博多の建築士三兄弟! 豊かな食卓をつくる    ( トライクルハウス株式会社 )     電話:092−791−1801

福岡市、福岡近郊の住宅リフォーム
・ガス給湯器・ガスコンロ・レンジフードの修理/交換!

※住宅設備アドバイザー※

福岡 システムキッチン リフォーム 使い勝手の良い真っ白なキッチンが好き 福岡市南区桧原

2014年08月19日 | キッチン

■工事内容:システムキッチンのリフォーム クリナップ クリンレディシリーズ 福岡市南区桧原

福岡 リフォーム会社 (西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

■キッチンスペースのフルリフォームのご報告をいたします。

 

■お客様のご相談内容: トライクルハウスのホームページを見て、ご相談をいただきました。

『油汚れで困っています。今のキッチンを何とかしたいと思っています。』

『部分的な交換も考えましたが、全面的に綺麗にしたいと考えています。』

『トライクルハウスさんで、提案してください。よろしくお願いします。』

ご連絡ありがとうございます。 早速、ご提案にお伺いします!

 

■場所:福岡市南区桧原

0000_3

ご要望の真っ白なキッチンが出来上がりました。

とっても明るくなって、気持ち良くお料理が出来そうです!

キッチンのリフォームの大技小技!

 

※ どのように打ち合わせや、工事が進められたのかご覧ください!

 

↓無料診断の様子 問題点を明確にしていきます。

0101

 

↓キッチンで使われている色の多さも気になります。緑・茶・乳白色

0102

 

↓タカラスタンダード製のホウロウ扉はしっかりしていました。

0103

 

↓キレイにお掃除をしてお使いですが、フードのお掃除が大変な様です。

0104

 

↓すっきりと明るいキッチンにしたい♪

0105

 

↓食洗機の電源が、天井面から吊り下がっているのも気になります。

0106

 

↓暗いイメージの壁と天井。 収納力不足も感じられます。

0107

 

↓勝手口の上部: 壁と扉のイメージも一新したい。

0108

 

■■ 築30年のお住まいの問題点! ■■

キッチンの診断の結果 次の問題が分かりました。

.譽鵐献奸璽匹プロペラファンのため、換気能力が低い。

∩澗療に収納力が不足している。

キッチン全体に統一感が無い。(色がまばら)

で喊經匹ら床への水漏れの痕跡がある。

タ洗機の給水管や、電源ケーブルが露出して見た目が良くない。

Εウンターの高さが80cmのため、お客様の身長に合っていない。

壁面にお掃除がし難いタイルが使われている。

┘灰鵐蹐筌轡鵐廻りの照明が機能していない。手元が暗い。(レンジフード照明なし)

IHコンロは、10年使用しているので、そろそろ交換の時期。(故障はなし)

 

□□□ お客様の当初のご要望♪ □□□

.肇薀ぅルハウスさんのホームページで見たような、白いキッチンが好き♪

▲ウンターの高さを上げてほしい。85cmを希望。

システムキッチンの扉は、スライド式にしてほしい。

ず陵僂垢訃ι覆蓮内部が腐らない木製で無いものにしてほしい。

ゥ譽鵐献奸璽匹筍稗肇灰鵐蹇水栓は、良い商品を提案してほしい。

 

■■■ お客様の最終的なご要望♪ ■■■

.リナップのショールームに行きました。クリンレディに関心があります。

⇔し台の内部までステンレスの商品が良い。

D澹傭は、楽に使用できる昇降式の商品が良い。

 

はい、わかりました!

 

診断内容と、お客様のご要望を勘案してより良い提案をいたします。

 

ここからは、採用した商品の説明です。

0110

クリナップのクリンレディを採用しました。 良質なステンレスが特徴!

 

0111

写真の内容から、コンロとレンジフードを変更しました。

 

 

↓クリンレディを選んだ理由は!?

0112

実物も、表面の肌理の細かいステンレスが使われています。

 

↓将来的にも安心の構造です。

0113

 

↓足元までしっかりと収納できるので助かります!

0116

 

↓収納量を確認するには、ショールームで見学するのがおススメです。

0117

 

↓標準でサイレントレールが付いてきます。(ゆーくりっ、完全に閉まる扉)

0118

 

↓ワークトップは、人造大理石へ自由に変更できます。

0119

底板のステンレスは、特に注目の仕様です。

 

↓扉のグレードやカラーが選べます。

0120

 

0121

 

0122

 

↓Cクラスのクリスタホワイトをお選びいただきました。

0123

 

 

↓お客様のご要望と、現状の問題点を考えてプランニングしました。

0124

キッチンのプランニングは、私が担当しました。

 

↓限られた予算の中で、最大限のご提案をしました。

0125

 

 

↓まとめた内容を、メーカーさんにお伝えして図面を起こしてもらいました。平面図

0130

 

 

↓姿図・断面図

0131

 

↓完成予想パース

0132_2

 

■お打ち合わせ

全ての資料が揃いました。お客様と最終的な打ち合わせを始めます。

現状の問題点と、お客様のご要望・御予算とのバランスを取りながら打ち合わせを進めます。

 

キッチンのリフォームだけでも多くの確認ポイントがあります。

ひとつひとつ問題が無いか?、お客様のご要望通りになっているか?

確認しながら進めます。

 

■あれこれとお客様と一緒に悩む…

時間をかけてお打ち合わせをして、プランを書き換えて、工事内容を満足いくものにまとめます。

(今回はお打ち合わせに、あれこれと2週間ほどかかりました。)

 

お客様のご要望と、御予算とのバランスが取れました! 最終的なOKをいただきました。

 

■ありがとうございます!

 ご注文をいただきました。

 

■商品の発注

ご注文の商品をメーカーに発注いたします。

メーカー工場での生産から、手元に届くまでに、二週間ほどかかりました。

※全体の計画として、1か月以上前からご相談をいただいたほうが、

 想い通りのキッチンづくりが出来ます!

 

■工事日の設置

工事の期間は、5日間いただきました。 (台風が到来し工事が一時中断しました…)

1日目:解体工事、搬出、処分

2日目:下地処理、配管工事

3日目:台風後→システムキッチン・カップボード組み立て工事

4日目:キッチンの壁紙工事、照明交換、スイッチ・コンセント交換工事

5日目:シーリング工事・清掃後片付け工事

 

↓それでは、いよいよ工事スタートです!

0200

既存の流し台と取り外すと、モルタルの下地が見えてきました。 

既存の給水管、給湯管のルートを変更するために解体します。

 

↓流し台の床面を見ると、床材が腐食していました。

0201

排水パイプから水漏れがあったようです。 

 

↓レンジフード・吊戸棚の下地が見えてきました。

0202

 

↓不要な壁は撤去します。

0203

 

↓側壁に石膏ボードを貼り、化粧パネルを貼る準備が出来ました。

0206

壁に開いた丸い穴は、水栓の後です。 今後は使用しないので、撤去します。

 

↓次に化粧パネルの準備です。

0207

 

↓側壁に化粧パネルを貼り、壁紙も貼りました。 

0208

壁紙は、多くの商品の中から油汚れに強いものをご提案しました。

 

↓換気扇の屋外フード

0209

防水の観点から、屋外のフードを再利用することになりました。

 

↓背面の壁面:キッチンの背面にあるカップボード部分を見てみましょう!

0210

以前食器棚が置いてあった部分に、新しくカップボードを設置します。

 

↓背面の壁面:吊戸棚を壁面に設置するために、針葉樹合板を下地に貼ります。

0210_1

 

↓レンジフード・吊戸棚が取り付けられるように壁面を補強しました。

0211

 

↓最初にレンジフードを設置します。

0212

 

↓システムキッチンが届きました。20近い段ボール箱が運び込まれます。

0214

 

↓流し台を設置します。

0215

ボディは、カタログの情報通りのステンレス仕様です。

 

↓運んでみると思ったよりも軽く感じましたが、組み立てるとしっかりとした強度があります。

0216

腐っていた床材を一部補修しました。 強度のある床面は残しました。

 

↓シンクの下部分を設置しています。

0217

暑かった。

 

↓作業中は、吊戸棚に保護フィルムが貼られているので、擦り傷などが付きにくい。

0218

 

↓小技のひとつ「コンセント・スイッチの交換です。」

0219

交換することで、ガラッと雰囲気が変わります。

 

↓食洗機を置くカウンターも化粧パネルを貼ります。

0220

 

↓すべてのコーナーにシーリング材を充填します。

0221

防カビ入り材のシーリング。 今回は、ホワイトを採用。

 

↓ビルトインのIHコンロです。

0222

ガスが専門ですが、電気の資格も持っているので、オール電化もお任せください!

 

↓調光付きのLED照明に交換しました。

0301

ホワイトで統一しました。

 

↓吊戸棚には、ムーブダウンの機能を付けました。

0302

照明が2か所あるので、手元が明るくなります。

 

↓吊戸棚に追加した機能です。

0302_01

ムーブダウン吊戸棚の短所は、収納量が少し減ることです。(ショールームで要確認!)

 

↓吊戸棚の保護フィルムを剥がすと、光沢が現れました。

0303

レンジフードは、シロッコファンとホウロウ整流板を採用しています。

(お掃除のし易いレンジフードになっています。)

 

↓お掃除もしやすい素敵なキッチンになりました。

0304

食洗機の電源と給水管を新設したのですっきりとなりました。

 

↓カップボードもキッチンの扉と同じクリスタホワイトで統一しました。

0305

 

↓カタログより

0306

カウンター部分に電子レンジ、下段に炊飯器が置けます。今回は横幅120cmの場合。

 

↓食器棚と、収納棚の機能を併せ持ったカップボードです。

0307

 

↓カップボードの下段

0308

 

↓食器棚スペースの扉の内部です。

0309_2

 

↓左側、上段の引き出し収納。スプーンやフォークが収納できます。

0310

 

↓左側、中段の引き出し収納。 収納量は中。

0311

 

↓左側、下段の引き出し収納。 収納量は大。

0312

 

↓炊飯器の上には、排気ファンが付いています。 

0313

 

↓自動で炊飯器の上を排気してくれます。

0314

 

↓スライド式になので、炊飯器が使いやすくなっています。

0315

 

↓大型のものを収納できます。

0316

 

↓ここからは、シャワー水栓です。 エコ水栓を選びました。

0317

 

↓通水試験中!

0319

 

↓引き出し出来るので、シンクの隅々まで洗い流せます。

0320

 

↓IHコンロは、ビルトインタイプになり使いやすくなりました。

0321

操作スイッチが上面にあるので、使い勝手が良くなっています。

 

↓今回は、スタンダードなIHコンロを採用しました。

0326_2

黄色い部分は、ラジエントヒーターで出来ています。

 

 

 

※システムキッチンの工事説明は、ここまでになります。

今回は、台風の影響もあり5日間の工事となりました。

 

 

 

↓この他、インターフォンがカメラ付き出なかったので、インターフォンを交換することになりました。

0327

通話テスト中の写真

 

↓この他、リビングドアのご相談を受けたので、交換することになりました。

0328

ねこちゃんが通り抜けられる、リビングドアに交換しました。

 

この他、襖の交換も承りました。 ありがとうございます。

 

 

今回は、ホームページを通じてトライクルハウス蠅鮹里辰討い燭世い燭客様です。

奥様より 「あなた達に頼んで良かった。」 と、温かいお言葉をいただけました。

ご依頼、誠にありがとうございました。

今後も、末永くお付き合いさせていただきます。

 

 

トライクルハウスでは、ご家族の食卓が豊かになる「質の高い場所やもの」をご提供しています。

 

豊かな食卓づくりは、トライクルハウスまでお気軽にご相談ください。

999

 

 

あなたのお困りごとをお聞かせください。 ご連絡をお待ちしております。

 

 

トライクルハウス株式会社 博多の建築士三兄弟

http://tricyclehouse.co.jp/systemkitchen.html

 


この記事をはてなブックマークに追加

福岡 システムキッチン リフォーム 明るくて快適なシステムキッチンに取替えたい! 福岡市早良区城西

2013年08月16日 | キッチン

■工事内容:システムキッチンのリフォーム クリナップ ラクエラ シリーズ 

福岡 ガス給湯器のメンテナンス会社 (西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

■今回は、古くなったシステムキッチンの交換について ご報告いたします。

 

■お客様のご相談の内容: お得意様のご紹介で、ご相談をいただきました。

 『レンジフードが壊れて、長いこと我慢してきました。』

 『家族で楽しんで料理ができるキッチンを作りたいです。』

 『ショールームに行く時間が取れないので、提案をお願いします。』

 ご連絡ありがとうございます。 早速、無料診断にお伺いします!

 

■場所:福岡市早良区城西

0000_5

 

工事をすると、とてもスッキリした表情に変わり、使い勝手も良くなりました。

 壁が輝いているの 分かりますか?

 

※ では、どのように打ち合わせや、工事が進められたのでしょうか!?

 

■■ 築30年のお住まいの問題点! ■■

 

キッチンの診断をした結果 次の問題がわかりました。

ヾ控だ瀏・ガス設備の老朽化がある。

排水管からの水漏れの痕跡がある。

タイル目地に こびり付いた油汚れがある。

ぅ轡鵐が広すぎて作業スペースが狭い。使い勝手が悪い

ゼ蠍犠般世壊れている。

α澗療に扉などの収納部分が、破損もしくは劣化している。

Д轡鵐の下から、カビなどの異臭がする。

┯鼎つ翰器具が溜まり、収納力が低下している。 キッチンも断捨離!

 

↓無料診断の様子 問題点が明らかになりました。

Z20

 

↓流し台の様子

Z21
 

 

 

↓汚れた額縁も気になります。

 

Z22

 

↓内部が開けずに、お掃除が出来ないレンジフード

Z26

 

↓収納がし難い、コーナーのデットスペース

Z27

 

お客様に診断の結果をご報告して、お客様がこれからどのようにしたいのか

お話を伺うことにしました。

 

お客様のご要望!

,箸砲く綺麗なキッチンにしたい。 家族で料理を楽しめる場所!

¬世襪白いイメージにしたい。

収納しやすい様に、スライド式の扉にしたい。

ぅスコンロは、3口にしたい。

ゼ分たちでは、分からないことが多いので、中島さんに色々と提案してもらいたい。

 

 

はい、わかりました!

 

無料診断と、お客様のご要望を勘案してより良いご提案をいたします。

 

 

まずは、おススメのキッチンメーカーのご紹介!

↓お客様には、トライクルハウスの取り扱いメーカーのお話をしました。

Maker

 

TOTO、タカラスタンダード、SUNWAVE、Panasonicなど、

お客様との相性を考えて、商品を選定していきます。

通常であれば、メーカーのショールームの見学をお勧めしますが、

今回は、お客様の御要望により、カタログの中から判断していただきました。

 『これからキッチンをご検討される方には、ショールーム見学を強くおススメします!』

 

そこで、選ばれたのが、クリナップの商品。

↓ステンレスの商品が魅力的なクリナップのカタログ

 

Maker2

 

この中から、rakuera ラクエラ シリーズを選んでいただきました。

↓ラクエラのカタログより

Z02

 

↓この、真っ白なイメージ いかがでしょうか?

Z03

 

↓ワークトップは、新しいステンレスタイプも魅力的です。

Z04
 

Z05

 

ひと昔前のステンレスの流し台とは違う、ドット柄コイニング加工。

 

↓限られた間口の中から、商品を選定していきます。

 ※今回は、I型スライド収納プラン

Z09

 

↓大きさを決めていきます。

 ※今回は、間口240cm 奥行65cm

Z10

 

↓シンクの腰の高さ 吊戸棚の高さ

 ※今回は、お母様の身長からワークトップを80cmに選定。

   吊戸棚は、窓の高さを考慮して60cmを選定。

Z11

 

↓お好みの色は?

 今回は、コンフォートシリーズの アロマホワイトを選定!

Z12

 

Z13

今回は、お客様のご要望から、食器洗い乾燥機を除外しました。

ガスコンロとレンジフードは、リーズナブルながらもっとも使いやすく、白いイメージに合うシルバータイプのものを選定。

水栓は、ホースが延びるシャワー水栓を選定。

 

↓あれこれと考えて、ご提案したのがこのプラン!

Z01

 

 

↓トライクルハウスの打ち合わせコーナーにて  住所:福岡市南区高宮1-9-18

Z30_1

色々なカタログを開いてイメージをまとめていきます。

 

↓カタログをあれこれと見比べると、自分の好きなキッチンが見えてきます。

Z30_0

 

↓図面を書いてイメージを具体的にまとめます。

Z30_2

 

 

このプランの決め手は、キッチンの横幅を230cmから240cmに広くして、シンクの位置や大きさを変えた点です。

冷蔵庫の位置をシステムキッチンの横に移動! すっきりと広々になりそうです。

 

↓洗うシンクスペースと、調理する作業スペースをバランスよく配置。

 三口コンロになります。

Z31

 

↓流し台は、スライド収納にすることで、収納力がアップします。

 

Z32

CAボード→ キッチンパネルの意味

 

↓パースで見ると、このようになります。

Z33

 

↓扉のカラーは、アロマホワイトを選びました。 

 ライン取手にすることで、すっきりとした表情になります。

Z34

 

↓ステンレスシンクは小型 ステンレスワークトップを採用。

Z36

 

↓収納力は、格段に上がりそうです。

Z35

 

↓リーズナブルで、使い勝手の良い設備の中から、明るいイメージのものを選んでいます。

Z37

 

全ての資料が揃ったので、お客様と最終的なお打ち合わせを始めます。

現状の問題点と、お客様のご要望を精査して出来たプランを見ていただきます。

 最終的な打ち合わせの際には、カウンターの腰の高さや照明までの高さなど、

 基本的な仕様に問題が無いか、しっかりとお話をしています。

 

 

今回は、ご提示したプランからの大幅な変更はありませんでしたが、水栓の形状だけ変更しました。

最終的なお打ち合わせで大切なのは、やはり工事金額についてです。

 

工事の明確な範囲や、総工事費について食い違いが無いように図面や、書面にて明確に確認しています。

 

■ありがとうございます!

 お客様は、プランが要望通りで予算内に納まる事から、工事のご注文をいただきました。

 誠にありがとうございます。

 

■商品の発注

ご注文をいただきましたので、メーカーに商品を発注し工事日を設定します。

商品は、工場で生産するため納期が10日ほどかかりました。

 

■工事日の設定

工事の期間は、3日間

1日目:解体工事と、下地処理工事、壁の仕上げ工事

2日目:システムキッチン組立工事・給排水ガス設備工事

3日目:キッチンの壁紙工事、天井照明交換工事、清掃後片付け

 

↓それでは、いよいよ工事スタートです!

Z39

 

↓下の流し台を取り外すと、排水口付近で水漏れの跡が見つかりました。

床板の材料が腐食して、床板が「ブカブカ」と浮いている状態です。

工事では、問題の床材を撤去して針葉樹合板で補強します。

Z40

 

↓ガス台を取り外すと、隙間に入り込んだ油汚れが見えてきました。

Z41

普段は、お掃除できない場所なのでしっかりとキレイにしたいと思います。

今回は、タイルを全て撤去するので、キレイになった壁を見るのが楽しみです。

 

↓タイルと下地のモルタルを全て撤去した様子です。

Z43

30年前のタイルの下地は、木製の板を使っていました。

木材は、乾燥して強度もあるのでこのまま使用します。

 

↓ちょっと写真では分かりにくいのですが、吊戸棚の背面には、内壁の板が張られていませんでした。

修復工事では、新しい吊戸棚の固定のためにも、内壁に針葉樹合板を張ります。

Z44

 

↓全ての撤去工事が完了しましたので、配管設備の準備をします。

Z46

 

↓次に、壁の下地の施工を進めます。 今回は、針葉樹合板12mmを張りました。

Z48

 

↓壁を仕上げながら、配管の工事をしています。

 新しいシステムキッチンの図面通りに、水・お湯・排水・ガス管の配管をします。

Z49

 

腐っていた床材も撤去して、新しく補強をしました。

 

