博多の建築士三兄弟! 豊かな食卓をつくる    ( トライクルハウス株式会社 )     電話:092−791−1801

福岡市、福岡近郊の住宅リフォーム
・ガス給湯器・ガスコンロ・レンジフードの修理/交換!

※住宅設備アドバイザー※

福岡 ビルトインガスコンロ交換 リンナイ製デリシアで楽しいお料理を! リンナイ福岡ショールーム情報 

2014年01月11日 | ビルトインガスコンロ

■工事内容:ビルトインガスコンロ交換 リンナイ製 デリシア RHS31W15G7R−STW 福岡市南区横手

福岡 ガス給湯器のメンテナンス会社 (西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

■今回は、リンナイのプレミアム商品である『 デリシア 』をご紹介します。

リンナイの福岡ショールームの情報も必見です!

 

■ご相談内容:トライクルハウスのホームページを見て、ご連絡をいただきました。

 デリシアへの交換を検討していますが、

 『交換が可能か、見に来てくれる施工業者が見つからない』

 『見に来てもらえますか?』

 ご連絡ありがとうございます! 早速、無料診断にお伺いしました。

 

■工事場所:福岡市南区横手

 

__01

 

無料診断では、ビルトインガスコンロの状態や、寸法、ガスの接続方法などについて

確認を行います。

 

↓現状のビルトインガスコンロ 所々に錆が目立ちますが、使用上の問題はありません。

__02

設置幅60cm

 

↓天板からの高さ22cm 規格寸法であることがわかりました。

__03

現状は、回転式のレバースイッチで点火しています。 付加機能は無し。

 

↓次にガスの接続方法を確認します。 都市ガス13Aのフレキ配管でした。

__04

 ガス管の接続には、専門の資格が必要です。

 

■無料診断の結果

,翰徊召離妊螢轡△蓮∪瀉峅椎修任后

▲ラストップの横幅は、60cm・75cm共に設置が可能です。

ガス種は、都市ガス13A。 ガス接続管の移設が必要。

ご主人様とお話をして、ご要望にマッチする商品を検討しました。

お話をした結果、現状の60cmでのお見積もりをお出しすることになりました。

その他の詳細なご要望は、

 乾電池タイプ ・ガラストップ色はシルバー になりました。

 

後日、お見積書をご提出して、承諾をいただきました。

ご依頼、誠にありがとうございます。

 

↓採用いただいたのは、リンナイのビルトインガスコンロ デリシアです。 格好が良い!

__05

 

↓乾電池タイプ ・60cm幅 ・シルバーガラストップ ・前面パネル:シルバーを採用

__07

 

↓デリシアについて、もっと詳しく知っていただく為に、リンナイのショールームをご紹介します。

__08

 

↓リンナイ株式会社 九州のショールームは1か所のみ

__09

リンナイの福岡ショールーム(九州支社)

住所:福岡市博多区古門戸町2-3

電話:092-281-3234

※見学の際は、事前に営業時間をご確認ください。

 

↓ショールームは、福岡市市営地下鉄「中洲川端駅」から歩いて5分程度の所にあります。

__10

車でのアクセスの場合、ショールーム専用の駐車場はありませんでした。

近隣には、100円パーキングがありますので、車の利用も問題なさそうです。

 

↓リンナイ ショールームの内部の様子。 建物の1階に様々な商品が展示してあります。

__11

 

↓シールームの中心に、ビルトインガスコンロが6台程度展示してありました。

__12

 

↓デリシア 乾電池タイプ 75cmワイド幅 シルバー系色 (ゴールドもあります。)

__13

 

↓前面パネルには、ステンレスが使用されています。 カッコ良い!

