仕事の道楽化

 仕事が道楽になることを目指しています。

渡部昇一先生 有り難うございました

2017年04月20日 | 修養
 渡部昇一先生が逝去された。

 いつも新著が出るのを楽しみにしていた。

 最近出た「実践・快老生活」は、86歳にして見えてきた渡部先生の本音が綴られていて、とても学びが多かった。

 赤線を引きながら読んだら、半分以上のページに赤線を引いてしまった。



 新著だけでなく、「知的生活の方法」「人生観・歴史観を高める事典」等、今でも繰り返し読む本もある。



 渡部先生の書く言葉に説得力があるのは、

 自分の経験を踏まえた上での話だからである。

 経験を踏まえた上での本音だからである。

 

 そして、毎月読んでいる月刊誌「致知」の連載も楽しみだった。

 月刊誌「致知」が届くと、まず初めに渡部先生の連載「歴史の教訓」を読んでいた。

 過去の歴史を踏まえ、社会の現象を鋭く分析し、多くの示唆を与えてくださった。

 その連載もなくなる。

 

 これまで、本当に多くの学びを与えてくださって、本当に感謝しています。

 有り難うございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 履き物揃えができる子を育て... | トップ | 昼休みは、子供と遊ぶように... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL