大脳皮質の砂漠

湿度20%の思考

過払いの闇

2017年03月15日 | 雑記
以前、趣味でトラックドライバーをしている闇金屋の知人にこんなことを言った。「金を借りなきゃならないような奴に、よく平気で金を貸せるな!」と。すると、法外な利率でも七割の人はちゃんと返してくれるんだよと教えてくれた。まぁ、闇金屋さんからしか借りられない事情がある人たちなのだから仕方がないし、そう言う条件を納得の上で借りたのだから、約束通り返すのが人の道だろうと思う。

ところが今は法律を盾に逆取り立てが流行っている。闇金屋は元より、正規に営業している金融会社までもがターゲットだ。中には闇金からお金を借りて、他の厳しい取り立てをする業者に返し、その足で警察署へ行き、お金を貸してくれた闇金業者を告発する輩もいるという。もうそうなったら人の道は歩めないだろうな。お金絡みの闇は深い。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 権利と義務 | トップ | 辞めどき »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL