Blissful Moment

舞台を観たり、スポーツを観戦したり、本を読んだりするのが大好きです☆☆☆

コクーン歌舞伎 四谷怪談

2016-09-18 14:25:16 | 観劇記
コクーン歌舞伎 『四谷怪談』
6月19日 午後の部、25日 午後の部

四谷怪談をどう演出するのか?っていう視点だけでいけば、めちゃめちゃ楽しめました。
あぁ~こう持ってくるのか!とかこの場を上演するのねとか。
去年国立で買った上演資料を昨日今日とザッと読んだほど観る前から興味津々だったもので。
ただ作品としては入りこめなかったなぁといのが正直な感想です。

と言っても個々の役者さんや場面場面では良いところもありましたが。

特に三角屋敷でお袖が意を決した時からの直助とお袖から醸し出される雰囲気。妖しさと色気。
そして勘九郎さんの「寝よ」という言葉。
そうだよね、あなたそんなカッコ良い声も出せるんだよねと。ほんとゾクゾクしました。

あとお岩への愛情がすごく伝わってくる今回の獅童さんの伊右衛門。
愛情が伝わってくるからこそ、伊右衛門の弱さというか愚かさがより一層引き立ち、私は好きでした。

照明はめっちゃ良かったです。
特に裏田圃の場!!影の表し方がほんと上手いなぁと。

まぁとにかく好みの分かれる演出ですね。
昨年のひょっこり⇒四谷怪談と私は苦手感が強いので(と言っても四谷怪談はひょっこり程ではありませんが〉、メトロポリスがかなり心配。。。

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 六月大歌舞伎 義経千本桜 | TOP | LOVE ON THE FLOOR »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 観劇記