人生の階段ー日々の詩に託してー

ある老婆の日々ーー

「戦争」

2016年10月31日 | 日記

三笠宮様がお亡くなりになって

日記とか当時のことどもを

書かれたものがテレビなどで公開されました。

そのなかに南京の「虐殺」に触れたものが

ありまして

ああ、肝試しみたいに生身の捕虜を殺す

などという蛮行が行われていたのだと

改めて知りました。

(南京の人口が日本駐留で増えたのはなぜ

か、とか、光の部分も書いて欲しかった

ですが、やむを得ません)

考えてみると韓国兵がベトナムでやったこと

米兵がベトナムでやったこと

ロシアが戦後の日本兵を拉致して

シベリアで酷使したこと

ましてや原爆を無辜の市民に向けて

炸裂させたこと

すべてを告発すべきではないでしょうか、

日本の南京事件を告発するなら

これらの蛮行をあわせて正しい情報で

世界に知らせるべきです。

そしてこれが「戦争」だと

人類が知っておかねば・・・

「戦争」と「」付きにしたのは

これが

「麻薬」という言葉と同義で

いわば撲滅すべき悪だと思うからです。

虐殺に加わった兵士が

故国に帰れば善良な市民だったという

話はよく聞きます。

だから「戦争」は撲滅すべき「麻薬」

なのですね。

そこんとこは通り過ごして

「日本軍のやったことだけ」

何十年にも延々と告発され続けて

大げさな人数、規模に拡大されて

世界中にばらまかれて

しかもその国に日本が

戦後

信じられないほどの援助をしているのに

ユネスコに虚偽のまま登録してしまいました。

日本はおばかさんでしょうか・・・

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 教師という仕事 | トップ | 菜の花や »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。