仕事の道楽化

 仕事が道楽になることを目指しています。

ほんのちょっとした手立て

2017年05月17日 | 学級経営
 保護者からお悩み相談された。

 「うちの子は、学級通信をちゃんと見せてくれないんですよ。」

 「見ていない学級通信があるような気がして不安です。」

 それに対して、自分は次のように言った。

 「学級通信には、通し番号は書いてないんですね。」


  保護者によると、

 「はい、日付はあるけど、何号かは分かりません。」

 とのことである。

 

 幸い、担任は自分の知っている若い先生だったので、「通し番号を入れた方がいいよ。」とアドバイスをした。

 また、「学級通信をファイルに綴じさせているんでしょ?綴じたかどうか見届けるといいよ。」

 とも言った。

 

 「学級通信には、通し番号を書く。」


 「フィルに綴じたかどうかを見届ける。」

 これらは、ちょっとしたことだけれども、保護者と連携するためには、大切な手立てだと考えている。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不登校や引きこもりの子供や... | トップ | 若手の先生方の手助けをする3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL