仕事の道楽化

 仕事が道楽になることを目指しています。

指導過程は必要の連続で構成せよ

2017年06月22日 | 授業づくり
 私が師匠と尊敬している野口芳宏先生の講座に行ってきた。

 模擬授業をさせていただいたのだが、批評のコメントが勉強になった。

○ 授業に導入はいらない。

○ 本題にスカッと入れ。

○ 指導過程は必要の連続で構成せよ。

 特に、「最後の指導過程は必要の連続で構成せよ。」が勉強になった。

 授業は、内容をよく吟味し、必要不可欠の内容だけで構成する。こうするだけで、グッと授業の質は高くなる。

 逆に言うと、必要のない内容が入ると、ぼやけた授業になってしまう。

 これらの考えは、授業だけではなく、多くの表現活動の場でも言える。

 例えば、プレゼンである。研究発表や実践紹介などの説明では、プレゼンソフトを使って説明する。

 無駄がない、必要の連続で構成された説明ほど、引きつけられ、分かりやすい。主張もすっと頭に入ってくる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思春期の息子を叱る時の物差し | トップ | 元気に年を重ねたい人が心が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL