モーターサイクル日記

モーターサイクルと日常

車検場にて

2017年05月25日 | 雑記
整備の完了したR1100Sを、軽トラに積載して車検場へ。

書類のチェックも済んで、コースに並ぶ。

静岡陸運支局では大型車のコースに並び、検査官のチェックを受けてから二輪コースに並ぶ。

ワタシの前は2トンほどのタンク車がいて、その後ろ2メートルほどにバイクを停車した。

バイクの右側に下りて、前方の検査官の位置を確認してる時だった。

いきなりピーピーピーとバックの音。

まさか!? そう前のタンク車がバックしてる!

バイクの右側に居たワタシは、右手でハンドル 左手でシートをホールドして急いでバイクを後退させる。

後退させながら大きな声で「おいっ!!」と叫んだ。

聞こえたのだろうタンク車はバックを止め、初老の男が下りてきた。

「いや。。申し訳ない。。」と。

車検場のラインに並んだら、バックは厳禁!!

どうしても行う時は検査官に申し出て、後方確認を行なってからバックする。

これ基本と言うか、常識なんだけど。

まぁR1100Sに被害は無かったので、ほっとしたが。。。

あれで潰されてたら色々と面倒な事になっただろう。

まだ軽量なR1100Sだから良かったが、ハーレーの大き目の奴とかだったら無理だった。


ツキがあるような無いような。。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BMW R1100S 車検整備3 | トップ | DUCATI250マッハ1 エンジン始動 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (CB-RB)
2017-05-25 20:27:49
CHさん

ヒヤヒヤでしたね~!

無事、車検終了のようで、安心しました。

ちなみに、「まだ軽量なR1100Sだから・・・・」って、・・・・・?

CBも軽量の内に入るのかなぁ~?
Unknown (C管理人)
2017-05-26 20:03:58
CB-RBさん

CBも格納庫から押してきましたが
それ程重さは感じなかったですよ。

要は転がした時軽ければOKです(笑

コメントを投稿