人生の階段ー日々の詩に託してー

ある老婆の日々ーー

孫文とフィリピン

2017年06月22日 | 読書

井沢元彦「友情無限」のなかで

梅屋庄吉が孫文の無二の友となり

独立運動を経済面で援助し続ける

この秘話を今の中国人が知ったら・・・

テレビドラマで年中

日本兵を生きたまま八つ裂きにしたり

なとどいうものを見せられている

中国の人がこの本を読んだら・・・

そして梅屋はフィリピン独立にも力を貸そうとした。

孫文にあたるフィリビンの闘士はアギナルド。

ところが彼には「海の守り」が必要という

考えはなかった。

ーーアメリカが守ってくれるーー

信じ込んでいたのだ。

まさかアメリカが裏でスペインと協議していたなんて

知らずにアメリカを信じていた。

梅屋は説得する。

「自前の軍を持つべきだ。

世界は隙あらば他国を植民地にしようとする

野蛮な国に満ちている。

まず、独立軍を再編制し、有利に展開

できるようにすべきだ」

するとアギナルドは

「心配性だな」と笑い飛ばす。

その後のフィリピンがアメリカの植民地に

なってしまって

日本の敗戦後にやっと独立できた

という歴史を

日本の人たちが噛み締めなくてはならない

と思うのです。

多くの日本人が今

「アギナルド」になっています・・・

「犬と清国人は入るべからず」と

自国の公園の看板に書かれた

屈辱の歴史は

なぜかイギリスに向かわず

日本にのみ憎しみを注いで

すかっとしているのですね。

孫文が今の自分たちの国を見たら

どんな感想を口にすることでしょう。

 


この記事をはてなブックマークに追加

薬は怖い・・・

2017年06月21日 | 日記

ある薬を飲み続けていた人が

せん妄の症状が起きて

家人は恐怖のどん底

そして薬をやめたらぴたりと

収まった、という話を聞きました。

また身内の一人はある薬を

飲み続けていて

腕全体が紫色に染められています。

いったい薬とは何なんでしょうか・・・

とはいえ、命を救ってくれる

最大のツールであることに

変わりはないと思うのですが・・・

例えば大村博士はアフリカの

何十万という人を救ったのだし

薬は救済の神にも等しいと

思って飲み続けている人もいて

そのために元気でいる人もいる

のです

一方で、こわーい・・・

思う人も少なからずいるはず。

私もその一人ですが

やっぱり病後なので飲み続けています

あまりの大量に恐怖・・・

いつの間にか勝手に

少なくしていました。

お医者様には叱られるとわかっているので

こっそり・・・

どうすればいいのでしょう。

一人で薬という「権威」に

立ち向かっているような感じで

ございます・・・

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

太陽光発電・・・

2017年06月20日 | 日記

車でちょっとした郊外とか

山への道を走っていると

突然

無様な風景が・・・

そう、太陽光発電のあれです。

緑豊かな風景の中に突如

ずらりと並ぶ異様な光るトタンみたいな波

近くで見ても遠くから見ても

風景としては

無残なものです。

しかもあまり効率はよくないと言います。

それが農家の軒先に迫っていたり

美しい田んぼのそばだったり

もう無茶苦茶です。

いつの日か

こんなものは不要で、

もっと効率的な発電装置が

あらわれるに違いありません。

そのときはすべてあのぶざまな金属板を

必ずとっぱらってくださいね。

よもや

「放置」なんてことにしないでくださいね。

発電は各自の家の屋根に取り付けるというなら

まだ許せます

すべてのビル、すべての家の屋根に取り付ける

義務を課してしかも援助金を出すってのは

どうでしよう。

いっそ

都市すべての建物にその義務を課したら?

それに建物の壁面を緑化するという

義務も課してほしいところですね。

風景が壊れてゆくあの

太陽光発電装置は

早く消えてほしい・・・

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

遺憾に思う

2017年06月19日 | ニュース

K国は日本に対して

何を言おうと、踏んだり蹴ったりしようと

あの国はただ「遺憾に思う」とだけしか

言わないのだと舐めてかかってましたね。

実際、その通りで国民はみなこれを

「遺憾に思った」り、地団駄ふんで

くやしがったりしていました。

ミサイル打ち込まれても

「遺憾に思う」とコメントするだけと

思っていたみたいです・・・

二階氏が最近

ようやく小声ながら

NO!を突きつけたようですね。

あの方、顔だけで見ると

田中、金丸、小沢の三つをつき混ぜて

こねあげたかと思われましたが

そして何を言われようと「よっしゃ」と

せっせと貢ぐばかりの政治家かと思ってました

ようやくかの国の甘えに対して

「いい加減にせぇ」と

言ったかどうかはともかく

一応NO!を口にしたようですね。

これがかの旧民主党系の政府であったなら

「遺憾に思う」どころではないでしょう。

あっという間に日本は滅ぶでしょう。

ミサイル打ち込まれてようやく

「イカンニオモウ」と言いつつ、

滅びていくことでしょう。

ああ、こんな日本語、

抹殺されたい!!

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

見える人

2017年06月18日 | 日記

もともと私はオカルト系は

大の苦手

スピリチュアルとか「見える」とか

頭から信じる気がない

人間です。

なのに大きな病気をしたものだから

身内の一人が「見える人」に

私のことを「見て」もらったというのです。

「見てもいないのにどうして見えるのさ」

などと悪態をついたものの

「何が見えたの」と聞いている・・・

「この人は強い。武士の姿が見える」

との返事。

おや、うちの先祖は確かに室町時代は

武士、それも水軍でした・・・

おや? 見えたのかな?

不思議な気持ちと

でもねー、と疑う気持ち。

昔から霊能者というのは存在していましたね・・・

「見えない」私には

知られざる世界なのでしょうか。

なんとも複雑な思いでございます。

それにしても、未来を占ってもらいたくて

若い女性がずらりと並んでいる

手相見の店がありますが

未来を見てしまうのは

怖くはないですか。

そして未来を見てしまうと

自分の意思で何かやろうとは

思わなくなったりしませんかね

それとも彼女たちは

なにかとてつもないものに

怯えているのかもしれません・・・

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加