__14

 

↓ガラストップは、光沢があり とても魅力的でした。

__15

 

 

↓ちょっと気になったのは、カウンターとガラストップの間にクッション材が入っており

 少し浮いた形でガラスが設置してある点です。

 メタルトップのガスコンロよりも、隙間が大きい様な気がします。

__16

 

↓右側の前面パネルには、電源スイッチがあります。 写真は、消えている状態です。

__17

 

↓電源を入れると点灯します。 さらに点火ボタンを押すと、ボタンが浮き上がります。

__18

火力の調整方法: 丸いボタンを右に回すと強火になり、左に回すと弱火になります。

音声案内があるのも面白いところです。

 

↓ワンプッシュで、操作パネルが開きます。

 写真は、保護シートが貼ってあるのでちょっと見にくいです。(展示用のため?)

__19

 

↓右側には、電池の収納スペースがあります。

__20

 

↓段階的に開くと、収納スペースが見えてきます。

__21

 

↓電池は、一番大きい単1サイズのものが2個必要です。

__22

電池切れの照明が点灯したら、交換が必要です。

 

↓左側の前面パネルでは、焼き魚などのグリルの操作ができます。

__23

 

↓ボタンを押すと点火します。 写真の青い照明は、強化力の状態を示しています。

__24

 

↓乾電池タイプの操作パネル 右側は、3種類のコンロを操作。

__24_2

左側の操作パネルは、グリルを操作できます。

 

↓続いて、バーナー部分の説明 手に持っているのがゴトク

 ステンレス色と、ブラック色から選べます。

__25

 

↓バーナーの上面は、ステンレスの輝きがあります。 

__26

強火力で使用しますので、どうしても変色してしまうパーツです。

将来、単品でのパーツ交換も可能です。

 

↓この状態で、スッキリとお掃除ができます。

__27

 

↓ガラス面との隙間に、煮こぼれが入らない構造になっています。

__28_1

 

 

↓断然、お掃除が楽になりそうです。

__282

 

↓見た目も美しいですね。 お料理をするのが楽しくなります。

__29

 

↓多機能なグリルのご紹介。

__30

 

↓大型のグリルのため、いろいろなお料理が楽しめます。

__31

 

↓焦げ付きにくく、お掃除もしやすいフラットな構造の網。

__32

 

↓水なしで利用できる グリルの受け皿。 油をよく弾いてくれます。

__33

 

↓大型の可動アームが採用されています。 ガッチリと作られています。

__34

 

↓網を受けるフレームも丸洗いできます。

__35

 

↓のぞき窓も汚れますので、丸洗いできます。

__36

 

↓フックを外すと簡単に外せます。

__37

 

↓覗き窓を外した状態。

__38

 

↓重たいダッチオーブンも安心して使える、ガッチリとした構造です。

__39

 

↓グリルの奥もキレイにお掃除できるように、取り外しができる壁面カバーが左右2枚あります。

__40

 

↓水無両面焼きのバーナーは、上部バーナーと、下部バーナーに分かれています。

__41

 

↓トッププレートの奥にグリルの排気口があります。

__42

 

↓バーナー部分と同じステンレス調の輝きがあります。

__43

 

↓プレミアム商品だけあって、細かい部分までお掃除できるようになっています。

__44

 

↓塗装もしっかりしているので、お掃除も簡単そうです。 

 小さなパーツなので、ぬるま湯の洗剤に漬け込めば、油汚れも簡単に取れます。

__45

 

↓3か所のパーツが取り外せます。

__46

 

↓デリシアには、「スモークオフ」という煙やニオイを焼切る、優れた機能があります。

__47

 

↓また、デリシア独自の機能として、土鍋で自動的に炊飯ができます。

__48

 

↓オプションになりますが、「かまどさん自動炊き」はおススメです。

__48_1

 

↓職人が作った、精度の高い土鍋です。

__49

 

↓中蓋があることで、加熱時の遠赤外線効果を高めて、美味しいお米が炊けます。

__50

 

↓御飯好きな皆様にも、ぜひ手に取ってほしい逸品です。

 

__51

 

↓食卓を大切にされるご家族におススメです。 

__53

 

↓その他、100ボルトの電源を使用したデリシアも展示してあります。

__54

デリシアとウォーターオーブンのセットで展示してありました。

 

↓オーブンがあると、料理の幅が広がります。 使ってみたい!

__54_1

 

↓内部は、2枚のプレートが準備されて、広々としています。 鶏の丸焼きもできそうです。

__54_2

 

↓前面は、乾電池タイプとほぼ一緒に見えます。

__54_3

 

↓トッププレートは、大型表示液晶があり、音声アナウンスと合わせて 

 使い勝手が向上しています。

__55

 

↓左側の操作盤。 乾電池タイプと違い照明の文字盤がありません。

__56

 

↓右側の操作盤。

__57

 

ショールームの様子は、ここまでになります。ここまで、ご覧いただきありがとうございます。

 

次は、実際の工事の様子です。

 

 

お客様からのご注文から、商品の納品まで5日ほどかかりました。

メーカーに確認したところ、デリシアの売れ行きは以前より上がっているようで、

タイプによっては、納品まで時間がかかっているようです。

 

 

 

 

↓商品が届きましたので、工事を開始します! まずは、新商品の搬入から・・・

 

__58_2

 

 

↓デリケートな商品ですので、完璧な包装がされています。 商品は、慎重に運びます。

 

__59

 

↓撤去工事スタート! トッププレートの撤去。ガス管の撤去。 本体の撤去を行います。

__60

 

↓ガス管を取り外しました。 食洗機用の電源も見えます。

__61

 

↓本体を取り外すと。大きな穴が開きます。 規格寸法の穴です。

__62

 

↓どうしても、油汚れが残るので大掃除を行います。

__63

 

↓タップリの洗剤を使って、油汚れを浮き上がらせます。

__64

 

↓少し時間が経つと、油が浮き上がります。

__65

 

↓スポンジで、磨き上げています。

__66

 

↓今回は、意外と簡単に油汚れが取れました。

__67

 

↓気持ちよくお使いいただけるように、見えない部分までキレイにします。

__68
 

 

↓本体を慎重に設置します。 

 ちょっと重たい中、前面のパネルに傷が入らないように気を付けます。

__69

 

↓新しい商品は、ガスの接続位置が移動する場合があります。 図面等で確認。

__70

 

↓下部の収納部分に入り込み、ガス管を接続します。

__71

※ガスの接続は、安全面からガス専門の有資格者が工事をします。

 

↓お化粧前の操作パネルの状態です。

__72

 

↓パーツが外れるので、将来のパーツ交換も容易です。

__73

 

↓キレイに完成しました。 ステンレスに、フラッシュが反射しています。 高級感があります。

__75

 

↓完成!

__76

 

↓キレイに完成しました!

__77

 

↓今回のお客様は、ダッチオーブンと、クッキングプレートをオプションでご購入されました。

__78

 

↓大型のグリルの調理方法は、さまざまで「フライの再度の温め」にも活用できます。

__79

 

↓ダッチオーブンを使えば、鶏肉・野菜のオリーブオイル煮込みや・・・

__80

 

↓パンも焼けます!

__81

 

↓土鍋とガスで、毎日炊き立てのご飯を食べませんか?

__82

 

↓インターネットでは見られない。専用カタログがあります。

__83

 

↓手に取って、お楽しみください!

__84

 

↓カタログには、便利な機能が詳しく載っています。

__85

カタログは、ご主人様の説得材料になるかもしれません。 

 

↓ご家族で、楽しい食卓を!!

__86_2

 

↓福岡のガスコンロ交換は、トライクルハウス株式会社へお任せください。

__00

無料カタログを、ご郵送いたします!(福岡限定)

 

まずは、無料診断にお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

↓ホームページのリンク

http://tricyclehouse.co.jp/kitchen.html

 

 

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福岡 高宮八幡宮 トライクルハ... | トップ | 福岡 トライクルハウスの食育活... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。