博多の建築士三兄弟! 豊かな食卓をつくる    ( トライクルハウス株式会社 )     電話:092-791-1801

福岡市、福岡近郊の住宅リフォーム
・ガス給湯器・ガスコンロ・レンジフードの修理/交換!

※住宅設備アドバイザー※

福岡 ノーリツレンジフード交換工事 NFG 福岡市西区愛宕浜

2016年03月08日 | レンジフード

■工事内容:スリムタイプ レンジフードの交換! 福岡市西区愛宕浜 高層マンション

ノーリツ NFGシリーズ NFG6S09MSI シルバー レンジフード交換(取り替え)工事

 

福岡 住宅リフォーム会社(西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

今回は、ノーリツ製のレンジフード NFGシリーズの工事の様子をご覧いただきます。(2015年末ごろの新商品です!)

高層階での強風対策として、レンジフードの奥から聞こえる「パタパタ音」を無くす、電動密閉式シャッターについてもご説明いたします。

スリムタイプのレンジフードで、LED照明をお好みの方には、参考になると思います。

 

■お客様からのご相談内容: 博多の建築士三兄弟のブログを見てご連絡をいただきました。

お客様: 『スリムタイプのレンジフードを検討しています。』

お客様: 『リンナイと、ノーリツでは、どちらがおススメですか?』

お客様: 『海辺のマンションの9階に住んでいます。強風対策はできますか?』

『ご連絡ありがとうございます!』  早速、専門診断へお伺いします。

 

↓住所:福岡市西区愛宕浜 大規模マンション (海辺・強風エリア) 

 

↓ノーリツをレンジフードを採用

 

↓とってもスリムになったレンジフード

 

↓お客様が選んだレンジフード

 

↓ノーリツ製のレンジフードの紹介

 

↓NFGシリーズの特徴

 

↓お掃除がラクラク!

 

 

 

商品の説明は、ここまでです。

 

↓早速、お客様のお宅へレンジフードの専門診断へお伺いしました。

設置から約15年経過したレンジフード ブーツタイプのレンジフード 照明が付いています。

フィルターの奥には、シロッコファンがありました。

 

↓レンジフードの横幅は、標準的な60cm

 

↓高さは、55cm  (通常よりも寸法が短い。)

 

↓奥行は、一般的な37cm

 

↓測定の結果 

 

↓設置を検討している NFGの商品寸法 設置できそうです。

専門診断は、ここまでです。

 

お客様へ、リンナイ製のLGRシリーズと、ノーリツ製のNFGシリーズをご提案しました。

(商品の共通点は、スリムタイプのレンジフードで、LEDが採用されている点です。)

(価格的に、NFGの方がお安く提供できそうなので、ノーリツ商品をおススメしました。)

 

強風対策として、「電動密閉式シャッター」もご提案しました。

 

メールでのやり取りの後に、NFGシリーズでご注文をいただきました。

『ご依頼 ありがとうございます!』

ご注文から、商品の納品まで6日かかりました。

 

 

↓ここからは、工事の様子です。 電動密閉式シャッター

海辺の強風地域では、電動密閉式シャッターの設置がおススメです。

 

↓電動密閉式シャッターの解説 (弁が閉じた状態)

 

↓ (弁が開いた状態)

 

↓レンジフード本体を開封して、電動密閉式シャッターを設置します。

 

↓標準仕様では、風圧式自然弁が付きます。 今回は、電動で開閉します。

 

↓重量のあるモーターを内臓したシャッターの設置

 

↓本体からのケーブルと、シャッターからのケーブルを繋ぎます。

 

↓シャッター側のケーブル

 

↓繋ぎました。

 

↓拡大写真

 

↓これで、強風時のパタパタ音が防げます。

 

↓それでは、本体の工事を開始します! 本体と前幕板を撤去します。

 

↓本体を撤去しました。 背面の木材の準備をしています。

 

↓同封品の設置ガイドを利用して、取付金具を固定します。

 

↓左側の取付金具を固定します。

 

↓右側の取付金具を固定します。

 

↓取付金具の固定ができました。

 

↓本体を引っ掛けます。

 

↓取付イメージ

 

↓電動シャッターは、後で設置したほうが良かったです。

 

↓アルミダクト 直径150mmを接続しました。

 

↓前幕板用の左右枠を設置します。

 

↓枠の取付イメージ

 

↓工事説明書には書いてありませんが、前幕板の裏面にアルミテープを貼ることで、板の隙間が無くなります。

 

↓前幕板は、左右の固定ビスで留めます。

 

↓メンテナンスが必要なときは、前幕板を外せます。

 

↓前幕板の設置が出来ました。

 

↓右側の吊戸棚の下端に揃えて、キレイに設置できました。

 

↓隙間が少しある場合は、シーリング材を充填します。

 

↓シーリングを充填すると、油の入り込みも防止できます。 見た目もキレイ!

 

↓完成しました! 撤去から完成まで、約2時間ほどかかりました。

 

↓NFGの分解図

 

↓内部の掃除方法のご説明 

※整流板を取り外す時は、 換気のスイッチを「切り」ましょう!

 

↓整流板は、取り外して丸洗いもできます。

 

↓オイルトレイの取り外し (通常は、オイルが溜まっているので、こぼれないように注意が必要です。)

 

↓反時計回りへ少し回す 

 

↓油がこぼれないように・・・

 

↓シロッコファンの取り外し

 

↓真っ直ぐ抜き取ります。 

 

↓取り外しは、簡単です。

 

↓丸洗い出来ます!

 

↓モーターが見えてきました。 内部もお掃除できます。

 

↓シロッコファンの戻し方

 

↓オイルトレーの戻し方

 

↓整流板の戻し方

 

↓正面からの写真 LED照明が明るく照らしています!

 

↓スリムなレンジフード NFGシリーズ

 

↓簡単なスイッチの説明

音の静かな弱風でも、吸引力があります。

 

↓上から見た写真

 

↓下から見た写真

 

↓今回採用した商品 ノーリツ製 NFGシリーズ  60cm幅・ガスコンロ連動無し

 (ガスコンロと連動する商品もあります。)

 

※レンジフード交換工事の様子はここまでです。

 

長いブログをご覧いただき、誠にありがとうございます!

 

↓福岡のレンジフード交換は、トライクルハウス株式会社へお任せください。

 

まずは、専門診断にお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

 

↓ホームページのリンク (レンジフードの詳しい情報が満載です!)

 

http://www.tricyclehouse.co.jp/rangfood.html

 

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福岡 寒かった…洗面脱衣室 ... | トップ | 福岡 リンナイガス給湯器の... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。