goo

笑顔が見たいから

宮島トライアスロンが終わって4日が経ちました。

やっと疲労感と痛みが和らいできました。


何事も無ければ、今年が念願の宮トラ初挑戦だったはずのケイ。
ケイが乗って出るはずだったバイクに乗って出場しました。

それでどうなるというものでもないのですが、そうした方がケイが喜ぶかなと思ったからです。

そしてレース中はちょっと先輩面してコースを解説したりしながら一緒に走りました。

ランは走り出して1㎞ちょっとで両腿が攣って膝が曲がらなくなりましたが、止まったり歩くところは見せたくなかったので「動けや!」と言って無理やりペンギンみたいな走りで走り続けました。
思いが通じたのか、無理やり走っていたら段々と治まってくれました。
後から考えたら給水不足で脱水が進んでいたみたいです。
比較的涼しかったのであまり給水していなかったのですが、レース後は何杯飲んでも喉が渇き、家に帰って10時間ぶりに行ったトイレでもおしっこが殆ど出ませんでした。
エネルギーには気を付けていて計画的に摂っていたのですが、水分は少し軽視していました。
今回の一番の反省です。

ボロボロの走りでしたが、気持ちだけは折らずに最後まで走りました。

そしてケイのバイクジャージを着て表彰に立つという目標がギリギリでしたが達成できました。

周りも和やかな気持ちにするあの笑顔で笑って見ていてくれたら嬉しいです。


今年の宮トラにはTri Smileから個人の部で18名、リレーの部で12名、合計30名が出場しました。

宮トラ初挑戦という方も多かったのですが、全員が見事笑顔でゴールされました

1年前は宮トラだと完走はまだちょっと難しいかなと思っていた方も、今では完走は全く問題ないでしょと思えるまでになっている。
明確な目標を持ち、それに向けて行動を起こしていくことによって、人は大きく変われるものだとあらためて感じました。

また逆にどれだけ努力を積み重ねても、結果に結びつかない事もあるというレースの難しさも感じました。
調整、ペース配分、補給などを誤ることによって、思うような結果が得られないこともあるのです。

けどその失敗でもう嫌だと腐って投げ出すことなく、失敗から学んで失敗を糧にすることが出来れば、もっと大きく成長することが出来ると思います。

そして成功や失敗に関わらず、“挑戦することが出来る”

それ自体が幸せな事だという事も今回強く感じました。

挑戦したくても色々な事情で挑戦出来ない人も居ます。

挑戦できることに感謝し、全力で挑戦してほしいと思います。
全力で挑んでこそ、終わった後に心の底から笑顔になれるはずです✰

そして自分は皆さんの挑戦を全力でサポートしていきたいと思います!!


✰7月17日(海の日)18時半~鉄人処Tri Smileにて
宮トラフォトムービー上映会を開催します
応援に来て下さった方々が撮って下さった写真をフォトムービーにして上映します
皆さん夕食を何か一品(多くてもOK🎵)を持ってお集まりください
大会に出た方も出てない方も、応援に来て下さった方も行けなかった方も、ご参加頂けます方はご連絡下さい
沢山のご参加をお待ちしております!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ひとまず 猛暑はもうし... »