博多の建築士三兄弟! 豊かな食卓をつくる    ( トライクルハウス株式会社 )     電話:092−791−1801

福岡市、福岡近郊の住宅リフォーム
・ガス給湯器・ガスコンロ・レンジフードの修理/交換!

※住宅設備アドバイザー※

福岡 ユニットバス リフォーム 明るくて快適なユニットバスが好き 福岡県那珂川町

2014年09月11日 | ユニットバス

■工事内容:ユニットバスのリフォーム クリナップ ユアシスシリーズ

戸建ての浴室を、ユニットバス へ リフォームする流れをご報告いたします。

 

■お客様のご相談内容: 以前からのお得意様より、ご相談をいただきました。

『タイル張りの浴室を、ユニットバスに取り替えたいと考えています。』

『クリナップのショールームで、商品を 【ユアシス】 に決めました。』

『詳しい工事の内容を相談したいと思います。 よろしくお願いします。』

ご連絡ありがとうございます。 早速、ユニットバスのご提案にお伺いします!

 

■場所:福岡県那珂川町 ユニットバス リフォーム

000_000

 

000001

 

鋳物で出来た冷たい浴槽から、温かみのあるユニットバスに取り替えることが出来ました。

とても明るくて、快適になった浴室。 入浴のひと時が楽しみになりそうです!

タイル張りの浴室から、どのようにしてユニットバスに取り替えられるのか!

 

※ どのように打ち合わせや、工事が進められたのかご覧ください!

 

↓無料診断 ご家族のご要望、お住まいの問題点を整理します。

01_01

 

↓洗面脱衣室から、浴室への段差が気になります。

01_03

 

↓浴室の床は、常に濡れた状態でした。 浴室用のスリッパが必需品。

01_04

 

↓鋳物の浴槽は、表面が冷たく感じられます。  タイル目地の汚れも見られます。

01_05

お客様が工事を決意されたのは、浴槽の塗膜の剥離が原因の様です。

 

↓壁面のタイルに亀裂が入っています。 (解体工事の際に、原因を究明したい。)

01_06

 

↓天井付近には、古い換気扇が設置してあります。(換気能力が低いタイプ) 故障中

01_07

※浴室と洗面脱衣室を快適に使用するには、換気扇を上手く運転させることが必要です。

 

↓露出した照明は、水滴の付着などにより漏電の危険性があります。

01_08

換気扇の不良により、結露が発生していました。

 

↓洗面脱衣室へ約10cmの段差があります。 

01_09

バリアフリーにしたい。

 

↓外部の状態も確認します。

01_11

今回は、アルミサッシの交換も検討したいと思います。 しっかりとチェック!

 

↓洗面脱衣室は、湿度が高く、照明のせいか暗く感じられます。

01_12

 

↓洗面化粧台は、旧式のホウロウ製の洗面ボールが使われています。

01_13

 

↓洗面台の下では、少量の水漏れがあるようで木部が腐食しています。

01_18

※ご自宅の洗面化粧台の下部は大丈夫でしょうか!? ご確認を!

 

↓壁紙がはがれています。

01_21

後で分かりましたが、壁に使用されている木下地や鉄釘が腐食していました。

 

↓洗濯防水パンは、大型なものが使用されています。 

01_22

洗濯防水パンを小型なものに交換して、収納スペースを確保したいと思います。

 

↓洗面化粧台の照明用の配線が露出していました。 

01_24

配線を隠して、キレイにしたいと思います。

 

↓以前、オール電化の工事をした際に、メインの電線が露出配線になったようです。

01_25

見た目が良くない。

 

↓天井のコーナーには、長さ約4mの配線がみられます。

01_26

今回の工事で、電線を天井裏に隠したいと思います。

 

↓外壁の貫通部分は、隙間を埋める粘土が腐食しています。

01_27

カビの原因になる素材は排除したいと思います。

 

↓洗面脱衣室にある照明のスイッチ。 

01_28

古いタイプのスイッチから、大型のコスモスイッチに取り替えたい。

 

↓使い勝手の悪いコンセント

01_29

ドライヤーなどの電源コンセントは、洗面化粧台のコンセントを利用するように計画したい。

 

↓洗濯機まわりの設備 コンセント 水栓

01_30

※無料診断は、ここまでです。

 

■■ 浴室・洗面脱衣室の問題点のまとめ ■■

浴室の診断の結果 次の問題が分かりました。

ヾ控ど堽鼻А〕畆爾隆控だ陲故障している。 洗面脱衣室に換気扇が無い。

⇔笋燭ご恭弌А‐押κ鼻ν畫紊外気温に左右されやすい、タイルや鋳物で作られている。

0汰汗: 洗面脱衣室と浴室に段差がある。

ぢ深勝Π汰汗: 浴室の床面が常に濡れた状態にある。

タ縅海譟А\面化粧台の下部に水漏れの痕跡がある。

β深勝А\面脱衣室が多湿になり、壁面の下地が腐食。壁紙がはがれている。

美観・安全性: 洗面脱衣室の露出配線や、照明、スイッチの老朽化など電気系の問題。

 

□□ お客様のご要望♪ □□

.轡鵐廛襪覆弔り、価格を抑えて快適なユニットバスにしたい。

∩襪蓮⊂さめのルーバー窓にしたい。防犯性

M畆爾冷たくならないようにしたい。断熱できる浴室にしたい。

だ面脱衣室に換気扇をつけたい。

ダ面化粧台や、洗濯防水パンも交換してほしい。

洗面脱衣室もキレイにしてほしい。 壁紙や照明、スイッチなど

はい、分かりました!

 

診断内容と、お客様のご要望を勘案して、より良い提案をしています。

 

 

ここからは、採用した商品の説明です。

↓お客様がショールームで気に入られた「ユアシス」シリーズのカタログ

01_40

 

↓ユアシスのイメージ写真

01_41

ユアシスは、リーズナブルな商品ながら、充実の機能を備えています。

 

↓お客様との打ち合わせの際に、図面を使って情報を共有します。

01_42

 

↓図面、カタログ、写真を見ながら、じっくりと打ち合わせを進めます。

01_43

 

↓後日、お打ち合わせの結果をまとめて、パースを作成しました。(メーカー作成)

01_44

シンプルな仕様でまとめています。

 

↓パースや平面図、断面図を使って仕様を確認します。

01_45_2

 

↓壁のカラーは、ショールームで決めていただきました。

01_46

自分好みのユニットバスが作れます!

 

↓浴槽と、床のカラーは、明るいホワイト系を選択しました。

01_47

 

↓タイルの冷たさから解放してくれる保温性の高い素材で出来ています。

01_48

床の乾きが早いのも特徴です。(浴室用のスリッパが不要になります。)

 

ユニットバスは、お客様の納得のいく仕様にまとまりました。

 

↓次は、洗面化粧台です。

01_50

 

↓シャワー水栓も付いた、ベーシックな洗面化粧台です。

01_51

全体的にホワイトでまとめてみました。

 

■お客様からのご要望をまとめて、お見積もりを提出

 お客様より、お見積もりのご了解を受けました。

 ご注文をいただき、ありがとうございます!

 

 リーズナブルな商品で、最大限に快適な空間が出来そうです。

 

■ユニットバスをメーカーに発注します!

 仕様を細かく決めたユニットバスは、工場で個別に作られます。

 商品の注文から、納品まで2週間ほどかかりました。

 

■工事日の設定

1日目:解体工事、撤去、搬出、処分 

2日目:コンクリート土間工事、窓改修工事

3日目:下地処理、配管工事

4日目:ユニットバス設置工事

5日目:洗面化粧台設置工事。内装改修。照明交換、スイッチ、コンセント交換工事

6日目:清掃、洗濯機の設置 後片付け

 

↓それでは、いよいよ工事スタートです! 工事前の屋外写真

02_00_2

 

↓格子とアルミサッシを撤去しています。 湿度の高い日でした・・・ 暑い

02_01

 

↓鋳物で出来た浴槽を解体しています。 ガッガっがー 

02_02

 

↓二人ががりで、鋳物の浴槽を撤去しました。 モルタルの床壁が現れます。

02_03

 

↓振動ハンマーを使って、ボコボコと解体します。

02_04

気を付けて不要な給湯、給水管を撤去します。

 

↓タイルの亀裂や、配管の隙間から浸入した水が、下地材や配管を腐食させていました。

02_05

 

↓特に鉄管は、接続部分が腐食しやすくなっています。

02_06

※改修工事では、鉄管は使用しません。

 現在は、銅管、耐衝撃硬質塩化ビニール管やポリブデン管を使うことが多くなりました。 

 

↓されに解体を進めます。 床のタイルを剥がし、コンクリートも撤去します。

02_07

 

↓現況の床面から約50cm掘り下げて撤去進めます。

02_08

大量のコンクリートが撤去します。 手作業で、屋外に運び出します。

 

↓メーカーの担当者と、2度目の打ち合わせ。 最終調整中です。

02_09

「排水はここに・・・」「給水管はここに・・・」「出入り口の起点はここに・・・」など・・・

 

↓既存の排水管に、硬質塩化ビニール管を接続。所定の位置に排水管を固定します。

02_10

 

↓以前の床面から約50センチ掘り下げました。 地面を平坦に均します。

02_21

床が沈下しないように、しっかりと転圧します。

 

↓バケツ20杯分のコンクリートを流し込んで、しっかりとした土間をつくります。

02_22

 

↓出入り口廻りも撤去して、洗面脱衣室の工事も進めます。

02_24

古い洗濯防水パンを撤去して、排水管を工事中。

 

↓洗面脱衣室の天井面に露出していた電気配線を、天井裏に隠します。

02_25

 

↓縦長なルーバー窓を設置しました。 (窓の大きさは、自由にお選びいただけます。)

02_26

※タイル壁の亀裂の原因 考察

この建物は、軽量鉄骨造のため地震の際に大きく揺れたと考えられます。(筋違なし)

骨組みの大きな揺れに、タイルの壁が追随できずに亀裂が入ったようです。

建物の構造特性に合わせた、浴室づくりが必要になります。

(メーカーの商品によっては、特に地震に強い仕様のユニットバスもあります。)

 

↓壁面の断熱材も復元して、ユニットバスの設置に備えます。

02_27

ポリブデン管を使って給湯・給水管を新設しました。

 

↓アルミサッシの設置を屋外から見ています。

02_28

 

↓防水シートをしっかりと重ねて、屋外の下地工事完了。

02_29

 

↓コンクリートが硬化しました。

02_30

 

↓天井裏には、照明・換気扇の電線や、換気扇のダクトを準備します。

02_31_2

 

↓ユニットバスの設置工事日。 床から仕上げていきます。 午前9時よりスタート

02_40_2

メーカーの職人さんが工事をしてくれます。

 

↓2時間ほどで床が仕上がりました。 

02_41

 

↓壁のパネルを固定していきます。

02_42

 

↓壁のパネルが固定できました。

02_43_2

 

↓ここまで、5時間ほどかかりました。

02_44

全ての設置工事に8時間ほどかかりました。

 

↓扉を設置しました。 今回は、スペースの問題から折れ戸を採用しています。

02_45

 

↓仮撤去していた壁も、石膏ボードで復旧させます。

02_46

 

↓壁の補修中

02_47

 

↓露出していた電線の穴を塞ぎました。

02_48

 

↓洗面化粧台の裏面の壁です。 所定の位置に給水・給湯・排水管を準備します。

02_49

 

↓洗濯機を置くスペースもキレイにします。

02_50

腰壁の石膏ボードが湿気で傷んでいたので、張り替えることにしました。

 

↓電気配線を天井裏に隠すことが出来て、スッキリとしました。

02_51

 

↓重要! 洗面脱衣室に新しく換気扇を設置しました。

02_52_2

 

↓LED製のシーリングライトを設置しました。 照度が向上して明るい!

02_53

 

 

↓換気扇の作動イメージ

 ユニットバスの上の換気扇を作動させ、洗面脱衣室からも吸い込みます。

02_53_1

浴室まわりのジメジメから解放されます!

 

↓壁紙工事開始です。 

02_60

古い壁紙を撤去して、壁面の凹凸を無くすためにパテ塗をします。 平らに・・・

 

↓ジャン! 壁紙工事が完了しました。 新築のお家のようにピカピカになりました。

02_61

 

↓奥様もにっこりの明るくて、快適な洗面脱衣室になりそうです。

02_62

 

↓階段下の洗濯機スペース。 

掘り下がった天井面は、奥様の身長よりも高いので、棚を撤去して広々とお使いいただきます。ちょっと小技を使いました。

02_63

以前よりも、30cm広く使えます。

 

↓凸凹していた天井もスッキリしました。

02_64

 

↓洗面化粧台の裏面にも壁紙を貼って、壁紙工事 完了

02_65

 

↓浴室も、洗面脱衣室もホワイトカラーで統一。(グリーンは、養生のテープです。)

02_66

 

↓ユニットバスの内部をご覧ください。

03_01

 

↓ユニットバスは、以前の問題点から解放される仕様になっています。

03_02

乾きやすい床。保温性の高い浴槽。

 

↓窓のある面は、アクセントカラーのオークナチュラルにしました。

03_04

 

↓広々カウンターも採用

03_05

 

↓鏡や収納はシンプルなものを選びました。 さまざまなオプションがあります。

03_06

 

↓温度調節が簡単なシャワー水栓を選びました。

03_07

 

↓ドーム型の天井と、照明。 安心の照明になりました。

03_08

 

↓換気扇は、2室換気機能を選びました。

03_09

 

↓段差の無い出入り口なので、安全性が向上しました。

03_10

 

↓不要なコンセントを撤去したので、スッキリしました。

03_20_2

 

↓水栓の接続は、水漏れの心配のない仕様になっています。

03_21

 

↓今回は、1面鏡を選びました。

03_22

 

↓隙間を埋めるシーリングは、必ず行っています。 重要です。

03_23

 

↓小型の洗濯防水パンを設置したので、右側を収納スペースとして使用できます。

03_24

 

↓シンプルなワンタッチ水栓に交換。コンセントも新しく交換しました。

03_25

 

↓照明スイッチも大型のスイッチに交換しましまた。

03_26

 

↓大型コスモスイッチへ交換。 壁紙は、塗り壁調の仕様にしています。

03_27

 

↓お客様のご希望で、掃除機用のコンセントを新設しました。

03_28

 

↓面格子付きダブルルーバー窓を新設

03_30

 

↓取手を回すと開閉します。

03_31

 

↓外壁の工事も完了しました。 

03_32_2

今回は、窓を小さくしたので外壁面はサイディングで塞ぎました。

いずれ外壁の塗装をすれば、色合いの違いも解消されます。

 

※工事の報告は以上になります。

 

 

↓イメージ写真

03_50

 

↓イメージ写真

03_51

 

↓イメージ写真

03_52

 

 

今回は、以前からのお得意様からの依頼でした。

ご主人様より 

「トライクルハウスさんの技術を信頼しています。」

「期待どおりにかんせいしました。ありがとうございました。」 と、お言葉をいただきました。

 

こちらこそ、誠にありがとうございました。

今後も、末永くメンテナンスを担当させていただきます。

 

トライクルハウスでは、ご家族の生活が快適になる「質の高い場所やもの」をご提供しています。

 

快適なお浴室づくりは、トライクルハウスまでお気軽にご相談ください。

999

 

 

あなたのお困りごとをお聞かせください。 ご連絡をお待ちしております。

?092-791-1801

■住所:福岡市南区高宮1丁目9-18

■営業時間

平日 :午前9時〜午後7時

土曜日:午前9時〜午後6時

日曜日・祝日:休日

 

↓トライクルハウス株式会社ホームページ  博多の建築士三兄弟

http://www.tricyclehouse.co.jp/index.html

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

福岡 花粉対策リフォーム 疲れを癒す浴室(ユニットバス)のリフォーム 部屋干し換気乾燥暖房機付き

2013年10月11日 | ユニットバス

福岡 ガス給湯器のメンテナンス会社 (西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

■工事内容:花粉対策 浴室(ユニットバス)のリフォーム 換気乾燥暖房機付き

今回は、中古マンションの購入に伴うリフォームについてご報告いたします。

マンションのユニットバスがどのように交換されるのかご覧ください。

お住まいのマンション管理組合に対する、工事申請についても参考になると思います。

■場所:福岡市南区高宮

↓まずは、ユニットバスのビフォーアフターから ご覧ください。

01

ユニットバスのサイズはそのままに、機能性を向上させた浴室になりました。

水栓器具の変更で「節水」、断熱性能の向上でエコなユニットバスに大変身。

 

↓ご家族のご要望は、「暗い浴室をもっと明るく快適にしたい」

     01_1_3

 

 

↓今回は、特に浴槽にこだわりました! 流線型で、入り心地が抜群です。

03
 

 

お客様は、入浴のし易さと、節水やお湯が冷めにくい機能に魅力を感じたようです。

小さなお子様と一緒に入るお風呂が楽しくなりそうです。

 

↓浴槽の保温力について

04

 

↓肌触りの良い浴槽です。

06

 

↓今回は、お客様のご希望で、LIXILのユニットバスをさいようしました。

 具体的な商品を選ぶために、

 『LIXIL福岡水まわりショールーム』にお客様と一緒に行きました。

07

↓LIXILショールームの2階にあるユニットバスコーナー

 商品を体感しながら、具体的な相談が出来ます。

07_1

 

↓マンションリフォームに適した商品が展示してあります。

07_2

 

↓実際に手に触れて確認できるので、安心して計画を進められます。

 知りたいことは、ショールームのスタッフが丁寧に説明してくれました。

07_3

 

↓マンションリフォームに適した商品『リノビオV』 この度、商品が一新されたようです。

07_4

 

↓リノビオVの最新カタログ

07_5

 

↓その他、色見本の中から壁面のカラーが選べます。

 後に、イメージパースの作製もしてくれます。

07_6

 

↓ショールーム見学のあとに、イメージパースが完成しました。

02

(計画の途中で、木目の壁面に変更しました。 設備は変わりません。)

 

 

 

次は、お住まいのマンションに伺って、古いユニットバスの診断です。

 

↓まずは、ユニットバスの寸法を調査します。

10

 

↓幅・奥行・高さ寸法を確認

10_1

 

↓その他、主要な設備を確認します。

 古いユニットバスには、暖房乾燥機付き換気扇が設置してありました。 故障中。

11_1

 

↓天井の点検口から、天井裏の状況を確認します。

 電気配線・換気扇のダクト方法など、天井裏の高さなども確認します。

11_2

 

↓その他、出入り口の寸法や、壁の厚みを確認します。

12

 

↓ユニットバスの出入口には、木製の敷居がありました。

13

 

このほか、現状の給湯方式(浴室への追い炊き機能)や給湯器のリモコンなど

細かな仕様も確認します。

 

↓今回のユニットバスは、前回と同じ1418サイズでつくることになりました。

 お住まいによっては、ワンサイズ大きなユニットバスに出来る場合もあります。

16

 

 

 

診断の情報をもとに、商品の図面やお見積書を作ります。

この作業と並行して、マンション管理組合への申請手続きの準備もします。

 

 

★お客様よりご注文をいただきましたので、商品をメーカーに注文しました。

 

通常、ご注文から商品の納品まで2週間ほどかかります。

リフォーム全体の工期は、仕上げ工事を加えると通常3週間〜4週間かかります。

参考にしてください。

 

 

↓それでは次に、工事の準備を開始します。

 マンション管理組合からの承認を受けた後、上下階や、お隣のご家族へ工事の

 ご挨拶をします。

 工事の当日には、お住まいが汚れない様に仮設の養生を行います。

17_2

 

↓エレベーターホールも仮設の養生

18

 

↓エレベーターホールも仮設の養生

19

 

 

商品の納品まで期間は、ユニットバスの工事を行います。

 

↓換気扇も止まった密室での作業は、熱さで汗びっしょりです。

 水漏れなどが無いように慎重に解体していきます。

30

 

↓天井を撤去すると、上階のコンクリートが見えてきます。

 

 この日は、奥さまが工事の見学に来られました。

 建物の裏側を見て 「興味深く、面白いものを見せていただきました。」と言われました。

 建物の小屋裏や、床下を見るのは、結構面白いのかも知れません!

31

 

↓ユニットバスの壁を撤去すると、裏側から遮音目的の断熱材が出てきました。

 汚れているので、撤去することにしました。

32

 

↓写真の壁の裏側には、左手に廊下、正面に寝室があります。

32_1

 

↓遮音のために、断熱材を新設しました。 換気用のアルミダクトも延長。

32_2

 

 

↓隙間なく断熱材を敷きつめたので、遮音効果は高まったと思われます。

32_3

 

↓工事中のホコリや、新築当初からと思われるコンクリートの粉塵も、掃除機で

 キレイにお掃除します。

33

 

 

 

■注文から2週間が経ちました。

 

 

↓ここで、リフォーム用のユニットバスの構造をご覧ください。

39_3

以前よりも細かく分割できるので、搬入もし易く、工期も短縮できます。
 

 

↓技術的な情報ですが、ご覧ください。

39_1

 

↓いよいよ、ユニットバス本体の工事が始まります。 朝9時から工事スタート!

40

 

↓数時間後、床ができました。 

40_1

 

↓浴槽パンを中心に、給水・給湯・排水・追い炊きの配管がされています。

40_2

 

↓左手が出入り口、右手がシャワー水栓が付く壁です。

41

 

↓工事に使う部品は数が多く、職人さんも大変そう。

 段取り良く丁寧な仕事をしていただきました。 感心しながら見学中!42

 

↓昼食をはさみ午後になり、完成が近づいてきました。43

 

↓写真の状況までがメーカーの施工になります。

44

 

 

 

ここからは、ガス給湯器や、換気扇のリモコンをトライクルハウスで取り付けます。

 

↓天井点検口は大きいので、将来のメンテナンスも安心。

 天井裏の最終確認をしています。

45

 

↓いよいよ私たちの仕事です。

 出入り口廻りの壁を再生します。

45_1

 

↓出入口の仕上げ材の写真。硬質な樹脂に、保護シートが貼られています。

46

 

↓額縁を規定の寸法に加工しています。 電動丸のこで切ります。

47

 

↓額縁を組み立てて、カンナで微調整中!

47_1

 

↓額縁をユニットバスにセットします。

48_2

 

↓額縁をビスで固定中

49

 

↓額縁の上部、左右の壁を、石膏ボードで補修しました。照明スイッチも移設。

51

 

↓石膏ボードの隙間をパテ埋めして、壁紙を貼る準備をします。

52

 

↓壁紙の職人さんに、洗面脱衣室の壁紙、床のクッションフロアを貼ってもらいます。

53_2

 

↓跡形なくキレイに補修が出来ました。

54

 

↓床と額縁もキレイになりました。

55

 

↓全ての工事が完了したので、仕上げの大掃除をします。

 鏡の保護シートを剥がしています。

60

 

↓明るく快適なユニットバスが完成しました!

