スイムスイムスイム&ラン

水泳好き!水泳好きな人が好き!水泳大会好き!
以前は年一回だけマラソン大会に出場してた!

浮かせる為に下げましょう!

2017-07-11 08:41:52 | まび練
月に一度のお楽しみ♬
まび練です!
相変わらず私はエクササイズです

基本の基本が出来てないし、分かってないので他のには出られません!
( ̄▽ ̄)

【フィンを履かずに生足で立ちキック】
※体の中心、肋からキックを打つ意識
※前に、前にキック
※姿勢が反り腰にならないよう腹圧をかける

【フィンを履いて立ちキック】
※水圧を感じて大きくキック
※カラダの前の方で打つ練習
※右脚が外側に逃げるので内側に蹴ろうとする意識を持つ
※右脚を内側に蹴ろうとするとカラダがブレるので、腹圧を入れてしっかりさせる
※ゆっくり大きくキックする

【バンザイバックキック】
※立ちキックと同じ事を寝た状態でするだけ
※右脚が外側に逃げるので内側に蹴る意識
※腹圧を忘れずに!
※骨盤まで水上に出るようにカラダを持ち上げる

【バンザイバックからのグルッと一回転スイム】
※ビート板を持ったままで行う
※腹圧を入れること
※キックを止めないこと
※勢いや肩で回ろうとしないこと
※カラダを一直線に保ったまま、腹圧を緩めずに一回転する

【ビート板を水圧が掛かるように立てて持ちカラダは下向きでキック】
※立ちキックと同じようにカラダを使う
※バックキックと同じようにカラダを使う
※腹圧をかけカラダが水面の上に出るように状態を保つ
※急ぐと誤魔化してしまうので 急がない
※腹圧や上体の位置を意識しながらキックを打ち続ける
※キックは止めない

【ビート板を置きグーでキャッチアップ&フィンは履いたままキックは打たない】
※フィンを履いているので足が浮く
※シッカリ腹圧をかけてキャッチアップする
※お腹に力が入ってないとキャッチアップにならずに 直ぐに腕をかいてしまう

【グーキャッチアップwithフィンのまま 頭を思い切り下げて前を見ずに泳ぐ、でも足は動かさない】
※頭を下げて腰が上がりやすくなるのを体感する
※腹圧をかけ続ける事を忘れずに!
※腰まで水面に上がりやすくなるのを感覚は面白い

【手のひらをパーにしてキャッチアップwithフィンにして、頭を下げ足も動かさない】
※よりクロールに近づいてくる
※この日の全ての積み重ねを忘れずに!

【手のひらパーwithフィン&足を動かして良い】
※腹圧、お腹からキック、キックは前に打つ、右脚は内側に蹴る等…
※フィンを履いてるので腰が浮きやすい
※頭を下げるのを忘れずに!
※背中全面腰まで水上に浮かせて泳ぐ!


もっとやったかもしれないけど、他は忘れちゃいました
「頭が上がり気味」と散々言われ続けているので 頭を思い切り下げてのスイム感覚は なかなか新鮮でした

言われた通り思い切り頭を下げることにより、お腹に力が入りやすくなり、キックもお腹から打つ意識がしやすくなりました

その上、お腹に力が入っているのでキックも蹴り下ろしやすくなります

その上、その上、フィンを履いていたので 腰まで水上に上がってる感覚があります
見た目にはもしかしたら浮いてなかったのかもしれないけど、最近は腰が沈みがちだったので とんとご無沙汰の感覚でした

練習会の後、スタート台から2本だけスタート練習しました
お腹に力を入れ続けていたおかげか、スタートも気持ちよく飛べて満足です

その後、そっと長水路へ移動です
ホームプールと違い 水温が気持ちよかったので 30分ほど 頭を下げてキックを打つ練習をしました
私のことですから いっぱい泳ぐなんてしません!
片道コースで1本ずつ
それもクロールのみ!



体調不良で参加したまび練

先生に迷惑かけるから キャンセルしようか実はギリギリまで迷ってました
それくらいここ数日は辛かったのです

横浜国際プールに到着した時には 疲労が激しくて うまく呼吸ができなかったです
でも、まび練で1本ずつ丁寧に泳いでるうちに 元気が戻ってきました
(*⁰▿⁰*)

冷たい水温のプールと お疲れ気味のまび先生の笑顔のおかげで私は元気になれました♬

この日の練習成果を忘れなければ、JAPANで 少しは復活したタイムが出せるかも!
期待して練習を続けます
人気ブログランキングへ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑さバテ… | トップ | ムリしません »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL