人生の階段ー日々の詩に託してー

ある老婆の日々ーー

虚業・実業

2016年11月20日 | 日記

知り合いに虚業と実業の両方います

実業の一人は牛乳屋で一人は自動車整備

虚業の一人は国語の高校教師で一人は雑誌編集者

あとは全員大学教員。

ここで虚業というとみんな「言葉」に関係

する仕事ですね。

さて、実業と虚業の両方と交流していて

以前からはっきり気がついている

違いがあるのです。

実業派は「憲法九条のおかげで日本が平和」

なんてチリほども思ってなくて

周りの情勢はそんな呑気なものじゃない

と言います。

そして虚業派は

「憲法九条を世界遺産に」などと言います。

このれっきとした違いは

たぶん、虚業派は多く「文化人」と

総称される人々で

肉体労働で世界を実感したことはなく

「言葉」で給料をもらっているのですね。

老婆はつくづく思います、

実業の人たちの「実感」こそ信頼できて

虚業の人たちは

文字通り「虚しい」言葉で世界を語るから

ちっともリアリティが感じられなくて。

そういう「文化人」がメディアを

牛耳っているんですねぇ。

お百姓さんや牛乳屋さんや

土木従業者やそんな人たちに

今の日本を語ってほしいものだと

つくづく思う今日この頃でございます。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失敗? | トップ | 京都京都・・・ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。