人生の階段ー日々の詩に託してー

ある老婆の日々ーー

怒りのテレビ

2017年06月16日 | ニュース

私、名もなき老婆でさえ

最近のテレビのニュースには

怒りを覚えますですよ。

なぜって

例えばですね

共謀罪のニュースでは

反対派やデモを大きく取り上げるばかりで

「評論家」も解説者も「反対ありき」

の人たちばかり集めてます、

一部に例外はあるとしても。

なぜ今これが必要なのかを

きちんと解説する人はいないし

ああいう形でしか成立させざるを得ない

国会の言いようのない荒廃のことも

テレビは言いません。

ただただはんたーい、

を唱えて私らを誘導してます。

その昔

安保反対!と叫んでスクラム組めば

正義に酔った時代もありましたが

あれだって何かに操られていたのだと思います

あれから日本はずっと

「自虐史観」というような言葉が公けに

語られるようになる時が来るまで

ずっと「安保は必要だった」と公言するなど

できませんでした。

今のテレビの伝え方を見ていると

その昔

思考停止したまま「アンポハンターイ」と

唱えていた人たちのことを

連想します。

それを毎日見せられるのは

やはり

テレビの暴力です。

見なきゃいいんでしょうけれど

でも、日本人として

怒りを覚えます・・・・

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読書 | トップ | 性善説の病院 »
最近の画像もっと見る

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。