路傍奇術者達の讃歌 -Admiration song for street magician-

ストリートマジシャンの活動日記

デジタル化

2016年10月25日 | 駄文
レクチャーノートや書籍は全部デジタル化すれば良い。

出版してしばらくは紙媒体で売ればいい。廃版してからすぐでもいいし、2,3年たってからでもダウンロード販売すれば時々売れるはず。
全部デジタル化しなくても、これは後世まで売れる!と確信できるものはそうすれば良い。売れるかどうかの判断は周りの反応で大体わかると思う。

権利的な関係で難しいのかな。廃版になった書籍やノートの権利を買い取ってデジタル化してダウンロード販売する会社ができれば10年後くらいから
結構儲かるだろうな。著者も消費者も会社も嬉しい良いサイクル。

誰もやらんということは儲からんということか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりの実演記録 | トップ | エニエニ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。