博多の建築士三兄弟! 豊かな食卓をつくる    ( トライクルハウス株式会社 )     電話:092-791-1801

福岡市、福岡近郊の住宅リフォーム
・ガス給湯器・ガスコンロ・レンジフードの修理/交換!

※住宅設備アドバイザー※

福岡 ガスコンロ選びで困ったら! 取り替え工事 ノーリツ・ファミ N3WN6RWASKSV 福岡市南区高宮

2017年06月20日 | ビルトインガスコンロ

コストパフォーマンスに優れたビルトインガスコンロをご紹介します。 福岡市南区高宮

ノーリツ製 ファミ N3WN6RWASKSV 一番売れている商品です!

 

福岡 住宅リフォーム会社(西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

 

ビルトインガスコンロの故障!?

商品選びに困ったら! コストパフォーマンスに優れた、この商品をおススメいたします!

 

■お客様からの相談内容: 博多の建築士三兄弟のブログと、ホームページを見てご連絡いただきました。

お客様: 『ガスコンロの調子が悪くなりました。』

お客様: 『ホームページのおススメ商品を見て連絡しています。』

お客様: 『どうしたらよいですか?』

 

博多の建築士三兄弟: 『ご連絡ありがとうございます!』

博多の建築士三兄弟: 『専門的なガスコンロの診断にお伺いします。』

博多の建築士三兄弟: 『お伺いした際に、ご希望の商品が設置できるのかご説明いたします。』

 

↓早速、お客様のガスコンロを診断しました。

使用年数が10年を越える、ハーマン製のビルトインガスコンロです。

現在、横幅60cm、高さが22cmと、標準的な寸法です。 

 

↓コンロ下を覗くと、ガス管の状態が分かります。

 都市ガス(13A) メタル管が使用されています。

交換時には、必ずメタル管の交換が必用です。

 

↓専門診断完了

 現在、標準的な寸法のガスコンロが設置されていましたので、ご希望の「ファミ」が設置できます。

 

お客様は、ホームページに掲載してあるキャンペーン商品をご希望でしたので、すぐにご注文となりました。

ご依頼いただき誠にありがとうございます!

 

商品の取り寄せのため、注文からの約1週間後、工事にお伺いしました。

 

↓それでは、工事を始めます! メタル管の撤去後、本体を撤去しました。

油で汚れています。

 

↓マジックリンを使って、すみずみまでキレイにお掃除します。

 

↓扉の廻りまで汚れていました。 キレイにお掃除♪♪

 

↓キレイになりました。 気持ちが良い!!

 

↓コンロを設置しました。 本体の中の部品が輝いています。

 

↓四隅のネジを固定します。

 

↓ガラス製のトッププレートを設置しました。 少し、コツがあります。

メタル管の写真を撮り忘れました。 

 

↓バーナーキャップと、ゴトクを設置しました。

 

↓電池の準備をします。

 

↓付属のアルカリ電池を設置します。 東芝製のアルカリ電池で、長持ちしそうです。

 

↓単一電池を2本入れて完了。

 

↓グリルの準備をします。

 

↓グリルを手前に引きました。 今では、水無し両面焼きグリルが一般的になりました。

光沢のあるステンレス仕上げです。

 

↓グリルの内部の様子です。 キレイですね。 

 下部バーナーの上の部分が汚れやすいので、付属のカバーをします。

  

↓イメージ写真 サイドカバーの設置

 

↓サイドカバーを、フックに引っ掛けます。

 

↓サイドカバーを設置しました。 これで安心!

 

↓バーナー廻りの構造です。

※立消え安全装置や、温度センサーが付いて安心です。

 

↓ゴトクの設置

 

↓バーナーキャップの設置

 

↓お掃除しやすい造りになっています。

 

↓バーナーリングは、ガラストップに固定されています。

 煮こぼれの対策も万全です。 お掃除しやすい。

 

↓設置できました!  ガスを開栓して、点火試験を行います!

 

↓右バーナーが正常に点火しました。 キレイな青い炎です。

 

3か所のバーナーと、グリルの点火試験を行います。 問題なく、点火しています。

 

全ての工事が完了しましたので、お客様へ 使用方法の説明を行います。

機能は向上していますが、操作は簡単です。

 

 

↓ノーリツ・ ファミ [ オート ] の優れた機能の説明。 「オートグリル」について

※重要:オートグリルの機能は、グレードによって付いていません。

参考として・・・

 [オート]タイプ     N3WN6RWSKSV →オートグリル付き メーカー希望小売価格:153,000円(税抜き)

 [スタンダード]タイプ N3WN6RWSKSV →オートグリル無し メーカー希望小売価格:146,000円(税抜き)

 

↓オートグリルの説明 ①ボタンを押す。

 

↓ ②つぎに、オートメニューを選択。

 

↓ ③焼き加減を選択。

 

これで、オートグリルが作動します。

 

↓ オートグリルの終了のタイミングは?

最後にボタンを戻します。

 

↓さらに詳しい情報は、ノーリツのカタログで確認できます。

 

↓ファミの性能表 

 

↓ノーリツ ファミ 

 

↓オートグリル機能 

 

↓ダブル強火力 & ダブルトロ火

 

↓ トロ火

 

↓ 強火力 

左右のバーナーが強火力なのが魅力ですね。

 

↓親水アクアコート

 

↓75cm幅 の ファミ もあります。  N3WN7RWASKSV

今回は、60cm幅を設置しました。

 

↓親水アクアコート

 

↓ガラストップの 左手前の 拡大写真 コーナーは、ステンレスで補強してあります。 強い。

 

↓丸みを帯びたスイッチなどが、採用されています。

 

↓イメージ写真

 

↓イメージ写真

 

↓イメージ写真

 

↓イメージ写真

 

イメージ写真は、ここまで。

 

↓ファミの工事事例を 5例  キレイになりました。

 

↓1.工事前

 

↓1.工事後

 

↓2.工事前

 

↓2.工事後

 

↓3.工事前

 

↓3.工事後

 

↓4.工事前

 

↓4.工事後

 

↓5.工事前

 

↓5.工事後

 

工事事例 5例はここまでです。

 

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

良く売れている、コストパフォーマンスに優れた商品でした。

みなさんのお役に立てると幸いです。

 

 

↓キッチンでお困りのことはありませんか?

 博多の建築士三兄弟が、ズバッと! 解決いたします。

 

 

まずは、専門診断にお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

 

博多の建築士三兄弟は、福岡市南区高宮で不動産/リフォーム屋を営んでいます。


↓トライクルハウス株式会社のホームページもご覧ください! あなたのお役に立ちます!

 キャンペーン商品にも、ご注目ください!

 

http://tricyclehouse.co.jp/kitchen.html

 

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。

 


この記事をはてなブックマークに追加

福岡 三乾王・取り替え商品の選択で困ったら!浴室換気暖房乾燥機 TYK200 福岡市南区高宮

2017年06月14日 | 浴室暖房乾燥機

■福岡 三乾王の取り替え商品の選択で困ったら! TYK200

福岡 リフォーム会社(西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

三乾王の後継機種が無い

いつも「博多の建築士三兄弟」ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

博多の建築士三兄弟です。

いま三乾王をお使いで、同じ大きさの後継機種が無い商品をお使いの方には、役立つ情報だと思います。

三乾王の取り替え事例として、参考にしてもらえたらと思います。

 

■お客様の相談内容: 博多の建築士三兄弟のブログを見て、ご連絡をいただきました。

福岡市南区高宮 

お客様「浴室の換気扇が故障しています。 今、建物のメンテナンスの方に見てもらっています。」

お客様「商品の取り替えと同時に、「ユニットバスの天井を取り替える必要がある!」と、言われています。」

お客様「費用をかけないで、同じような機能の商品に取り替えられないでしょうか?」

 

博多の建築士三兄弟 「ご連絡ありがとうございます。 早速、専門診断へお伺いします! 」

 

↓ここから、ユニットバス換気扇の 専門診断の様子です。

 お伺いすると、TOTO製の三乾王が設置してありました。

 

↓TOTO 三乾王の専用リモコン 乾燥・涼風・換気・暖房 機能付き

 

↓換気機能が故障しているため、天井面に結露が見られます。 大変お困りの様子です。

 

↓換気扇の状態を確認。

 

 

↓蓋を外して、商品の状態を確認します。

 

↓本体の金属部分が腐食しています。 鉄の部分が露出しているようです。

本体の内部が腐食している事が予想できます。

 

↓本体を中心に、まわりの寸法も確認。

 

↓天井のまわりの寸法を確認。

 

↓天井裏の本体の状態を確認。 

 

↓モーターが回っていません。 本体の寸法は、平面的に300mm角でした。

 

↓配線や、ダクトの接続状態を確認。

 

 

↓アルミダクトは、100mmでした。

 

↓商品の寸法と、リモコンの形状から、商品を特定しました。

 

↓既存の商品: TOTO製 三乾王 TYK200

 

↓現況と同じか、いろいろな図面で確認。

 

↓3つの取り替え方法をご提案して、方法1.をお選びいただきました。

 

↓まずは、方法1. 他メーカーの同等商品  今回は、この方法を採用しました。

 

↓方法1. 開口寸法のサイズから、この商品を選択しています。

 (商品を見つけるのに、とても時間がかかりました。)

 

↓方法2. 不採用

費用がかかりますが、後継機種の三乾王TYB3000へ交換することもできます。

 

↓方法2. 不採用

費用が掛かる理由は、天井の開口寸法が広くなるため、

「切り広げる」か、「ユニットバス天井材の取り替え」が必要になるためです。

 

↓方法3. 不採用

 天井部分に、一般換気扇を設置して、壁面に暖房機を設置する方法です。

 

※方法3.は、浴室乾燥機能がありません。

 

 

この方法3.は、以前のブログで紹介しています。

 

  ↓ こちらを、クリック! (こんな方法もあります。参考までに・・・)

 

「三乾王から、一般換気扇 プラス浴室暖房」 

 

 

 

専門診断は、ここまでです。

 

お客様へご提案をして、方法1.(三乾王の同等商品)のご注文をいただきました。

ご相談の前は、三乾王の後継機種は、方法2.しか選択肢がなくお困りでしたが、

三乾王の代替品が見つかり、工事費用も抑えられてお喜びいただけました。

 

 

↓ご注文から、1週間後に工事を行いました。

それでは、工事を開始します! 現況の三乾王

 

↓電気系統から工事を開始します!

電気の資格が必要です。

 

↓電源・アース・リモコンケーブルを取り外します。

 

↓アルミダクトを取り外しました。

 

↓次に、本体を取り外します。

 

↓本体を外しました。

 

↓天井面は錆で汚れています。

 

↓キレイにお掃除しました。 寸法を再確認すると、300mm×300mm

 

↓ユニットバスの天井裏

 

↓専用リモコンを撤去します。

 

↓カバーを取り外しました。

 

↓リモコンを取り外しました。 

 

撤去工事は、ここまでです。

 

↓商品の梱包状態。 コンパクトな商品梱包。 軽く感じます。

 

↓商品を開封しました。

 

↓排気側の接続部材の準備

 

 

↓接続部材を取り付けます。 下穴を開けて準備。

 

 

↓本体と、アダプターの下穴を開けます。

 

↓接続部分を固定します。

 

↓接続部品を固定しました。

 

↓別の角度から。

 

↓接続部品の固定イメージ

 

↓次は、本体の設置準備。

 

↓本体を設置します。  浴室の換気扇が無いので、室温が上がっています。 熱い。。。

 

↓本体の姿図

 

↓本体の接続イメージ

 

↓ガイドに沿って、本体を設置します。

 

↓ビスを固定。

 

↓設置イメージ

 

↓ガイドのツメを折り曲げます。

 

↓本体を固定しました。

 

↓天井裏: アルミダクトを接続しました。

 

↓電源・アースを接続します。 リモコンケーブルは、使用しません。(ワイヤレスリモコンになります。)

 

↓しっかりと電線を接続しました。

 

↓電源の接続イメージ

 

↓カバーをしました。

 

↓天井裏の工事が完了しました。

 

↓本体の工事は、ほぼ完了。

 

↓カバーの設置。

 

↓化粧カバーが付いています。 

ネジはステンレス製なので錆びないと思いますが、、、 キレイに見せるためか・・・

 

↓カバーに付いフックを、本体に引っ掛けます。

 

↓設置イメージ

 

↓ネジを止める。

 

↓ねじ止め!

本体の工事は、ここまで。

 

↓ここからは、以前のリモコン廻りの工事です。

 洗面脱衣室の壁

 

↓化粧カバーでキレイになりました。 (将来、壁紙を張り替える時に、塞いでも良いと思います。)

 

↓次は、ワイヤレスリモコンの設置

 

↓下地が弱いため、ボードアンカーを使用しました。

 

↓ワイヤレスリモコンの設置イメージ

 

↓ワイヤレスリモコンの表面

 

↓ワイヤレスリモコンの裏面

 

↓固定しました。

 ※設置位置は、赤外線を利用するので、お客様との十分な打ち合わせが必要です。

 

商品の設置は、すべて完了!

 

↓試運転を行います。 本体に付属した「予備暖房」を押します。

 

↓ちょっと、音がした後、時間をおいて作動し始めました。

 

↓問題なく作動! 暖房や、送風の時に、ルーバーが動きます。

 

↓換気口の吸い込み口には、フィルターが内蔵してあります。

 

↓フィルターは、丸洗いできます。 こまめなお掃除をおススメ。

 

↓後片付け、天井点検口を閉じます。

 

↓完了♪ キレイなデザインです。

 

↓ユニットバスの床面は、養生シートや、養生マットで汚れない様にしています。

 

↓赤外線が使用できるように考えて、ワイヤレスリモコンを使用します。

 

↓ワイヤレスリモコンの説明。

 

↓主な機能

1. 24時間 連続換気

 

↓2. 換気 (強・弱)

 

↓3.乾燥 (急速乾燥・標準乾燥)

↓4.涼風 (強・弱)

 

↓5.予備暖房 (強・弱)

 

↓試運転、それぞれの操作の確認が出来ました。 

 

お客様へ、使用方法の説明しました。

リモコンの操作も簡単なので、すぐにお分かりいただけました。

 

↓屋外の排気の状態も確認します。

 

現場での工事と、お客様へのご説明がすべて終わりました。

ありがとうございました。

 

 

↓採用した商品のカタログを見直します。

 

↓カタログを開くと、特集ページがあります。

 

↓採用した商品は、こちらです。

 

↓主な機能!

 

↓主な機能!

 

この商品は、三乾王の代替商品として、とても優れていると思います。

天井の開口寸法で困ったら、この商品がおススメです。 

 

※重要な情報

この商品は、1室換気(浴室のみの換気)のみに対応しています。

2室換気(浴室と、洗面脱衣室。排気口が2か所の換気。)には、その他の商品の選択が必要です。

身近な専門家の方に、相談してみてください。

 

 

 

↓博多の建築士三兄弟が、技術的なご相談にお答えします。(福岡限定)

小児喘息を卒業し、今でもアレルギー体質の私だからできるご提案があります。

 

↓福岡の浴室暖房・衣類乾燥のご提案いたします。

 

浴室暖房・乾燥機には、リフォーム用の後設置タイプもあります。

 

福岡の浴室暖房・乾燥機で困ったら、専門診断へお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

↓トライクルハウス ホームページのリンク

http://www.tricyclehouse.co.jp/index.html

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。

  1.  

この記事をはてなブックマークに追加

福岡 ガスコンロ交換工事の様子を動画で発信します! 博多の建築士三兄弟 福岡市南区高宮

2017年05月01日 | ビルトインガスコンロ

福岡 ビルトインガスコンロ 工事の様子

いつも「博多の建築士三兄弟」ブログをご覧いただきありがとうございます。

ブログを開設して、まもなく5年になります。

いままで、さまざまな商品の設置の状況をブログにしてきましたが、主に写真での説明になっていましたので、いつかは、動画で説明が出来たらと、ずっと考えていました。

手元にある機材で、試行錯誤しながら作成した動画ですがご覧ください。

ビルトインガスコンロ工事の動画は、15倍速のスピードでご覧いただけます。 (動画の長さは、4分弱です。)

これからも、「博多の建築士三兄弟」ブログを、よろしくお願いします。

 

↓YouTube でご覧いただけます! クリック! 

 

↓福岡のレンジフード・ガスコンロは、博多の建築士三兄弟まで ご相談ください! 

レンジフード・ガスコンロ交換で若返るキッチン

 

住まいのことで困ったら、専門診断にお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

 

博多の建築士三兄弟は、福岡市南区高宮で不動産/リフォーム屋を営んでいます。


↓トライクルハウス株式会社のホームページもご覧ください! あなたのお役に立ちます!

 キャンペーン商品にも、ご注目ください!

 

http://tricyclehouse.co.jp/kitchen.html

 

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。


この記事をはてなブックマークに追加

福岡 浴室・洗面脱衣室の結露・湿気 検証と対策!

2017年04月19日 | 結露・湿気・臭気対策 浴室、洗面脱衣室

■浴室・洗面脱衣室の結露・湿気 じめじめの原因を検証! 対策! 

 福岡 リフォーム会社 博多の建築士三兄弟

 

いつも「博多の建築士三兄弟」ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

4月19日、福岡の桜の時期は終わりました。 福岡の桜の名所「大濠公園・舞鶴公園」とってもキレイでした♪

今日も快晴! 天気も良くカラっと快適な季節が続いています。

まもなくゴールデンウィークになりますが、この天気が続いてくれることを願います。

連休は、連泊のキャンプを予定しています。 快晴でありますように!!!

 

今回は、これから訪れる梅雨時期の湿気対策について、情報を提供したいと思います。

住まいの水廻り、湿気対策

浴室・洗面脱衣室、じめじめしていませんか?

カラっと、快適にする方法♪ ご覧ください!

 

↓まずは、 “じめじめの原因を検証!”   洗面脱衣室のお困りごとの原因!

1.浴室の湿気

2.洗濯機、洗面排水の湿気

3.換気不足による湿気の滞留

4.窓面の温度差による結露

 

ご自宅は、どうなっていますか?

 

↓ 1.浴室の湿気

 換気機能の低下から、浴室・洗面脱衣室が多湿になっている。

 

↓浴室の湿気  換気扇が故障したユニットバスの天井面は、結露により濡れています。

実際の問題事例の写真です。

 

↓ 2.洗濯機からの湿気  排水管の接続不良により、洗濯防水パンが水びたしのこともあります。

洗濯機の下をチェック!

 

↓ 2.洗面用 排水からの湿気  給水管、排水管の接続不良により、洗面台の下が濡れていることもあります。

時おり、確認してみてください。 ベタベタしていませんか?

 

↓ 3.換気不足による湿気の滞留  湿気の滞留により、床面が濡れています。

床面が濡れた状態で放置していませんか?

 

↓ 4.窓面の温度差による結露  冬期に発生することの多いアルミサッシ廻りの結露。

常に、暖かい湿気が滞留しやすい、浴室や洗面脱衣室。 

冷たいアルミサッシに、暖かい水蒸気が触れることで、結露が生じます。

 

 

↓そこで、浴室・洗面脱衣室を、カラッと、快適にする方法♪ を ご紹介いたします。

 

■解決策!

1.浴室の24時間換気機能を活用して、いつでも除湿しましょう。

2.洗面台下の配管の接続所歌を再チェックして、湿気をコントロール。

3.乾燥しやすい浴室床材へ リフォーム

4.脱衣室の天井へ 換気口を増設 

5.脱衣室の壁を調湿材へリフォーム 

6.サッシの二重窓化  冷たい環境で起きる結露を防止 

 

1~6 それぞれ詳しくご覧ください。↓ ↓ ↓

 

↓ 1.浴室の24時間換気機能を活用して、いつでも除湿しましょう。

 すでに換気扇は設置してあるけれども、電源を入れていないご家庭が多いいのではないでしょうか?

 対策→とにかく換気!

 

↓ 24時間換気で、空気を入れ替えましょう!

 

↓24時間換気に対応した商品の選択。 写真は、TOTO製 三乾王の専用リモコンです。

 

↓ 一般の換気扇の中にも、24時間換気機能付きの 耐久性の高い商品があります。

三菱の製品には、DCブラシレスモーター搭載の耐久性の高い換気扇が販売されています。

専用のコントローラーを使うと、24時間換気が 管理しやすくなります。

 

↓ 2.洗面台下の配管の接続所歌を再チェックして、湿気をコントロール。

湿気の原因

給水部分と、排水部分の水漏れのほか、 シャワーホース(水受け)からの水漏れなどが原因と考えられます。

専門家に、チェックしてもらいましょう!

 

↓ 3.乾燥しやすい浴室床材へ リフォーム

親水特殊処理を施した床材の ユニットバスへリフォーム。

代表的な商品として、TOTO製のほっカラリ床があります。

(タイル目地に潜む湿気がほぼ無くなります。)

 

↓ タイル床の浴室から、ユニットバスへの工事事例です。

 

↓4.脱衣室の天井へ 換気口を増設 

  脱衣室の天井に、小さな換気口はありますか?

天井裏の状態により換気口を増設することが可能です。

増設すると、洗面脱衣室の換気が容易になります。

 

↓ 5.脱衣室の壁を調湿材へリフォーム 

壁面や、天井面を調湿材にすることで、写真のように一時的に湿気を吸収してくれます。

24時間換気を作動させることで、吸収した湿気を徐々に放出させます。

 

↓ 調湿材の代表例 ダイケン製の「さらりあ~と」

 施工性も良く、壁紙の代わりに貼り付けることが出来ます。

調湿材が、湿気を吸って、はき出す♪

 

↓ 6.サッシの二重窓化  冷たい環境で起きる結露を防止 

今ある窓のほかに、もう一枚窓を増設することで、間の空気層をつくり結露を防止します。

増設用の窓は、アルミサッシのメーカーから発売されています。

 

ご自宅の状況に合わせて、1~6までの対策を組み合わせて結露を防止することが出来ます。

 

↓ その他のご提案   多湿になると、カビなどのニオイを感じることがあります。

 床のクッションフロアは、消臭機能つきの商品があります。

ご紹介の商品は、 サンゲツ製 クッションフロア HFLOOR 消臭快適フロア (消臭機能つき)

 

↓ 1~6の対策事例でした。 部分交換、フルリフォーム 選択できます!

 

↓TOTO製 システムバスルーム・サザナ  カラッと快適な浴室へリフォーム

 

↓TOTO製 洗面化粧台  快適な洗面脱衣室へリフォーム

 

↓博多の建築士三兄弟が、技術的な相談にお応えします!

 浴室・洗面脱衣室を快適にする方法をご提案いたします。

 

情報は以上です。

ご覧いただき、ありがとうございます。

浴室・洗面脱衣室の湿気対策の 参考になれば幸いです。

 

↓ご家族、奥様の 快適な住まいづくりをサポート!

 

住まいの湿気対策で困ったら、専門診断へお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

↓トライクルハウス ホームページのリンク

http://www.tricyclehouse.co.jp/index.html

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。

 


この記事をはてなブックマークに追加

福岡 三乾王・交換工事 もうひとつの提案 TYK200 福岡市博多区板付

2017年04月10日 | 浴室暖房乾燥機

■福岡 三乾王から、一般換気扇へ交換しました。 暖房機能は、別途のグラファイトヒーターで補います。

福岡 リフォーム会社(西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

いつも「博多の建築士三兄弟」ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

博多の建築士三兄弟です。

浴室換気暖房乾燥機「TOTO製 三乾王」の故障でご相談をいただきました。

三乾王の取り替え事例のひとつとして、参考にしてもらえたらと思います。

 

 

■お客様の相談内容: 博多の建築士三兄弟のブログを見て、ご連絡をいただきました。

福岡市博多区板付 築18年のマンション

お客様 「浴室の換気扇の調子が悪いのでお見積もりをお願いします。」

お客様 「三乾王が付いてますが、衣類乾燥をほとんど使用していません。」

お客様 「できるだけ、お金がかからない方法で、提案してください。 宜しくお願いします。」

 

博多の建築士三兄弟 「ご連絡ありがとうございます。 早速、専門診断へお伺いします! 」

 

↓ここから、換気扇(浴室換気暖房乾燥機)・三乾王の専門診断の様子です。

 ユニットバスの天井に、三乾王が設置してあります。

設置から18年経過。

換気扇の能力が低下しています。

衣類乾燥機としては、ほとんど使用していなかったとのことです。

 

※設置から10年以内であれば、TOTOの修理依頼も検討してください。 

↓ TOTOのメーカー ホームページ メーカーへ直接依頼できます。

http://www.toto.co.jp/Showroom/tom/index.htm

 

↓専用のリモコン 電源は入り、リモコンは通常通り作動していました。 型式の記載はありません。

 

↓本体を、再確認。 温風の吹き出し部と、換気部が見えます。

 

↓天井面 真下からの様子。

 

↓既存商品の型式を特定するため、商品寸法も確認します。

 

↓ユニットバスの天井面の点検口を開けて、天井裏の様子を確認。

天井裏の高さも確認しておきます。

 

↓三乾王の裏側を確認  換気ダクトは、1方向のみの接続です。

 

↓型式を特定するシール等が確認できません。 点検口と反対側に貼ってるのか? 見えません。

現地での確認はここまでです。

お客様から聞いた「三乾王」という情報以外に、商品の特定はできませんでした。

 

・商品の姿、接続方法、外形寸法、リモコンの形状から、商品を特定します。

 

↓事務所へ戻り、商品が特定できました。 型式:TYK200  1室換気 

 現場と同じ形状の図面が見つかりました。

 

↓現場と同じ、写真が見つかりました。

 

↓TYK200の姿図です。 設置方法の方法や、全体のつくりがわかりました。

 

↓三乾王 TYK200の後継機種も 特定することが出来ました。

本来なら、TYB3000 シリーズへの交換を、ご提案するところですが・・・

 

↓ ※大きな課題がありました。

※後継機種、新型の三乾王へ交換するためには、2通り考えられます。

1.天井材を交換する。

2.枠を大きく切り開き、枠を補強する。  どちらか・・・

 

しかし、どちらも工事に手間がかかり、費用が増加してしまいます。 (予算が合えばよいのですが・・・)

 

そこで、考えました・・・

 

↓開口枠をそのままに、一般換気扇を設置する方法。  暖房機は、オプションでお選びいただく!

 

一般換気扇のプランで、お客様へご提案しました。

 

お客様と、お打ち合わせを重ねた結果、予算の面から一般換気扇のプランをお選びいただきました。

 

↓コストパフォーマンスで選んだこのプラン♪

注意点: このプランには、浴室衣類乾燥機の機能が、基本的にありません。

浴室乾燥機能を重視しないご家族には、おススメなプランです。

 

お客様へ、ご説明をして注文をいただきました。

 

ご依頼いただき 誠にありがとうございます!

 

ご注文から一週間後の日程で、工事日を設定しました。

↓それでは、工事を開始します♪   カバーと、三乾王本体を撤去したところです。

 

↓ ユニットバス天井面:  1方向から、排気ダクトが接続してありました。

 

↓天井裏の状態:  アルミ製のダクトを通して、ユニット内の湿気を屋外に出します。

 今回の物件は、アルミ製のダクト部分が長く感じます。

 

↓三乾王よりも一般換気扇の方が、サイズが小さいので、枠を作り替えます。

 

↓下準備が完了しました。

 

↓樹脂製の板を加工して、枠を設置しました。 両面テープと、接着剤を使用しています。

枠の下準備はここまで。

 

↓次は、暖房機の設置へ  設置位置を確認中です。

 

↓ステンレス製の下地プレートを壁面に固定しています。

 

↓電源用の穴を開けます。 ユニットバスの壁の素材は、金属板の下に石膏板を貼って作られています。

 

↓暖房機を設置しました。 

 

↓一般換気扇を設置しました。

 

↓天井裏へ湿気が入り込まないように、樹脂版の隙間を埋める必要があります。

 

↓天井裏のアルミダクトを、一般換気扇へ接続しました。

 

↓樹脂板の隙間を埋めるため、マスキングテープの準備します。

四隅に防カビ性の防水用シーリングを施しました。

 

本体の設置ができました。

 

↓古い三乾王用のリモコンです。

 

↓リモコンを撤去します。 写真に見えている配線は、使用しない配線です。

 

↓一般の換気扇用の配線を引き込んで、スイッチを設置しました。

 三乾王のスイッチの後には、このようなプレートの選択になりました。 ダブルサイズです。

 

↓浴室涼風暖房機 グラファイトヒーターの動作確認をします。 涼風の作動中です。

 

 

↓温風の作動中です。 遠赤外線で、暖かい!

 

↓浴室涼風暖房機のリモコン 人感センサーや、タイマーが使用できます。

浴室暖房機(グラファイトヒーター)に関する詳しい情報は、こちらのブログでもできます。

↓チェック!

おばあちゃんも満足の浴室暖房 博多の建築士三兄弟ブログ♪

 

工事の様子はここまでです。

「三乾王から、一般換気扇への取り替え」 でした。

ご覧いただき、ありがとうございます。

 

 

↓その他のブログの紹介 「三乾王から、後継機種の三乾王への取り替え」です。

 画像をクリックすると、別ページのブログへジャンプします。 

 

↓もう一つの選択肢。 その他の情報 「三乾王から、他メーカーのバス乾燥機への取り替え」も可能です。

 天井の枠の加工が不要なので、低予算での取り替えが出来るメリットがあります!

 

↓浴室暖房・衣類乾燥機のご相談は、博多の建築士三兄弟へお任せください!

小児喘息を卒業し、今でもアレルギー体質の私だからできるご提案があります。

 

↓ご家族・奥様の家事軽減もサポート!

 

浴室暖房・乾燥機には、リフォーム用の後設置タイプもあります。

 

福岡の浴室暖房・乾燥機で困ったら、専門診断へお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

↓トライクルハウス ホームページのリンク

http://www.tricyclehouse.co.jp/index.html

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

福岡 給湯暖房熱源機の交換工事 エコジョーズ RUFH-E2405SAW2-3(A)

2017年04月01日 | ガス給湯器

■福岡市南区野多目 給湯暖房熱源機の交換工事を行いました。

 リンナイ製  本体:RUFH-E2405SAW2-3(A)  リモコン:MBC-300V

福岡 不動産・リフォーム会社 博多の建築士三兄弟

(福岡県宅地建物取引業協会会員・TOTOリモデルクラブ会員・西部ガスリビング指定販売店)

今回は、戸建て住宅の ガス給湯暖房機(浴室暖房乾燥機へ接続)の交換工事についてご紹介します。

 

■ご相談の内容:「博多の建築士三兄弟ブログ」を、ご覧いただき 連絡をいただきました。

お客様:『給湯器の調子が悪いので、相談にのってもらえますか?』

お客様:『高温が出なくなったのと、お湯の水量が少なくなっています。』

 

ご連絡ありがとうございます! 急いでお伺いします。

 

高宮のお店から車で20分、南区の野多目へおうかがいしました。

 

↓専門診断 通常よりも大型の給湯器が、床置きで設置してあります。

 外観の問題はありません。 

 

↓ 蛇口をひねり、湯量の少なさや、お湯の温度を確認しました。

 

↓現状の商品の外形寸法を確認。

 

↓給湯器の接続状態を確認。 暖房用の配管は1系統でした。

 接続状態に問題はありません。

 

↓ (おもしろい図面を見つけたので添付します。) 給湯器を下から見上げた状態。

 

↓本体に貼り付けてあるラベルをチェック。

 リンナイ製  型式:RUFH-K2403SAW2-3  製造:2007年07月 

まもなく10年経過という状態です。 少し故障するには早いかな?とも思われいます。

修理での対応も検討しましたが、今回の修理の後に、また次の故障なども考えると、

10年の節目から、本体取り替えでご提案をしたいと思います。

 

↓浴室 リモコン

 

↓台所 リモコン 通話機能は無し。(お風呂と、台所で会話の出来るリモコンもあります。) 

 

↓今回のお住まいの模式図。 浴室暖房乾燥機が1系統 接続されています。

 

↓浴室暖房乾燥機  乾燥機本体に問題はありません。

 

↓ 型式:RBH-W413K  製造:2013年11月  思った以上に新しい商品でした。 

 

↓浴室暖房乾燥機のリモコン 正常

 

↓今回は、浴室暖房乾燥機の付いた大型の給湯器取り替え工事になります。

 

↓専門診断の流れ  

お問い合わせから、工事日の設定まで実情10日ほどかかりました。

 

↓今回、ご提案した商品のカタログです。 リンナイ RUFH-Eシリーズ エコジョーズ 24号

 

後継機種のお見積書をご提示して、お客様にご検討をいただきました。

数日のご検討の後に、ご注文の連絡をいただきました。

ありがとうございます!

 

商品の発注から納品まで4日かかり、いよいよ工事日を迎えました。

 

↓工事開始! 給湯器を撤去します。 コンセントを抜き、水を止めて、ガスを止めて、工事を進めます。

 

↓現状の接続状況を確認しながら、配線を取りはずします。

 

↓解体工事進行中・・・工事に集中・・・ 写真を撮り忘れました。

 

↓工事中 工事から、30分程度経過・・・ 新しい給湯器を設置しました。

シルバーメタリックの輝き! エコジョーズの給湯器は、塗装が違います。

 

↓配管・配線を安全に接続しています。

 

↓配管を接続しました。 

 

↓配線を接続中!

 

↓工事完了! パネルを閉じています。

 

↓接続した 配管の様子。 凍結防止用の保温カバーをかけています。

 

↓エコジョーズ用のドレン管を、近くの排水の桝へ接続しました。

 

↓今回設置した商品はのラベル 

 トライクルハウスでは、給湯器の在庫を持っていないので、最新の商品を取り付けます。

 

↓新しい浴室リモコンのイメージ MBC-300V

 

↓新しい台所リモコンのイメージ MBC-300V

 

↓全ての工事が完了した後、試運転を行います。

 自動湯はりの試運転で、問題が無いか確認しました。

 浴室暖房乾燥機の作業状況も確認。

 問題なく設置することができました。

この度は、ご依頼いただき誠にありがとうございました♪

 

お客様: 奥様と おばあ様より、感謝のお言葉をいただきました。

 

博多の建築士三兄弟: 「こちらこそ、ありがとうございました!」

 

 

↓福岡の給湯器の交換工事は、お客様の安心・安全を第一に考えた

 博多の建築士三兄弟にお任せください!

 

まずは、専門診断にお申込みください。  ご連絡をお待ちいたします!

 

トライクルハウス株式会社 博多の建築士三兄弟

 

↓ホームページのリンク

http://www.tricyclehouse.co.jp/gaskigu.html


この記事をはてなブックマークに追加

福岡 ユニットバスのリフォーム(冷たかったタイル風呂) 福岡市南区高宮

2017年03月27日 | ユニットバス

■福岡市南区高宮 タイル風呂からユニットバスへ リフォームしました。

福岡 不動産・リフォーム会社 博多の建築士三兄弟

(福岡県宅地建物取引業協会会員・TOTOリモデルクラブ会員・西部ガスリビング指定販売店)

 ユニットバスの施工事例

どんな工事をしているの~?

 

■戸建て住宅の浴室のリフォーム事例の紹介です。

工事の様子を中心にご紹介したいと思います。

 

↓浴室工事のビフォー・アフター (工事途中からの写真です。)

ユニットバス・ビフォーアフター

こんなにキレイになります。

 

■ご相談の内容

以前からお付き合いのあるお得意様からのご相談です。

「30年を超える住宅です。」

「浴室・洗面脱衣室・給湯設備が古く使いにくくなっているので、相談に乗ってもらいたい。」

「浴室はタイル床が冷たく、洗面脱衣室の床の状態が悪い。」

「快適にお風呂に入れるようにしてほしい!」

 

ご相談ありがとうございます!

早速、専門診断へお伺いします。 何でもご相談ください! 

 

↓専門診断 タイル製の浴室 

タイル製浴室

ステンレス製の浴槽: 表面の金属は、ステンレスらしくキレイに輝いていますが、冷たさを感じます。

壁と、床は、上質な磁器タイルが貼られています。高級な仕様ですが、とっても冷たい。

天井は、樹脂製のバスリブが貼られています。

 

↓浴室のタテヨコの寸法を確認して、どのサイズのユニットバスが入るの検討します。

タイル製浴室の段差

 

※写真で測定している横幅が、ユニットバスのサイズに影響しました。

 (左右のタイルを剥ぎ落さないと、規定のサイズのユニットバスが入りません。)

 

洗面脱衣室の床は、下地の板が湿気により傷んでいます。 歩くと、少し下がる感覚でした。

床の補修工事も必要です。

 

↓浴室には、段差が20cmほどあります。 

洗面脱衣室

安全のためにも、段差の無いユニットバスをご提案したいと思います。

 

↓現在、引違のアルミ製の扉があります。

 お客様より、リフォーム後も「 引違にしたい 」ご要望がありました。

洗面脱衣室の引違いのガラス戸

 浴室には、大きめの換気用の窓があります。

 この窓の取り替えが必用か、検討が必要です。

 

↓ホーロー製の洗面台は、塗膜が劣化しています。 シャワーが使えるようにしたい。

ホーロー製の洗面台

 

↓浴室の各部分の寸法を細かくチェックします。

浴室の換気窓

 

↓窓付きの浴室は、窓を開ければ換気が出来るせいか、換気能力の小さい換気扇が付いていることが多いようです。

 換気扇は故障していました。

浴室の天井

 浴室の換気扇は、浴室・脱衣室まわりの木部を腐食から守ることに役立ちます。

 24時間換気をおススメします!

 

↓脱衣室の天井は、以前の電気工事の際に雑に切り口が残されていました。 (別会社の仕事。)

 何とかキレイにしてあげたい!

洗面脱衣室の天井

 

↓屋外スペース:浴室の窓の外側には、防犯用の格子が付いています。 

浴室の窓・格子付き

お客様と相談して、予算を抑える目的から、アルミサッシを再利用する計画で進めることにしました。

 

↓次は、古くなった電気温水器を確認します。

古い電気温水器

電気温水器の廻りは、木材と、樹脂製波板で囲んでありました。

商品の取り替えに必要なスペースがあるのか確認。

 

↓ナショナル製の電気温水器 型式:DH-4668 タンクの容量は、460 Lです。

古い電気温水器:DH-4668

旧式の電気温水器から、エコキュートへ交換したいと思います。

 

↓エコキュートへの交換のご提案。

エコキュートの配管

浴室内の配管が古くなっているので、エコキュートから配管をつなぎ直します。

(給水・給湯・ふろ配管をつなぎ直すと、これから10年~20年安心してお使いいただけます。)重要!

 

↓今回のユニットバスの提案はこちら!

ユニットバスのパース

飾らずスタンダードな仕様です。

 

↓ユニットバスの平面図。 現地で確認した寸法を元に、設置可能なユニットバスをご提案します。

 下が、入り口側。 左が窓側です。

ユニットバスの平面図

 

↓ユニットバスの断面図。 

ユニットバスの断面図

洗面脱衣室と、ユニットバス床面の 高さの差は、わずかになります。

 

↓ユニットバスの断面図。 正面に窓が設置されます。

ユニットバスの断面図

ユニットバス下の土間面は、赤いラインまで下げないといけません。

現在のタイル土間から、約20cm掘り下げイメージです。

 

↓次は、洗面化粧台。 吊戸棚もご提案することにしました。

洗面化粧台の図面

使いやすい横幅75cmの洗面化粧台です。

壁面に、シャワー水栓が設置してあるのと、広いシンクが特徴です。

見た目がスッキリとする三面鏡がおススメです。

 

↓洗面脱衣室の床材は、クッションフロアを使用します。

 お客様のお好みでラルフビーチを選びました。

クッションフロアカタログ

 

↓クッションフロア。 特徴のある木目の模様です。

クッションフロアカタログ

 

↓洗面脱衣室の壁紙は、装飾の少ないシンプルなものを選びました。

壁紙カタログ

 

↓住宅設備4点と合わせて、内装もキレイにしました♪

リフォームのプランニングは、博多の建築士三兄弟へ

今回は、ユニットバス・洗面化粧台・エコキュート・便器・ウォシュレットの交換をご提案♪

 

新築から同じ時間が経過した住宅設備は、だいたい同じ時期に機能性が下がります。

同じタイミングで交換をすることで、将来のメンテナンス費用を抑えることにつながることが多いです。

 

↓ユニットバスの提案書 

ユニットバスの提案書

今回は、クリナップのユアシスをお選びいただきました。 ユニット内の保温性が特徴!

 

↓洗面化粧台の提案書

ユニットバスの提案書

今回は、クリナップ製のファンシオをお選びいただきました。

 

最初のご相談から、ショールームのご見学、ご提案、ご検討の期間を合わせると、3週間ほどかかりました。

いろいろと、お打ち合わせを進めて、ご依頼いただくことになりました。

 

ご依頼、誠にありがとうございます!

頑張って、キレイに工事をいたします!

 

商品をメーカーへ発注をして、2週間後、ユニットバスの納品の3日前に、解体工事に入りました。

1日目:浴室の解体

2日目:浴室の下地調整・土間づくり

3日目:コンクリート土間の養生

4日目:ユニットバス本体は、メーカーの責任施工! 

 

↓それでは、工事を始めます!

浴室の工事開始

最初に、床面のタイルをハツリ取ります。

 

↓左右の壁は、横幅を確保するために、タイルを撤去します。

浴室のタイル撤去

 

↓換気窓のアルミサッシは、そのまま残します。

浴室の間仕切り壁撤去

出入り口の引違い戸と、間仕切り壁を撤去します。

 

↓不要な天井のバスリブも撤去しました。 天井裏が見えます。

浴室の天井撤去

換気扇も撤去しました。 ここへ、新しい換気扇の排気口を繋ぎます。

 

↓床のタイルを剥がずと、ステンレス浴槽も取り外せます。

洗面脱衣室の床も撤去

洗面脱衣室の床材も撤去します。

 

↓窓側のタイルは、表面のタイルのみをハツリ撤去します。

浴室壁面のタイルをはぎ取る。

黄色いタイルは、予算を抑えるためにそのまま利用しました。

 

↓天井と、垂れ壁を撤去しました。  下地は、土壁で作られていて、仕上げは漆喰でした。

浴室の間仕切り壁を撤去

 

↓洗い場まわりの土砂を取り除くと、浴槽が取り外せます。 

ステンレス浴槽の撤去

ステンレス製のため、思った以上に軽く感じました。

廊下から搬出します。

(浴室から、屋外までの搬出ルートを確保するために、廊下の扉を取りはずしたりする事もあります。)

 

↓浴槽の下は、だいたいこのようになっています。 

 (ここの排水管が詰まっていることもあります。)

浴槽の下

 

↓窓側壁の表面タイルを撤去しました。

浴室 表面タイルを撤去

 

↓浴槽下のコンクリートもハツリ撤去して、排水管を取り出しました。

 新規の排水管を延長していきます。

浴室 新規排水管接続中

 

↓排水管の延長工事中です。 丸の位置まで排水管を延長します。

浴室 排水管工事中

 

↓斜線部分は、ユニットバスの脚などが配置されるので、配管ができません。

ユニットバスの脚 平面図

 

↓コンクリート土間の設置準備。 水平面の高さを設定しています。

浴室 水平面の高さ

 

↓レーザーで高さを設定して、水平を確保します。

ユニットバスの断面図

 

↓各ポイントへ水平面を設定します。

浴室の間仕切り壁部分

 

↓コンクリートの下地として、砂利をまきました。

 赤丸の部分から、給水・給湯・ふろ配管・リモコン配線を 新しく引き直します。

浴室の床面 砂利を敷き詰める。

 

↓古い配管は、鉄管だったため閉じて使わないことにしました。

 エコキュートも合わせて交換をすることで、それぞれを繋ぐ配管も交換できます。

 セットで見直すことをおススメします。

浴室工事中

規定の場所へ、新しいリモコンの配線を準備。

 

↓次は、洗面脱衣室。 床の下地材を撤去しました。

 半数の骨組み(根太)が、本来の強度を無くしていました。 湿気による影響と考えられます。

洗面脱衣室の床工事中

同じサイズの骨組みで補強します。

 

↓根太を補強して、床下地材を仮置きしています。

 ユニットバス本体の設置完了後に、本格的な床の工事を行います。

洗面脱衣室の床工事中

 

↓コンクリートを打設しています。 コンクリートは、セメント・砂・砂利・水を混ぜて固めます。

ユニットバスの下地コンクリート打設

赤いレーザーの基準を利用して、水平面にしていきます。

 

↓コンクリートを、金コテで仕上げました。

 コンクリートが固まるのを待ってから、ユニットバスを設置します。

ユニットバスの土間完成

 

↓ユニットバス設置前 浴室上部

ユニットバスの下地工事

屋内の下準備が出来ました。

コンクリートが固まるのを待ちます。

後日、屋内の配管を済ませて、ユニットバスを組み立てます。

 

↓屋外の工事です。 電気温水器を撤去します。

古い電気温水器

 

↓電気温水器の撤去後、床面の汚れを洗い流しました。

 既存の土間コンクリートを利用して、固定用のアンカー3本を設置します。

電気温水器の固定用のアンカー

 

↓設置予定のエコキュートの梱包写真。(高宮店で撮影。)

 三菱製エコキュート 型式: SRT-WT372

三菱エコキュートSRT-WT372

 

↓貯湯ユニット本体を、アンカーボルトで固定しました。 

エコキュートのアンカーボルト固定

 

↓貯湯ユニットの正面図  以前よりコンパクトになっています。 

エコキュートの正面図

繋ぎ口が数多くあります。 それぞれキッチリと接続します。

 

↓右隣には、ヒートポンプユニットを設置しました。

エコキュート・ヒートポンプユニット

 

↓ヒートポンプユニットの正面図

ヒートポンプユニットの正面図

 

↓配管の接続が終わったら、正面の蓋を閉じます。

エコキュート工事中

 

↓丸印の裏に浴室の穴があります。

 配管・配線を新設しています。

エコキュート配管中

 

↓新しい配管のイメージ図です。

エコキュート配管図

 

↓配管と、配線を束ねて、キレイに化粧カバーをしました。

 

↓壁に開けた穴も、化粧プレートで埋めました。 キレイに仕上がりました。

 

↓屋外の工事が完了しました。 エコキュート本体の設置完了! 残るは、電源工事・・・

 

↓電気工事を行いました。

 電気温水器の時には、屋外にタイマーを設置していましたが不要になるので撤去しました。

 これからは、エコキュート内臓のタイマーで電気を管理します。

エコキュート電気工事

 

↓電気配線のイメージ。

 旧式の電気温水器から、エコキュートへ交換するために、電源ルートの新設が必要です。

エコキュート電気配線のイメージ

 

後日、ユニット内の給水・給湯配管を行い、ユニットバスの設置工事を行いました。

 

↓ユニットバスが設置されました。 出入り口の写真

ユニットバスの設置

 ユニットバス本体は、右側の隙間を見ると、既存のタイルを撤去して、やっと新設できたことが分かります。

 ギリギリの設置でした。

 

↓換気扇用のリモコンの設置準備中。

 引戸のため、正面の脇壁が少なくリモコンが設置できません。

 いろいろと設置場所を検討した結果、右側に引き出すことにしました。

浴室換気扇のリモコン

 

↓ユニットバス出入り口の上部、垂れ壁を作っています。 

 天井の下地はそのまま。 後ほど、壁紙を貼ります。

ユニットバス大工工事

 

↓細かい所までキレイに施工 ♪

ユニットバス大工工事

 

↓壁の石膏ボードを張り進めます!

ユニットバス・石膏ボード工事

 

↓次は、洗面脱衣室の床の工事!

洗面脱衣室の床工事

洗面化粧台と、洗濯防水パンの排水管の手直しをしています。

 

↓コーナーの骨組み(根太)も補強します。

洗面脱衣室の床工事

 

↓洗濯防水パンも交換しました。

洗濯防水パンの交換

 

↓床の下地材を張り終えて、クッションフロアを貼る準備をしました。

クッションフロアの下地工事

排水用の穴を2か所開けています。

 

↓洗面脱衣室の天井面。 パテ埋めで、キレイに下地が出来ました。

洗面脱衣室天井下地工事

 

↓壁面の下地もキレイに準備。

洗面脱衣室工事

 

↓仕上げ工事の前に、キレイにお掃除します♪

ユニットバスのお掃除

 

↓クロスと、クッションフロアの工事が完了。 キレイに変身!

洗面脱衣室の完成

 

↓タイルは、以前のままですが、とってもキレイに見えます。

洗面脱衣室の完成

 

↓とっても明るくなりました。

洗面脱衣室の完成

 

↓動きも軽い引戸の扉

ユニットバスの引戸

 

↓隅々までキレイになりました。

洗面脱衣室の壁紙

 

↓クッションフロアも良い感じ。 

洗面脱衣室の床 クッションフロア

 

 

↓洗面化粧台の仕上げ工事 配管を接続しています。 最終調整

洗面化粧台の配管接続中

 

↓こんな洗面化粧台です。

洗面化粧台のパース

 

↓広々シンクと、シャワー水栓がおすすめ!

洗面化粧台の広いシンク

 

↓吊戸棚の収納量 大 お役に立ちます。

洗面化粧台の吊戸棚

 

↓三面鏡の背面には、収納がいっぱい。

洗面化粧台の三面鏡

 

↓くもり止め機能付き

洗面化粧台の三面鏡

 

↓水を出してみます。 軽いレバーで吐水できます。

洗面化粧台の軽いレバー

 

↓手元レバーで簡単にシャワーへ切り替わります。

洗面化粧台のシャワー切り替え

 

↓シャワーを引き出して、使用することもできます。

洗面化粧台のシャワー引き出し

 

↓吊戸棚を設置するために、背面の壁を補強しています。 吊戸棚は、とっても役に立つ!

洗面化粧台の吊戸棚

 

↓軽い引戸  こんなイメージ…

ユニットバスの引戸

 

ユニットバスの引戸

 

ユニットバスの引戸

 

↓出入り口の段差はわずか。

ユニットバス完成

 

↓手すりも付いて、浴槽の高さも低くて 何かと安全に配慮してあります。

ユニットバス段差の少ない浴槽

 

↓可動式のシャワーフック 

シャワーヘッド可動式

 

↓広々とした浴槽です。

広々とした浴槽

 

↓フタ置きが浮いたいるのも良いですね。 

ユニットバスのフタ置き

 

↓ランドリーバーを使って、洗濯ものの乾燥が出来ます。

ユニットバスのランドリーバー

 

↓既存のアルミサッシを利用しても、キレイに納めることが出来ました。

ユニットバスの既存のアルミサッシ

 

↓額縁もキレイに納まりました。

ユニットバスの既存のアルミサッシ

 

↓窓を扱わないことで、コストダウンを実現しました。

ユニットバスの既存のアルミサッシ

 

↓スタンダード仕様ながら、使いやすい混合水栓を採用。

ユニットバスのスタンダード仕様

 

↓洗面器を置ける台

ユニットバスの混合水栓

 

↓大きめのシャワーヘッドで、水滴が広がります。

ユニットバスの大きめシャワーヘッド

 

↓エコキュートのリモコンは、扱いやすい高さに設置しました。

ユニットバス・エコキュートのリモコン

 

↓浴室乾燥機のリモコンです。 換気・暖房・乾燥・24時間換気 機能

浴室換気乾燥機のリモコン

浴室は、24時間換気をおススメします。

 

↓天井面の 浴室換気乾燥機 

浴室換気乾燥機

 

ユニットバスの工事写真はここまでです。

 

↓隣のトイレの 便器の交換と、床のリフォームをしました。

 (同じクッションフロアを貼りました。)

トイレも合わせてリフォーム

ご依頼、誠にありがとうございました。

 

↓ユニットバスの イメージ写真1

ユニットバスのイメージ

 

↓ユニットバスの イメージ写真2

ユニットバスのイメージ

 

↓ユニットバスの イメージ写真3

ユニットバスのイメージ

 

↓あなたの生活のイメージをお聞かせください!

あなたの生活のイメージをお聞かせください

住宅設備アドバイザーが、専門診断へお伺いします♪

 

↓安心・快適になる♪ ユニットバス リフォーム 

安心・快適になるユニットバスリフォーム

 

あなたのお困りごとをお聞かせください。 ご連絡をお待ちしております。

■トライクルハウス株式会社

■電話:092-791-1801

■住所:福岡市南区高宮1丁目9-18

■営業時間

平日 :午前9時~午後7時

土曜日:午前9時~午後5時

日曜日・祝日:休日

ご訪問の日時は、お気軽にご相談ください。 

 

 

↓トライクルハウス株式会社ホームページ  博多の建築士三兄弟

http://www.tricyclehouse.co.jp/index.html

 

↓クリナップ バスルーム ホームページ 「ユアシス」

https://cleanup.jp/bath/yuasis/index.shtml


この記事をはてなブックマークに追加

福岡 住宅リフォーム ご実家の別宅を自分好みに♪ 福岡県春日市

2017年03月04日 | 不動産・リフォーム

■福岡県春日市 中古住宅のリフォームをしました。

福岡 不動産・リフォーム会社 博多の建築士三兄弟

 (福岡県宅地建物取引業協会会員・TOTOリモデルクラブ会員・西部ガスリビング指定販売店)

いつも「博多の建築士三兄弟」ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

年末年始と、忙しい時期を乗り切り、数か月ぶりのブログの更新になりました。

(このブログを通して、多くのお仕事をいただくことが出来ました。)

(ありがとうございます。)

 

■中古住宅のリフォーム事例のご紹介です。

昨年の春、福岡県春日市にお住まいのご家族より、住宅リフォームのご相談を受けました。

メールでの相談を受けた際は、住む場所を模索されていました。

ご相談の内容は、住まいの候補として、「おばあちゃんの家」を、

もう一度キレイに出来るのか? という内容でした。

 

重要だったのは、「最低限の改修プランが欲しい」 という点です。

(最低限の住環境を整えつつ、低予算の改修計画)

住まいづくりのひとつの例として、参考にしていただけたらと思います。

それでは、気合を入れて頑張ります! 

 

 

↓福岡のくらしサポート 中古住宅・不動産探しから リフォーム・設備交換まで

 

↓今回のコンセプトは、おばあちゃんの家を引き継ぐ! お金を掛けずにプチリフォームして住まう♪

 

↓最初にメールをいただいたのは、昨年の4月  じっくりとお客様の歩幅で計画を進めました。

 少し休憩を時期もありましたが、3月のご入居を予定しています。

 

↓博多の建築士三兄弟 建築士&住宅設備アドバイザーの仕事

 

↓建物の専門診断から、以下のリフォームを行うことになりました。

 

↓まずは、リフォーム後の様子から ご覧いただけたらと思います。

 リビングルームの様子。

主要な建具はそのままに、床・壁・天井をキレイにしました。

 

↓出来るだけお金を掛けずに、システムキッチンを交換しました。

使用した商品は、リクシル製の「パッとりくん・取り替えキッチン」です!

 

↓トイレのリフォーム 

奥様と、お子様で決めた壁紙を使用しています。

使用した商品は、TOTO製の「ピュアレストEX」です!

 

↓浴室のリフォーム

浴室は、お金を掛けずに、シャワー水栓・換気扇・LED照明の交換を行いました。

重要なの点は、浴槽とタイルの隙間を埋める防水・シーリングを行った点です。

 

↓洗面脱衣室も内装をキレイにして、洗面化粧台もリフォームしました。

洗面化粧台は、奥様のご希望で選びました。

使用した商品は、クリナップ製「FANCIO・ファンシオ」です!

 

↓長年、使われていなかった給湯器は故障していました。 

 ガス代を抑える、ガス給湯器・エコジョーズを採用しました。

給湯器の能力を16号から、20号に上げました。 

使用した商品は、ノーリツ製「給湯専用エコジョーズ20号 オートストップ機能付き」です!

重要な点は、キッチンの横にリモコンを追加した点です。

(リモコンで、キチンと湯温を管理すると、ガス料金も抑えられます。)

 

リフォーム後の写真は、ここまでです。

 

↓ここからは、以前の状態を見てもらいたいと思います。

 (リフォームの前後の状態が確認できます。)

 

↓20年以上使用した壁紙は、くすんでいます。

 

↓長年使用してきたフローリングの一部が傷んでいました。

 

↓木製の建具には、ガラスが使用されています。 割れない樹脂板へ交換したいと思います。

 

↓フォーリングは、低価格ながらキレイな仕上がりになる、クッションフロアを上から貼ることにしました。

使用した商品は、サンゲツ製の「Hフロア・クッションフロア」です。

 

↓壁紙は、壁と天井で貼り分けることにしました。

一般壁は、凹凸のある表情にしました。

 

↓天井の壁紙は、スタンダードな商品を選びました。

使用した商品は、トキワ製の「パインブルS」です。

トキワ工業は、自社製造メーカーで、個人的にも品質の良さを感じ、信頼しているメーカーです。

 

 

↓リフォーム後のリビングルーム

建具のガラスを、樹脂板に交換しました。(割れ防止です。)

 

↓リビングルームは、2階にありました。

 

↓収納部床面にも、クッションフロアを貼っています。

 

↓以前のキッチンは、木部が傷んでいました。

 

↓IHコンロは可動式で、簡易的なコンロ台になっていました。

 

↓手元灯のカバーは壊れて露出状態。 ちょっとくすんだ状態のキッチンです。

 

↓換気扇は、プロペラファンで紐を引くと作動するタイプです。

 電源もコンセントも露出している点が気になります。

 

↓早速ですが、工事中 200Vの電源を天井から引き回して配線しました。 自社施工♪

 

↓工事中 吊戸棚を撤去すると、柱などが露出して見えました。

 木製の板を横張して、吊戸棚を取り付けることにしました。

 

↓リフォーム後、 天井照明を消しても、LEDの手元灯と レンジフードのLED照明が、明るく照らしてくれます。

 

↓一体型のカウンターに、ビルトインIHコンロを設置しました。

 

↓配線を見えなくすることで、キッチンがすっきりしました。

 給湯器のリモコンを新設することで、生活の質が上がりました。

 

↓TOTO製 浄水機能付き シャワー水栓 に取り替えました。

これからは、浄水機能付きのシャワー水栓が定番になると思います。 おススメです!

 

↓水栓は、シャワーと、吐水の切り替えが出来て、左右に首振りできます。 

 

↓IHコンロは、三菱製のスタンダードモデルを選びました。

 

↓IHコンロは、3口です。

 

↓IHコンロの操作面。

 

↓シンク下の写真です。

 

↓次は、トイレの様子を・・・ 以前は、古くなったTOTO製のトイレ スタンダードスタイル。

 

↓床のクッションフロアも くすんでいます。

屋内のコンセント・スイッチは、全て交換します。

 

↓トイレの壁紙は、淡いグリーンのストライプを選びました。 

 

↓クッションフロアは、清潔感のある 淡いホワイト 石目調にしました。

 

↓シルバーのタオルかけ、ペパーフォルダーなど 光ものはすべて交換しました。

 

↓ペーパーフォルダーは、ご家族のご希望で、IKEA製を使用しました。

 

↓LED照明と、換気扇を交換して、清潔感のある 明るいトイレになりました。 

 

↓次は、浴室です。  汚れていますが、これからキレイになります!

 

↓特殊な取付になっていて、新設の配管を回転させると、ステンレスの浴槽に当たっていしまいます。

 

↓換気扇は、長年の使用で汚れています。 吸い込む力も弱くなっているように感じます。

 

↓昔ながらの蛍光灯照明も交換したいと思います。

 

↓大規模な工事は行わずに、最低限の工事を行います。 

浴槽の隙間から水が入り込むと、建物にダメージを与えてしまう可能性もあるので、

シーリングを施しました。

 

↓節水型のシャワー水栓へ取り替えました。

水栓の配管部分は、特殊な部材を使用して接続しました。

 

↓LED照明に交換して、浴室が明るくなりました。 

(デジタルカメラで撮影すると、暗く感じられますが、 とっても明るくなりました!)

 

↓タイルは、漂白剤の原液で漂白するとキレイになりました。

 ステンレスの浴槽は、ステンレス専用の研磨剤で、磨き上げました。

 

↓以前の洗面化粧台は、何かと古いイメージ。 パッと、明るくしたい!

 

↓2バルブで、シャワーの機能はありません。

 

↓長年の汚れと、水漏れによる床面のダメージがありました。

 

↓工事中の様子です。 床と、壁をキレイに仕上げて、洗面化粧台を設置します。

洗面化粧台を撤去すると、幅木がありませんでした。 (設置後に、隙間を新しい幅木で埋めました。)

 

↓洗面化粧台を交換しました。 収納量も増えました!

 

↓曇り止め付きで、シャンプー時も安心です。

 

↓一般の吐水時

 

↓シャワー使用時

 

↓引き出しもできます。

 

↓洗面脱衣室は、床も壁もキレイになりました。

 

↓ガス給湯器の工事前  リモコンもありませんでした。

 

↓機能も能力も上げたせいか、大型になりました。

  16号から20号へ! エコジョーズにしました。

 

↓お湯はり機能の付いたリモコンも新設しました。

 

工事前後の写真は、ここまでです。

ご覧いただき、ありがとうございます。

 

↓お施主様、お気遣いありがとうございました。 涙・・・

メンテナンスのご依頼をお待ちしてしておきます。

ありがとうございます。

 

 

↓ご家族の目線で、良質なリフォームいたします。

これで、プチリフォームのご報告は終わります。

長くご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

■博多の建築士三兄弟の提案する 住宅リフォーム!

リフォームでは、お金を掛けずに、最大限の効果が得られました。

 

これから中古住宅の購入をご検討の方は、こちらのホームページも参考にしてください!

↓トライクルハウス株式会社のホームページ

http://tricyclehouse.co.jp/

 

↓不動産部のホームページ

http://tricyclehouse.co.jp/real_estate.html

 

 

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

福岡 博多の建築士三兄弟 2017年 年末年始

2016年12月27日 | ニュース

いつも。【博多の建築士三兄弟】ブログを ご覧いただき、誠にありがとうございます。

2017年1月5日から営業いたします!

  

ご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

2012年の8月から、このブログを書き始め4年が経ちました。

2016年の一年間でも、ブログを通して多くのお客様と、お会いできることが出来ました。

感謝の気持ちでいっぱいです。 「 誠にありがとうございます! 」

 

来年も、皆さまのお役に立つ、住生活を豊かにする情報を発信していきます。

(中古住宅の魅力・・・)

(住宅設備の魅力・・・)

(豊かな食卓づくり・・・) など・・・

 

また来年お会いしましょう!

博多の建築士三兄弟 (中島三兄弟♪)

2016年12月吉日


この記事をはてなブックマークに追加

福岡 リンナイ ドロップインコンロ(PD-2Fから、RD320STSへ取り替え) 交換工事 福岡市南区高宮

2016年11月21日 | ビルトインガスコンロ

工事内容:ドロップインコンロ へ交換 PD-2F(パロマ) → RD320STS(リンナイ) 福岡市南区高宮

今回は、 製造中止になった2口ビルトインガスコンロから、2口ドロップインコンロへの交換事例についてご紹介します。

 

福岡 住宅リフォーム会社(西部ガスリビング指定販売店) 博多の建築士三兄弟

食と住まいの無料相談窓口トライクルハウス株式会社

 

後継機種の無いビルトインコンロの対処方法のご紹介です。

 

あなたに合った、キッチンづくりのお手伝いが出来たらと思います♪

リンナイ・ドロップインコンロ

 

■お客様からのご相談内容: ホームページを見てご覧をいただきました。 ありがとうございます!

賃貸オーナー様: 『 賃貸で貸し出しているマンションのガスコンロの調子が悪い。』

賃貸オーナー様: 『 入居者の方に連絡して、対応をお願いします。』

 

博多の建築士三兄弟: 『 ご連絡ありがとうございます。 早速、専門診断へお伺いします!』

 

↓早速、ご入居者様へ連絡を取り、専門診断へお伺いしました。

賃貸仕様のミニキッチンの左側に、2口のビルトインガスコンロが設置してありました。

専門診断・現状を確認

症状は、右側のコンロが点火しない。

魚焼きグリルは無いタイプの商品です。

 

↓コンロの下部スペースを確認。 

専門診断・下部スペースを確認

 

↓ガス管の接続状況を確認。

専門診断・ガス管の接続状況を確認

現地での確認を終わらせ、現状のコンロの型番などを調べます。

 

↓この商品は、パロマ製のPD-2Fでした。

 問題点としては、この商品の後継機種が製造されていないところです。

専門診断・パロマ製PD-2F図面

 

↓コンロの後継機種が無いため、現状の穴あけ寸法よりひと回り小さい、ビルトインコンロを設置することにしました。

PD-2F→RD320STS

■オーナー様へ報告 (オーナー様は、福岡県外にお住まいなので、メールでの報告を行いました。)

現況の報告と、お見積書をメールでお送りしました。

ご検討をいただき、ご注文をいただきました。

ご注文ありがとうございます!

 

 

↓ご提案した商品は、こちらになります!  リンナイ製 RD320STS

専門診断_リンナイ製RD320STS

商品の寸法を細かく確認します。

 

↓ドロップインコンロを設置するために、ステンレス枠を製作することにしました。

ステンレス枠

 

↓ドロップインコンロのご紹介!

ドロップインコンロ・RD320STS

魚焼きのグリルはありません。

 

↓とにかく、カッコ良い!

リンナイ製RD320STS拡大写真

 

↓製作したステンレスの枠です。

ステンレス枠を作成しました。

 

↓ドロップインコンロが、ステンレス枠に入るか確認します。

ドロップインコンロ設置イメージ

 

↓ステンレス板へキレイに入りました。

専門診断・事前に確認

 

ご入居者様と時間の調整をして、取り換え工事へ伺いました。

 

↓それでは、工事を開始します!

ドロップインコンロ・工事開始

 

↓商品を撤去して、しっかりと油汚れを落とします。 マジックリンが、良く落ちます。

商品を撤去しました。

 

↓油汚れをキレイにお掃除しました。

油汚れをキレイにお掃除します。

 

↓ステンレス枠の準備 接着剤で、木枠を固定しました。

固定用の木枠を準備

 

↓こんなイメージ。

拡大写真

 

↓ステンレス枠を流し台へ固定しました。 強力な両面テープと、接着剤を併用しました。

ステンレス板の設置

 

↓四隅には、シルバー色のシーリング材をを施します。 

シーリングには、シルバー色

 

↓ブルーの保護シールを剥がすと、本来のステンレスの輝きが見られます。

ブルーの保護シールをはがしました。

 

↓ドロップインコンロは、横向きに設置します。

ガスコンロは、横向きに設置しました。

 

↓コンロの下部に、電池BOXを固定します。

電池BOXを固定して、配線します。

 

↓ゴトクと、点火レバーを設置。 完成しました!

完成しました。

 

↓隅々まで、確認します。

コーナーのシーリングをチェック

 

↓シーリング材を確認。 隙間から入り込む汚れを防止します。

キレイに仕上がりました。

 

↓前面の写真。

前面

 

↓ピカピカっと輝く、カッコ良いキッチンになりました。 ありがとうございました。

 

ありがとうございました♪

 

工事の完了後は、工事前後の写真を添えてオーナー様へ報告しました。

ご依頼いただき誠にありがとうございます。

またのご相談を、お待ちしておきます!

 

 

↓リンナイ ドロップインコンロ RD320STS

ドロップインコンロ

 

↓RD320STS ドロップインコンロのホームページのリンク♪

http://rinnai.jp/products/kitchen/gas_conro/gc_dropin/gc_dropin_point

 

↓キッチンでお困りのことはありませんか?

 博多の建築士三兄弟が、ズバッと! 解決いたします。

レンジフード・ガスコンロ交換で若返るキッチン

 

まずは、専門診断にお申込みください。 ご連絡をお待ちいたします!

 

博多の建築士三兄弟は、福岡市南区高宮で不動産/リフォーム屋を営んでいます。


↓トライクルハウス株式会社のホームページもご覧ください! あなたのお役に立ちます!

 キャンペーン商品にも、ご注目ください!

 

http://tricyclehouse.co.jp/kitchen.html

 

トライクルハウスの電話番号は 092-791-1801 お気軽にご相談ください。

 


この記事をはてなブックマークに追加