博多の建築士三兄弟! 豊かな食卓をつくる    ( トライクルハウス株式会社 )     電話:092-791-1801

福岡市、福岡近郊の住宅リフォーム
・ガス給湯器・ガスコンロ・レンジフードの修理/交換!

※住宅設備アドバイザー※

福岡 ビルトインガスコンロの電池交換の注意点!

2015年10月15日 | ビルトインガスコンロ

■ビルトインガスコンロの電池交換の注意点!

福岡 ガス設備のメンテナンス会社 (西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

■ビルトインガスコンロの新品交換から、1年近くなると電池の交換が必用になります。

今回は、電池交換の注意点をお知らせしたいと思います。

先に、結論を言うと 「 新品のアルカリ電池を使いましょう! 」なのですが、、、

理由について、ひと昔前のビルトインガスコンロと新商品を比較して説明します。

 

↓ガスコンロの電池交換の注意点!

電池交換サインのランプが点滅したら、電池の交換時期です。 必用な電池を準備しましょう!

 

↓最新のビルトインガスコンロの電池交換のサインは、ランプが点滅するほか、ブザー音も鳴ります。

 

↓実例として、マンガン電池を使用した場合に点火しませんでした。

 

↓電池は、多くの安全装置を動かしたり、ランプを点灯させています。

 

↓最新のビルトインガスコンロの安全装置 ノーリツ製品の場合

 

↓安全にご使用いただくための装置が充実しています。

 

↓ひと昔前のビルトインガスコンロは、電池を消費する量が少なかった。

 

↓最新のビルトインガスコンロでは、電池なしには使用できません。 最新型:N3WN8PWASKSTE

 

↓この部分がセンサーになっています。 ご自身のコンロを、チェックしてみてください!

 

↓レンジフード連動センサーなどの装備もあります。

消費する電気が増えてきます!

 

↓新商品 ピアットの電池交換の方法 (ノーリツ製)

 

↓電池BOXを引き出すと、電池が見えてきます。

 

↓ピアットの最初の電池には、東芝製のアルカリ乾電池が使用されていました。

 

↓ご自身のコンロの取扱い説明書も 見てみましょう!

 

↓キャビネット型コンロの場合

 

↓全口にセンサーが搭載されています。

 

↓電池交換の方法は、  最新型:UGR-655TS

 

↓このリンナイ製のコンロには、富士通製のアルカリ乾電池が使用されていました。

 

↓マンガン電池は、使用しない方が良い!

 

↓電池の交換が煩わしい方には、AC100V電源タイプもあります。

トッププレートに見える大型液晶は、お料理をサポートしてくれます。

※ガスコンロの下に電源が無い場合は、電気工事が必要になります。

(電気工事が出来るかは、現地確認が必要になります。)

 

 

福岡 ビルトインガスコンロでお困りの方は、ご相談ください。

 

まずは、専門診断にお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

↓ホームページのリンク

http://tricyclehouse.co.jp/kitchen.html

 

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。

博多の建築士三兄弟

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福岡 ビルトインガスコンロ... | トップ | 福岡 2015年省エネ住宅ポイ... »
最近の画像もっと見る

ビルトインガスコンロ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。