人生の階段ー日々の詩に託してー

人生の階段を下ってゆく老女が自由奔放に書き綴ってゆく詩。家族との同居、孤独、世間、そしてもしあるならば希望を謳う。

美しきスイス?

2017年04月19日 | 日記

スイス、この美しき国!

ヨーロッパはどこを切り取っても

絵葉書みたいに美しい・・・

とりわけスイスは・・・

と思っていたら

この国がものすごい

自衛の国で

一家に一本、銃があるって?

すぐに避難できる設備は完備

そして思い出してみました

ヨーロッパはこれまで

ずっと「戦争の土地」で

殺戮、爆撃、血の海となった場所

だったのだって。

あの絵葉書のように美しい

風景の裏側はがっちり固められた

防備の土地でもあるのでした。

そしていざとなると

国民はこぞって銃をとる・・・

そうです、彼らは

よその国を信じてはいないのでした。

信じるふりをしたり

仲良しを演じることはあっても

よその国は信じられぬと

歴史に教えられていたのですね。

だから

自分の家を守るのと同じ感覚で

自分の国を意識しています。

彼らは国と国が

仲良しごっこの「話し合い」で

解決できるなんて

はなっから信じちゃいない

のですね。

そんなことを信じて

ーー信じたふりをしてかもーー

「話し合いで外交を」なんて

一国の党首がのうのうと

のたまう国は「Japan」だけ・・・

この国がどんなに美しい風景を

世界に見せていても

裏ではがっちり国民を守る

シェルターを確保してくださいね。 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なぜ桜・・・ | トップ | 戸締り不要 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。