人生の階段ー日々の詩に託してー

ある老婆の日々ーー

残酷な命

2017年08月14日 | 読書

柳澤桂子「認められぬ病」は

病臥する多くの人にとって

希望と慰めの書だと思います。

あれほどの絶望的な状況にあって

氏はなおも「希望」を捨てずに

生きる意志を持つことができました。

また氏はこうも言います

若くして死ぬ命は残酷である

残酷を最後まで晒し続けてなお

生きねばならぬのもまた

同じく「残酷」であると。

そして残酷を氏は「生ききろう」と

決意する・・・

私はいま

幾つかの症状に直面していて

いつ「残酷なる命」と向き合うことに

なるか

というときです

このような覚悟があるかと言えば

ただおろおろしているだけなのです・・・


この記事をはてなブックマークに追加