人生の階段ー日々の詩に託してー

ある老婆の日々ーー

瞬間接触

2015年04月17日 | 日記
孫はかわいいけれど

あのエネルギーにはやっぱり

ついていけません。

お嫁さんもいい人だけど

やっぱり

接触は瞬間がいい

「こんにちは」と「さよなら」が

ほとんど同時に

行われるのがよろしい。

一般に人は「さよなら」を言うとき

急に元気になるものです。

でれでれと食事に招かれたり

お茶しないほうがよろしい。

息子が間にいれば大丈夫だけれど

嫁と姑が「二人」の時間は・・・・

「嫁」は話題もないから

子どもたちを叱り飛ばしてばかり

間が持たないってことを

姑が察知すぺきでありましょう。

そう、孫のための特別お手伝いがある間は

接触してよろしい。が、

終わったらすぐ「さよなら」を言いましょう。

なんて言ってるけれど、365日ずっと

同居の嫁姑はどうなっているんだろう。

昔「イエ」という制度があったころ、

「ヨメ」はどんな心境にあったのだろう。

「シュウトメ」は疎外感はなかったのかな。

近頃、老いたる女性で「姑」でもある人は

疎外感との戦いを常としなきゃなりません。

そんなことは全然ありません、うちは

なにしろ、仲よく円満この上ない

「同居家族」でございます、と

いう人もいるかもしれない

けれど、そんな人にこう言おう、

「おめでとう!!」

皮肉ではなく、心から言うよ

「おめでとう」って。

ただ、心がふっと己を省みて

さみしさを味わう老女に

そっと寄り添いたい・・・・

この記事をはてなブックマークに追加