人生の階段ー日々の詩に託してー

ある老婆の日々ーー

鳥居信平

2017年06月02日 | 日記

台湾にかつて鳥居信平なる

地下ダムを建設して

不毛の地を豊かな農作地に変えた

技師がいたと

最近知りました。

あの八田ダムの八田氏は

この鳥居地下ダムを参考にしたとか。

そして台湾の心ある人が

信平の胸像を作ったと。

鳥居は戦後、信州野辺山の開拓計画に

かかわって

62歳で亡くなったと。

62歳・・・若い・・・

台湾の開拓と同じようなことを

ーー生産にかかわるあれこれの開拓ーー

朝鮮半島でも行ったのでした。

そして一方は銅像を建てて

顕彰する精神を持ち

一方は自尊心を傷つけられたか

劣等感と優越感が一緒になって

全国、いや世界中に

「⚪️安婦」像を建てまくっています。

かたや恩人の技師の像

かたや恩人を消し去って

ありもしない「性奴隷」少女像。

老婆は知ってますよ

かつての軍についたあの「女性」たちは

職業婦人だったのです。

月給30円です。

かなりの高給で日本の兵士より上だったってね。

二つの国に同じことをして

この違いは何なんでしょうね。

人それぞれの「人柄」というものがあるように

「国柄」というものなのでしょうか。

やれやれ、開化されない「アジア」の中の

日本なのでした・・・

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 死ぬということ | トップ | ある大学教授の嘆き »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。