Little Garden

サイトリニューアルのためお休みしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

朝顔摘心

2005-06-17 | Morning glory
朝顔を摘心しました。
子づる仕立て法 というやり方だそうです。摘心の方法は、他にもありますが、
今回は、子づる仕立て法を試しました。

詳しく、図解しましたが、わかりますでしょうか?
これは、「カラー園芸入門アサガオ/田口秀丸著」を参考にさせてもらいました。
本へのリンクは、トラックバックもしてあります。

我が家の朝顔、まだすべてが摘心時期ではなかったので、一部 切らずにそのままにしています。
ちょっと、思いつきなのですが、まったく摘心しないものだとどうなるのか、実験してみたいと思います。

横長のプランターに植えたので、場所により、生育に差が出て来ています。
先に育って大きくなったものに隠れて、いつまでも小さいものもあり、
これも、自然淘汰なのでしょうか。

さて、摘心をなぜするか?ということですが、
もちろん摘心などしなくても、朝顔は育ってくれることでしょう。
花も咲くと思います。

本によると、
「本命づるの徒長をさけ、蕾つきもよく頑強なつるとし」「根回りの拡充を図る技法」
でもあるそうです。

ひらたく言えば、頑丈で花つきをよくするということでしょうか。

わたしの描いた図、ちょっとわかりにくいでしょうか?
数字は、本葉の出た順にふってあります。

(以下、引用含む)
まず最初に、
仮摘心をします。
9番目以降の本葉が出たら、9枚から先を切り取り、
次いで、2-3日かけて、8枚、7枚を順に切り(本摘心)、
6枚目のわき芽を欠きとるそうです。

やがて、本葉、3,4,5のそれぞれのわき芽が 子づるとなり伸び、
10cmくらいに伸びた時、3本のつるのうち、太くて蕾つきのよいつるを
本命つるとして、他の2本を切り取ります。
その際、つるを一度に切らず、おのおの交互に、3回くらいに分けて1-2日おきに切り取るそうです。
これは、本命づるの徒長をさけ、根の動きを鈍らせないためだそうです。
(以上、引用含む終わり)

この本、とってもいい本なので、ぜひぜひ購入してみてください。
朝顔の魅力がふんだんに味わえると思います。

切り取ったつるは、
ハイドロボールを入れたコップに生けてあります。
ハイドロボールは、別名を発砲連石といいますが、多孔質なため空気を含み、生けた植物の根が出やすいように感じています。私は挿し木する時に使ったりしています。
去年は、この方法で、朝顔の花が咲き、種を採ることもできました。
去年の様子は、こちらです。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 増殖するベビーティアーズ | トップ | ひまわりの種収穫 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (若鷹)
2005-06-17 14:34:47
なるほど、よくわかりました。こうすると、ただ伸びるだけでなくて、いい感じになるんですね。

うちの朝顔もやってみることにします。ただ、葉の順がわかるかなぁ~?
下から順に (tricoo)
2005-06-17 17:18:32
若鷹さん★



葉の順番は、下から数えていけば、わかると思いますよ。(^^)
参考にさせてもらいますね! (たま)
2005-06-19 14:28:17
多分、来月になったら、参考にさせてもらえる状況になると思います♪



さて、今日は面倒なお願いをしにやって来ました。

それは「MUSICAL BATON」というものです。



詳しくは↓のエントリーをご覧下さいませ・・。

http://tamakao.jugem.cc/?eid=247#sequel
バトン (tricoo)
2005-06-20 12:12:26
久しぶりに、以前買ったCD聴いています♪



たまには、いいねぇ。音に浸るってのも。。。

あわせて読む