モーターサイクル日記

モーターサイクルと日常

GL700始動に向け

2017年04月04日 | メンティナンス
持ち込んだ時に抜けていたフロントマスターは、シリンダー内部の傷が酷く使用不可だった。






キャリパーはピストン揉み出しで良さそう。






キャブレターエアカットバルブのダイアフラムは溶けてドロドロだ。





キャブレターインナーパーツキットでOH





次は電装を仕上げて車検所得かな。


『メンテナンス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GX750 バッテリー他 | トップ | GX750 エンジン始動確認 »

コメントを投稿