↓タイルの代わりに施工するのが、キッチンパネル

 とってもお掃除がしやすくなります。

Z50

 

↓新しいレンジフードの排気口と電源の準備も進めます。

 直径150mmの排気管を設置しました。 古い排気口は、合板で閉じています。

Z52

 

※1日目の工事は、すべてのキッチンパネルを設置して工事完了です。

 

 

 

↓工事の2日目の始まりです。 9時になり、商品が到着しました。

 小さく分割されて、商品が届きました。 

 毎回ですが、この商品を仮置きする場所に困ります。

 今回は、隣の駐車場をお借りできたので、スムーズに工事が進められました。

 お隣のお客様に感謝です。

Z60

 

↓最初に商品を取り付けるのは、レンジフードです。 端から取付を進めます。

Z61

 

↓細かい部品を組み立てながらレンジフードを設置します。

Z62

 

↓新しく取り付けた額縁の上に乗せて、レンジフードを設置しました。

 

Z63

 

↓アルミダクトで排気管を接続します。

Z64

 

↓レンジフードの上部の幕板を取り付けます。

Z65

 

↓レンジフードの次は、吊戸棚を取り付けます。

Z66

 

↓全体像が少しずつ見えてきました。 ちょっと嬉しい瞬間です!

Z67

 

↓次は、流し台の設置準備です。隅のガス台から並べていきます。

Z68

 

↓流し台の下は、3分割されていますので、隙間の無いようにバランスよく設置します。

Z69

 

↓カウンターやそれぞれの設備を設置しました。

Z70

 

↓全体像が見えてきました。 なかなか良い感じです。

Z71

 

↓ここでは、ちょっと手元照明のお話を・・・

   今回は、LEDのタッチレス照明を取り付けました。

Z71_0

 吊戸棚が高い位置にあると、スイッチに手が届かなくて困る場合があります。 

そんな時は、タッチレス照明がおススメです。

 

↓工事の様子をご覧ください。

Z71_1

 

↓吊戸棚の中に電源の配線を準備しておきます。

Z71_2

 

↓吊戸棚の下面。 照明の取付前です。

Z71_3

 

↓配線をしてから、固定します。

Z71_4

 

↓スリムなLED照明が設置できました。

Z71_5

 

↓タッチレススイッチの性能をチェック!

 右側のセンサーに手を近づけると、点灯します。

Z71_6

 

↓もう一度、手を近づけると、消灯! 

 高い位置に取り付けた照明でも、身長が150cmの奥様でも安心です。

Z71_7

システムキッチンを取替えの際には、ぜひ検討してみてください。

おススメです!!

 

↓いよいよ完成です。

Z72
 

2日目の工事完了です。

左端の壁紙が終わっていませんが、イメージ通りに仕上がりました。

 

↓天井の照明もLEDのシーリング照明に取替えて、スタイリッシュに完成!!

Z73_2

 

※天井と床材はそのままに、キッチンが若返りました。

 最小限の予算で、最大限の成果が得られました!

 

↓改めて、各部の機能を見てみましょう!

Z74

 

↓以前より小幅にしたステンレスシンク とステンレスワークトップ

751

 

↓カタログの写真と見比べて、実物はいかがでしょうか? 

 4人家族には十分な大きさです。

Z752

 

↓最終段階で変更した水栓 

 使うお湯の量を制御する、エコシングル水栓なんです。

Z76

 

↓蛇口の先端が取り外せるので、シンクの隅々までキレイに流せます。

Z77

 

↓お掃除が格段にしやすくなった、リンナイ製のメタルトップのガスコンロ。

 この商品もおススメです。

Z78_2

 

↓スタンダードなレンジフードですが、明るい表情にするためにシルバータイプを選びました。

Z79

 

↓スタンダードタイプには、整流板はついていません。 

 もちろん、グレードアップは可能です!ご相談ください。

Z80

 

↓20年前のレンジフードよりお掃除がしやすくなったフィルター。

Z81

 

↓プロペラファンから、シロッコファンになることで吸引力が増します。

Z82

 

↓収納棚の機能を見てみましょう!

Z83_0

 

↓作業台の下の収納 上段

Z83_1
 

 

↓スライド収納の上には、引き出しが隠れています。

Z84
 

 

↓ガスコンロの下にも、スライド収納があります。

Z85

 

↓ガスコンロの下も二段組みです。

Z86

 

↓次に、工事のこだわりどころを見てみましょう!

〇箸辰討い覆ぞー蠍の土間に、床板を張りました。

Z90

 

↓骨組みの上に、下地の合板、仕上げにフローリングの二重張りにしました。

 この上に冷蔵庫を置きます。

Z92

 

∩襪皀螢侫ーム  清潔で、明るくなり大成功です!!

Z93

窓ガラスとアルミサッシも取り外して、ジャブジャブと水洗いしています。

飛び散っていた油汚れもキレイになりました。

 

J匹皀螢侫ーム 目地無しのキッチンパネルが輝いています。

 奥さまに、大変お喜びいただけました。

 

Z94

まったく別の窓のように見えます。

奥さまに見てもらうと、大変喜んでいただけました。

 

ず戮いところも、しっかり補修。

 これから何十年もお住まいになる大切なお家です。

 今回は、不要になった排気口に外壁材を張って、防水処理をしました。

 いつでも、小さな穴までシーリング材で補修しています。

Z95

とても暑い夏の工事でしたが、無事にお引き渡しがすみました。

本当にキレイになって良かった!

 

 

工事は、これで全て完了です。

皆様の豊かな食卓づくりの参考になれば幸いです。

 

◆◆ 改めて、ビフォーアフター をご覧ください!! ◆◆

Z00

 

今回は、お得意様のご紹介のお客様でした。

ご主人様もお料理をされることもあって、ご家族の皆様に大変お喜びいただけました。

ご依頼いただき、誠にありがとうございます。

 

トライクルハウスでは、ご家族の食卓が豊かになる 「質の高い場所やもの」をご提供しています。

 

 

豊かな食卓づくりは、トライクルハウスまでお気軽にご相談ください。

999_2

 

あなたのお困りごとをお聞かせください。 ご連絡をお待ちしております。

 

 

トライクルハウス株式会社 博多の建築士三兄弟

http://www.tricyclehouse.co.jp/index.html

 

 

追伸 8月23日

後日、ご家族より追加工事の御相談がありました。

 「先日は、ありがとうございました。」

 「キッチンの天井もキレイにしたいのですが・・・」

 「Q.天井にクロスを貼ることは出来ますか?」

 

 

こちらこそ、ご連絡ありがとうございます。

A.下地処理をすれば、クロスを貼ることができます。 お任せください!

すぐに、担当者がお伺いします。

Z99

 

お客様に、天井面のクロスの柄を選んでいただき、工事を行いました!

 

さらに、明るくキレイなキッチンになりました。 ありがとうございます。

 

http://tricyclehouse.co.jp/systemkitchen.html

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

福岡 コンパクトキッチン交換 みんな満足のキッチンリフォーム! 福岡市早良区室見

2013年08月09日 | キッチン

■工事内容:コンパクトキッチンのリフォーム 賃貸物件のキッチン

福岡 ガス給湯器のメンテナンス会社 (西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

今回は、賃貸物件10世帯のキッチンをリフォームしました。

賃貸住宅のオーナー様におススメの商品をご紹介します。

000

 

↓昔ながらの3LDKの賃貸住宅が若返る!

001

 

↓今回、採用した商品はこちら!

 ハウステックというメーカーのコンパクトキッチンCS

003

 

↓横幅は、最大でも180cmのコンパクトなキッチンをご希望な方に おススメです!

004

今回は、横幅が180cmを採用しました。

 

↓加熱機器は、数種類から選べます。

005

 

表示金額は、メーカー希望小売価格

 

↓カラーバリエーションも さまざま

006

今回のカラーは、ベージュ!

 

↓採用したガスコンロ コンパクトながら、機能性は上々です。

007

 

↓レンジフードは、シロッコファンを採用 吸引力は抜群です。

008

 

↓採用したステンレスシンクと、シングルレバー水栓!

009

 

今回は、6階建て60世帯の賃貸住宅のうち、10世帯のリフォーム工事を行いました。

 

 

ここからは、各部屋の診断方法や工事の流れをご説明します。

 

↓初期の診断として、手書きの図面を書いて各部屋の特徴を把握します。

050

落書きですが、重要な寸法を確認!

 

↓キッチンの診断状況

 

100

チェック内容

/紂ε髻η喊紂Εス・電気など設備の接続状況を確認

各部分の寸法を確認

床・壁・天井の下地の状態を確認

す事の前に、水・ガス漏れが無いか確認

 

 

それでは、解体工事の様子をご覧ください。

30年前のキッチンの裏側が見られます!

↓まずは、レンジフードの解体工事からスタート!

101

 

↓30年前のレンジフードの重さは、最新の商品の3倍近くありそうです。

 慎重に工事を進めます!

102_2

 

↓レンジフードの排気口が見えてきました。

103

 

↓吊戸棚もすべて撤去完了!

104

 

↓流し台もすべて撤去完了!

 配管設備が見えてきました。

105

 

↓診断時に想定していた下地とは違う、コンクリートむき出しの壁が現れました。

 取り付け工事の際には、吊戸棚設置部分に補強壁を造作しなければいけません。

106

 

↓正面に位置する壁面

107

 

↓解体工事完了!

108

 

解体工事の後には、壁面3方向の下地補修をして、キッチンパネルを貼り終えました。 

 

↓寸法図を見ながら、各商品を取り付けていきます。

109

 

↓完成しました! 明るいキッチンに変わりました。

110

 

↓照明が2か所になったので、手元がとても明るい。

 このキッチンだと、料理のテンションが上がりそうです♪

111

 

↓光が反射するほどの輝くキッチンになりました。

112

ここまでキレイになると、ご入居中のお客様も大満足と思います。

 

↓工事が完了した後には、水漏れ検査と同様に、ガス漏れの検査もしっかりと行います。

113

 

↓左右対称のビフォーアフターをご覧ください。

 まずは、左側コンロから・・・

403

 

↓次は、右側コンロをご覧ください。

405

 

オーナー様も、入居者様もみんな喜ぶキッチンリフォーム!

 

今回は、以前よりお付き合いのある オーナー様からのご依頼でした。

 

ご依頼いただき、誠にありがとうございます。

 

 

トライクルハウスでは、ご家族の食卓が豊かになる 「質の高い場所やもの」を

ご提供しています。

 

 

豊かな食卓づくりは、トライクルハウスまでお気軽にご相談ください。

 

あなたのお困りごとをお聞かせください。 ご連絡をお待ちしております。

 

 

トライクルハウス株式会社 建築士三兄弟

http://tricyclehouse.co.jp/systemkitchen.html 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

福岡 キッチンの床をキレイにしたい! クッションフロア編 福岡県太宰府市

2012年12月21日 | キッチン

■キッチンのプチリフォーム

 

 

キッチンの床をきれいに見せる方法   クッションフロアという選択!! 

 

今回は、キッチンの床の貼り替え工事について ご報告いたします。

 

↓工事前の床はこんなに傷だらけになっていました。

20121217kitchen37

長年使い込まれた床は、油と水とワックスで汚れています。

 

 

フローリングを張り替える方法も考えられますが、

今回は、工期が短く、コストパフォーマンスが良く、見栄えの良い商品という観点から 

サンゲツのクッションフロアという商品をご提案したました!

 

 

 

 

↓クッションフロアの色見本の表紙です。

20121217kitchen54

 

豊富なバリエーションな中から選ぶことができます。

 

 

↓そのうちの1ページ 今回は、木目調のオークを選んでみました。

20121217kitchen53_3

 

現在の床よりも少し明るく、しっかりとした木目の色柄です。

 

 

 

早速ですが!工事の様子をご覧ください。
 

↓キッチンの床には、床下収納用の蓋がありました。

20121217kitchen39


金枠を外しキレイに掃除することで、完成時の見栄えが違います。

 

 

↓蓋も木部と金属部に分解していきます。

20121217kitchen40

意外と手間のかかる作業でした。 踏んでも壊れないように、しっかりと作られています。
 

 

床のお掃除が終わると床材の型取りが始まります。

↓端の部分から床の寸法に合わせて、カッターを使い床材を切り込んでいきます。

20121217kitchen41
 

 

床の型取りが出来たら・・・ 次は、床材を接着していきます。

↓接着剤は、コテを使って塗り広げます。

20121217kitchen42_2

 

 

 

↓均等に塗り広げると真っ白な表情になりました。

20121217kitchen43_2

 

 

↓次にクッションフロアを貼り込み、床下収納の穴を切り抜きました。

20121217kitchen45_4


 

 

↓床下収納の枠を取り付けます。

20121217kitchen46

 

 

↓金枠を固定して、細部の調整をしています。

20121217kitchen48


 

 
 

 

↓ダイニングにつながる部分に アルミ製の見切り材を設置しました。

20121217kitchen47


 

 

↓ダイニングとの境目

20121217kitchen44

 

以前の床よりも少し明るい表情です。

 
 

 

↓クッションフロアの貼り替えに使用した道具たちです。

20121217kitchen55


道具の目的はさまざま。  切る。 貼る。 揃える。 繋ぐ。 押さえる。 

倉庫には、いろんな道具がそろっています。

 

 

 

↓いよいよ完成しました。 Before → After

20121217kitchen51


 

とにかく、奥さまに喜んでもらえるのが嬉しい瞬間です!

 

 

20121217kitchen52_2


 

 

 

 

20121217kitchen56

 

豊かな食卓づくりは、トライクルハウスまでお気軽にご相談ください。

 

 

 

トライクルハウス株式会社 建築士三兄弟

http://tricyclehouse.co.jp/systemkitchen.html

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

福岡 キッチン流し台交換 明るいキッチンに取替えたい! お客様の声にお応えしました。 福岡県太宰府市

2012年12月17日 | キッチン

■工事内容:キッチンのリフォーム

今回は、キッチン流し台の取替え工事について ご報告いたします。

■場所:福岡県太宰府市

 

20121217kitchen35

 

 

↓まずは、完成予想のCGからご覧ください。

20121217kitchen29

 

 

■■ 築15年のお住まいの問題点! ■■

お客様から、「流し台から水漏れがあり、見てもらいたい!」とのご相談がありました。

 

現場を確認した結果 次の問題が発見されました。

 〆遒衂佞韻凌器乾燥機の下から水漏れしている。

 扉の表面が経年劣化により、剥げてきている。

 ※ビルトインガスコンロは、4年前の取替えということで新しく、点火試験を

  行いましたが使用上の問題はありませんでした。 コンロは再利用します。

 

初期診断の結果から、「取替えプランと見積書」を添えて ご提案しました。

金額面など十分にご検討いただいた後、詳しい仕様や色などを調整し

工事に取り掛かりました。

 

 

↓新しいキッチンの図面です。  幅が3mもあり 広々とお使いいただけます。

20121217kitchen32
 

↓完成予想図を見て あれこれとシュミレーションが出来ます。

20121217kitchen321

 
 

 

↓商品は、クリナップの rakuera ラクエラを採用しました。

20121217kitchen00_2

 
 

 

 

↓採用した商品の特徴は、アクリストンというワークトップと、82cm幅と広いステンレスシンク

にあります。 

人工大理石の美しさと丈夫さを兼ね備えた 流し台です!!

 

 

20121217kitchen33
 

 

 

 

 

↓水栓金具は、機能性に優れたシャワーホース付の水栓を採用
 

20121217kitchen30_2

 

 

 

 

★★ いよいよ工事スタートです ★★

 

↓現場に多くの機器が届きました。

20121217kitchen13

 キッチンのカウンターは3mもの長さがあり、搬入が大変そうです。
 

 

 

 

 

↓工事前の流し台  重厚感のあるキッチンでした。

20121217kitchen01

 

 

 

↓工事前の換気扇  

20121217kitchen02
 

 きれいにお掃除されていますが、こびり付いた油が取れない。

 

 

 

 

 

 

↓右手の食器乾燥機の扉を取り外します。 重大な問題を発見!!

20121217kitchen03_3



※水漏れにより、木部の腐食が見られます。
 

 

 

↓乾燥機の拡大写真

20121217kitchen04

乾燥機の下からの水漏れにより、かなり腐食が進行していました。

 

 

 

↓すべての機器を取り外し、流し台やコンセントの位置を確認します。

20121217kitchen05

 

※水漏れした床は、奇跡的に大きな問題はなく、そのまま使用することにしました。

 

 

 

↓食器乾燥機用のコンセントを設置するために電線を引き込みます。

20121217kitchen06


 

 

 

↓白いキッチンパネルを貼り、コンセントも新設しました。

20121217kitchen07
 

 

キッチンのコンセントは、炊飯器、ポット、食器乾燥機に使用できます。

 

 

 

↓次は、換気扇の排気管をつくります。 

20121217kitchen08
 

 30角の開口部を不燃材で覆い、排気管をつなぎます。

 

 

↓換気扇本体を取り付けたら、アルミ製の管でつなぎます。

20121217kitchen09


 

 

 

 

↓これで、換気扇の取り付け完了 コンセントもつなぎます。

20121217kitchen10

 

 

 

↓次は、所変わって流し台シンクの下  排水管を移設します。

20121217kitchen11

 

 元の場所より、壁側に移してキッチリと蓋をしました。

 

 

 

↓次に、吊戸棚を設置していきます。

20121217kitchen14

 

 

 

↓吊戸棚に扉を取り付けました。

20121217kitchen15

 

※お客様のご要望で、換気扇と吊戸棚の下端を揃えています。

 見た目は、ラインがそろいスッキリします。 お好みで決められます。

 

 

 

↓所変わって、ガスコンロを大掃除しています。

20121217kitchen12

 

ガラストップは、重曹と中性洗剤で洗い、本体は掃除機で埃を取り油汚れを落とします。

五徳やバーナーもしっかりと汚れを落としました。

お客様は、美しい変わりように最初は「ポカンと?」そのうち「びっくり!」されて大変お喜びいただけました。

 

 

 

↓いよいよ流し台と、ガスコンロの設置です。

20121217kitchen16


 

 

 

↓新品のようなガスコンロです。  頑張って掃除した甲斐がありました。

20121217kitchen17

 

 

 

 

↓新品の換気扇 スリムで美しい!  吊戸棚と高さを揃えました。

20121217kitchen18_3

 

 

 

 

↓フラットスリムレンジフード お掃除がしやすいと評判です!

20121217kitchen19

 

20121217kitchen34_3


 

 

 

 

↓広々シンクの様子です。 左手がワンレバーの混合水栓、右手が浄水器用の単水栓

20121217kitchen20


 

↓シンクの下もきれいになりました。

20121217kitchen36


 

 

 

 

↓キッチンライト  スリムな蛍光灯の照明を取り付けました。 

20121217kitchen21

 

押しやすい大型のスイッチで点灯します。 

 

 

 

↓仕上げ工事を行います。 細部のシーリング工事です。

マスキングテープで素材を保護し、ジョイント部分の溝を埋めます。

20121217kitchen22


 

 

 

 

↓きれいに仕上がりました。 継ぎ目をきれいに!

20121217kitchen24


 

 

 

 

↓ 完成! 早速、お湯を沸かして見ました。 広々と使い勝手がよくなりました。

 大人が三人で調理してもゆったりの広さです。

      20121217kitchen25 

 

◆◆ ビフォーアフター ご覧ください!! ◆◆

20121217kitchen35

 

今回は、いつもお住まいのご相談をいただく ご家族からのご依頼でした。

奥さまには、大変お喜びいただけました。

 

今回も、ご依頼いただき有難うございました。

 

トライクルハウスでは、ご家族の食卓が豊かになる 「質の高い場所やもの」を

ご提供しています。

 

 

豊かな食卓づくりは、トライクルハウスまでお気軽にご相談ください。

 

 

 

トライクルハウス株式会社 建築士三兄弟

http://tricyclehouse.co.jp/systemkitchen.html


この記事をはてなブックマークに追加