人生の階段ー日々の詩に託してー

ある老婆の日々ーー

読書のタネ

2016年11月12日 | 読書

昔、司馬遼太郎をむさぼり読んで

それから藤沢周平をすっかり読んで

なんども読んで

宮城谷をほとんど読んで

内田康夫もだいたい読んでしまって

浅田次郎も読んで

永井路子も読んで

網野善彦も読んで

それらは「夢中になれる」読み物だった

のです。

単発では他にいくつも読んだけど

「夢中で」読めるものを

しかものめりこんで読めるものを

今、探してて・・・

見つからないので

禁断状態・・・

そりゃ、いろいろ手探りしてます

昨日は北原亞以子の「慶次郎縁側日記」を

初めて読んでみたけど

いまいち・・・

のめりこむ作家を今

図書館に通って探してるところです

見つかりますように・・・・

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族制度復活? | トップ | 親切もほどほどに »
最近の画像もっと見る

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。