61_2

 

↓ここで、床の中心にある排水口のお話。

62_1

 

↓照明も明るく、以前よりも大きく感じるユニットバスになりました。

63
 

 

↓鏡のお話。

63_1

 

↓採用した浴室シャワー水栓。

64

 

↓クランクレス水栓を採用

64_1

 

↓参考に拡大写真を撮りました。

65
 

↓左から

66

 

↓右から

67

 

↓おススメの多機能シャワー  大型のシャワーヘッドでした。

68

 

 

↓節水しながら、気持ちの良いシャワーが浴びられそうです。

68_1

 

↓花粉症対策 換気感想暖房機について

69

 

↓換気扇にプラスの機能をつけました。 

69_1

 

↓リモコンを見ると、基本的な機能が分かります。

 入浴前の暖房や、物干し乾燥の機能が特に気になります。

69_2

花粉症の気になるご家庭では、乾燥機能を使って浴室での部屋干しができます。

 

↓今回採用した機能を、まとめてみました。

70

 

↓製造メーカーが作成した提案書より抜粋しました。

80

 

81

 

82

 

83

 

ユニットバスの商品の説明はここまでです。

参考になりましたでしょうか?

 

 

 

次は、マンション管理組合への申請についてアドバイスします。

 

 

↓管理組合の約款の一例 

 リフォームの内容が約款の内容に該当しないのか? 確認しましょう!

90

今回のマンションの約款には、

『専有部分の修繕等の工事を行う良い邸の20日前までに理事長に提出してください。』

とありました。 

近々、リフォームをお考えの方は、ご自身のマンションの決まりを確認してみましょう!

 

 

↓明るくて快適な浴室になりました♪ 

95

 

 

↓ご相談から、完成まで約4週間の出来事でした。  参考になりましたでしょうか?

96

 

■これから中古マンションのご購入や、リフォームをご検討のお客様へアドバイス。

 

ご家族ひとりひとりの想いを反映した、快適な住まいを作るために、

出来るだけ早い段階で、住宅の専門家に診断してもらいましょう!

 

 

ほとんどのご家庭の浴室は、ユニットバスへの交換が可能です。

 

どのようなユニットバスがあるのか気になる方は、メーカーのショールームの

ご見学をおススメします。

リフォームを段階的に進めると

々イな商品を取り扱っているメーカーを見つける。
△修両ι覆旅事ができるリフォーム会社を見つける。 
ショールームでユニットバスを体感してみる。
し弉茲防要な図面と、見積りをリフォーム会社に依頼する。

 → 予算と要望のバランスをとりましょう。
ゥ泪鵐轡腑鵑任△譴弌管理組合の承諾を得る。近隣へのご挨拶。
工事実施!
Г気蕕法快適な生活のスタート
┥来もメンテナンスも視野に入れましょう。

 

お客様は、このような要望をもってユニットバスの交換されています。

〕畆爾鬚發辰醗汰瓦砲靴燭ぁ(バリアフリー・手すりの設置など)
△發辰函快適に入浴したい。
節水・節電して、エコな浴室にしたい。
は卦牴宗ο蛙綢从。

ゲ嵎澗从として、浴室乾燥機がほしい。

 

建築士からのアドバイス
.瓠璽ー選びは、お客様の直感がたより!しっかりと情報を得て、直感で決めましょう!
▲螢侫ーム会社選びは、困ったときに駆けつけれくれる会社なのか?が決め手です!
マンション管理組合への手続きは、意外に大変です。

 早めに資料を取り寄せて申請しましょう!

※計画は、出来るだけ早い段階でスタートさせましょう!
(計画開始から利用開始まで、40日が目安!)

 

まだまだ知りたいことがある方は、住宅設備アドバイザーの無料診断をお申込みください。

Top4_03_brog

 

トライクルハウス株式会社 建築士三兄弟

http://www.tricyclehouse.co.jp/index.html

 

 


この記事をはてなブックマークに追加