仕事の道楽化

 仕事が道楽になることを目指しています。

学級担任をすることが決まった時に、まず初めにすること

2017年01月25日 | 教師修業
 学級担任をすることが決まった時に、まず初めにすることがある。

 それは、「名前を覚える」ことである。(当たり前すぎる話かな?)

 記憶力が非常に乏しい自分だが、そんな自分でも初日に子供の顔を見て名前を言うことができた。

 名前を覚えるために、次のようなことをしていた。

1 ICレコーダーに、子供の名前をフルネームで録音する。
 
 出席番号順に名前を言って録音する。

 1回目は、名字と名前を普通に読み録音する。・・・これが1曲目になる。

 2回目は、名字と名前の間を2秒くらい間をとって録音する。・・・これが2曲目になる。

2 ICレコーダーを聞きながらウォーキングをする。(別にウォーキングでなくても、掃除でジョギングでもよい。ただ、自分の場合は、歩いている時が一番覚えやすかった。)

 初めは、名字と名前を録音したものを繰り返し聞く。100回くらい聞くと、頭に入っていた。

 覚えたかな?と感じたら、2曲目の名字と名前の間を開けて録音したものを流す。その際、名字を聞いたら、すぐに名前を声に出すようにする。 

 ICレコーダーから名前が聞こえる前にいえるようになれば、ほぼ覚えたと言っていい。

 次は、初日に、顔と名前を一致させる方法である。

 それは、明日に続く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 漫画「ちはやふる」がもっと... | トップ | 名前を覚えるコツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

教師修業」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL