人生の階段ー日々の詩に託してー

ある老婆の日々ーー

悲しい努力

2017年07月31日 | 旅行

小さな滝を見るために

数人で小さな旅をしました。

それはほんとに小さな滝で

でも

三段階になってて

緑は濃く涼しい道でした。

ちょっとしたハイキングに向いています。

気になったのは

この滝を抱える村

というのか自治体というのか

「この滝で人を呼ぼう」

決心したことがあるらしく

滝のそばにベンチを作ったり

ささやかな橋をかけたり

木を植えたり(森なのに)

がんばった跡が見られたのです

そして橋はともかくとして

他はみなぶよぶよに腐っていたのです。

つまり

「人を呼びこむ」までにはいたらなかった

のです・・・

日曜日に行ったからか

数人の人はそれでも

滝を見に来てはいましたが。

すたれてゆく村をなんとか

という努力はみな

悲しいほどがんばっているのでしょうね。

だから

そこにほんのちょっとした「名物」が

見つかりさえすれば

それを手掛かりにしようとします。

以前、「鬼ヶ島」の島に行ったけど

安っぽい作り物の「鬼」がでん、と

居座っているのにはがっくり。

日本の観光名所にはときどき

こんな「間違い」が見られます。

小さな滝でなんとか!

とがんばっている姿は悲しいけれど

安っぽい作り物なんかなかったので

これは応援したい気持ちでした・・・

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

地球の復讐

2017年07月30日 | 日記

昨夜のこと

夜中の室内の熱気が異様なことになって

たまらず

エアコンに頼りました、

普段は扇風機で十分しのげたのです

昨夜のは異様でした。

そして思うに

こんな暑さはかつてわたしら日本人が

経験したことのないもの

ではなかったろうかと。

アフリカが暑いと思っていたら

アフリカの人が日本にきて

暑い!と叫ぶのです・・・

これはもう

地球の復讐としか思えず

大昔の人ならきっと

神様が何か怒っているのだと

真剣に信じたでしょうね。

覇権を争う国々や

他国を侵食していく国や

海を勝手に我がものにして

軍事基地を建設したり

限りなくPM2.5を排出したり

日本はもうアップアップ。

そして熱帯地方日本となり・・・

いえ

熱帯地方の人たちからも

こりゃ暑いと驚かれる国になった

と思ったら

昨夜

異様な熱気のあと

ざざざあっと突然の雨。

これまた尋常ではない感じでした。

ついこないだまで

日本も亜熱帯化したなあ

と思っていたのに

もう今は完全に

熱帯化しております。

そして赤道直下の国々よりも

湿気のためにもっと「暑い」国に

なりました。

その上この国は

裸で狼の群れの中に立っていて

頼みとする助っ人は

いつ裏切るか

わからない人なのです・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

女性政治家・・・

2017年07月29日 | 日記

これまで日本の政治家で

女性が幾人かおりました

土井たか子だの田中真紀子だの

いろいろ・・・

でも

「本当の実力ある政治家」が

その中にいたでしょうか。

この度の騒動、今井だの

稲田だの上西だの

蓮舫だの

だんだんひどくなりましたねぇ。

実力ではなく

「女性」という冠をかぶったがゆえの

お飾り・・・

とりわけ稲田はひどかった

いえいえ、みなさん同レベル・・・

外国のニュースでは要人として

よく女性が登場しますが

見るからに実力者

威風堂々としています

羨ましいなぁ。

「小池都知事」はどうですか

いまにすってんころりとなるような・・・

悔しいけど

この国はまだ前世紀の

男性社会なのでした・・・

そしてメデイアのなかで

流布される女性像はと言えば

どんどん「少女」「かわいい女の子」に

特化していて

おばさん世代までもが「女の子」らしくあるのが

おしゃれと勘違いする人もいたり

かつては「女の子」もどこか

ちゃんと「おとな」になっていったのに

いまでは退化へ退化へと

メディアの波が動いているようで

もっと「おとな」時代を生きた人たちは

呆れ果てているのでありました・・・

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

酒池肉林

2017年07月28日 | 日記

シナ古代史で私らは

殷の紂王が妲己のために

酒の池を作り人肉を林のごとく

吊るした、かどうかは

ともかく

紂王の乱行のために

周の武王に滅ぼされた

それが「歴史の常識」になってました・・・

実はシナの歴史は革命の歴史ですから

絶対に前の時代の支配者を悪人に仕立て

なければ

自分たちの正義を

証明する手立てがなかった

だから

ちょっとした悪事を

数千倍に拡大して

それが「歴史の常識」になって

しまって数千年経ちました。

シナもK国も

このような偽造歴史を

「日本が行った酒池肉林」

として定着させようと

世界に働きかけ

世界は「へぇ、そうだったのか」

あっさり認識してしまいました。

軍艦島に住んでいた日本人が

「朝鮮の家族も同じ境遇で仲良くしてた」

なんて発言しても

ばっさり消されてしまいます。

たしかに日本の子供たちが

昔「チョーセン」と馬鹿にしたみたいに

言ってた記憶はあります。

これを「酒池肉林」にまで

持っていくのですから・・・

歴史は歪んだまま

常識になっていく

日本が世界にきちんと発信してこなかった

ツケが回ってきましたね・・・

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

天下の悪法?ー車検ー

2017年07月27日 | 日記

常日頃

車検は天下の悪法という気が

しておりまする。

いったいどんだけの賄賂で

こんな悪法が成立したんですかね。

2年に一度なんて・・・

といっても

アメリカ以外の先進ヨーロッパには

車検あるらしいけど・・・

でも

私の車、車検の数日後に

クーラーの不具合とて

修理に8000円。

知人の車は

車検の翌日にもうエンジン不具合。

車検って、車のこと

見てないんじゃないかと思う

くらいひどい・・・

こんな悪法、なんとかしてよ

というか

車検の現場をきっちり見直してよ

腹立たしいのでありました。

 


この記事をはてなブックマークに追加