20XX年問題

不定期で映画、小説、ゲームのレビューをしています by PiyoPiyo

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

夜明けの街で 評価:★★

2007年09月18日 00時04分10秒 | 小説レビュー
夜明けの街で

レビューを更新しました。
レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。
Review→小説レビュー、から見れます
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残暑 | トップ | 残業 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
東野圭吾『夜明けの街で』 (待ち合わせは本屋さんで)
幸福な家庭で起きた殺人事件。まもなく時効を迎える。僕はその容疑者と不倫の恋に堕ちた。
夜明けの街で(東野 圭吾) (みんな無口)
建築会社に勤める渡部は妻子がいる。仲もよく現状に不満もない。「不倫する奴なんて馬鹿だ」とそう思っていた。 ある日、渡部の課に仲西秋葉という派遣社員がやってきた。渡部は急速に秋葉に惹かれ、超えてはいけない境界線を飛び越えてしまう。秋葉と仲が深まるにつれ...
『夜明けの街で』・・・と言ったら? (彩香の今日この頃)
『夜明けの街で』・・・と言ったら、何を連想しますか? ★ サザンの桑田サンのラジ
東野圭吾『夜明けの街で』 (itchy1976の日記)
夜明けの街で東野 圭吾角川書店このアイテムの詳細を見る 今回は 東野圭吾『夜明けの街で』を紹介します。不倫するやつは馬鹿だと思っていたが、その女性の魅力にどんどんはまっていき、境界線を越えるようになった。主人公の渡部は妻子もちであるが、派遣社員の秋葉に...
東野圭吾「夜明けの街で」 (ご本といえばblog)
東野圭吾著 「夜明けの街で」を読む。 このフレーズにシビれた。  不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた。 [巷の評判] らぶほん-本に埋もれてでは, 「深読みしなければ、単なる不倫男のあがき!とも読める作品です。/事件の真相は思いがけないものです。/時効前の登場...