君、ほんとにありがとう。
そして超絶忙しい中、そのオファーを引き受け、二演目とも出演してくれた染五郎さんの人柄よ、、、さすがとしか言いようがない。


『船弁慶』
右近君は女形の印象が強いので(ブログには書けていませんが、七月の歌舞伎座でのおさめちゃんもすごく良かったです!!)、最初演目が発表になった時は、えっ?右近君が船弁慶?と少し驚きましたが、力強く太い声に勢い、そして右近君がこの自主公演にかける熱い想いも重なっているような気がして、若い役者さんならではの観ていて気持ちの良い真っ直ぐな弁慶でした。

舞台の上も客席も物販もすごく熱くて、こういう空間大好きだなと思いました。
どんな素敵な役者さんになっていくのでしょうか。
右近くんだけでなく、種之助君や米吉君、客席でこの熱を感じたであろう松也君や隼人君や梅丸君、というよりむしろ自分より少し年下のこの世代の役者さんがどんどん素敵になっていくのが楽しみで仕方ありません。


ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« THE ICE 2016 | TOP | 八月納涼歌舞伎 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics