若殿の気ままな独り言

日常生活で見聞きしたこと感じたこと、はまってるマカオ/Macau/澳門のことなど、勝手気ままに書き綴ります。毎日更新!

ネットで反響!  若者言葉の現代語訳「般若心経」。

2011-08-31 10:31:47 | 世事雑感
以前は空で「般若心経」を唱えることもできたんですが、最近ではとんとご無沙汰の殿であります。その「般若心経」ですが、若者言葉の現代語訳がネットで反響が広がっているようです(以下、J-CASTから一部抜粋+加筆)
人気ブログランキングへ

『 「超スゲェ楽になれる方法を知りたいか? 誰でも幸せに生きる方法のヒントだ もっと力を抜いて楽になるんだ。苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ」
まるでラップのようなこの文章、実は有名な仏教の経典「般若心経」を意訳したものだ。動画サイト「ニコニコ動画」に投稿されたこの「現代語訳」に、ネットで反響が広がっている。

■ 「揺らぐ心にこだわっちゃダメさ」

この「現代語訳」は2010年9月、ニコニコ動画に投稿された動画「初音ミクアレンジ『般若心経ロック』」へのコメントとして、その後まもなく書き込まれた。この動画は「般若心経」の読経をロック調にアレンジしたもので、「歌詞」自体は「般若心経」の観自在大菩薩……で始まる有名な文をそのまま使っている。

そこに、ある匿名ユーザーがちょうど字幕のような形で、新たに「現代語訳」を付けた。原文を相当大胆に変えているが、原意を留めるように工夫した様子が伺える。どうやらこのユーザーが自ら考えた、オリジナルの訳らしい。
「この世は空しいモンだ、痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ。この世は変わり行くモンだ。苦を楽に変える事だって出来る」
「揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。それが『無』ってやつさ。生きてりゃ色々あるさ。辛いモノを見ないようにするのは難しい。でも、そんなもんその場に置いていけよ」

この若者言葉で語られる「般若心経」は、たちまち多くのユーザーの心をつかんだ。ニコニコ動画では楽曲自体へのコメントをしのぎかねない勢いで、「かっこいい」「こんな意味だったのか」「勇気をもらった」といった感想が続々と寄せられた。

ツイッターでも最近になって、元の動画から独立した形でこの現代語訳が相次いで紹介され、これまで知らなかった人にも改めて反響が広がっている。

★ 般若心経


★ 般若心経 新訳
超スゲェ楽になれる方法を知りたいか?
誰でも幸せに生きる方法のヒントだ
もっと力を抜いて楽になるんだ。
苦しみも辛さも全てはいい加減な幻さ、安心しろよ。

この世は空しいモンだ、
痛みも悲しみも最初から空っぽなのさ。
この世は変わり行くモンだ。
苦を楽に変える事だって出来る。
汚れることもありゃ背負い込む事だってある
だから抱え込んだモンを捨てちまう事も出来るはずだ。

この世がどれだけいい加減か分ったか?
苦しみとか病とか、そんなモンにこだわるなよ。

見えてるものにこだわるな。
聞こえるものにしがみつくな。

味や香りなんて人それぞれだろ?
何のアテにもなりゃしない。

揺らぐ心にこだわっちゃダメさ。
それが『無』ってやつさ。
生きてりゃ色々あるさ。
辛いモノを見ないようにするのは難しい。
でも、そんなもんその場に置いていけよ。

先の事は誰にも見えねぇ。
無理して照らそうとしなくていいのさ。
見えない事を愉しめばいいだろ。
それが生きてる実感ってヤツなんだよ。
正しく生きるのは確かに難しいかもな。
でも、明るく生きるのは誰にだって出来るんだよ。

菩薩として生きるコツがあるんだ、苦しんで生きる必要なんてねえよ。
愉しんで生きる菩薩になれよ。
全く恐れを知らなくなったらロクな事にならねえけどな
適度な恐怖だって生きていくのに役立つモンさ。

勘違いするなよ。
非情になれって言ってるんじゃねえ。
夢や空想や慈悲の心を忘れるな、
それができりゃ涅槃はどこにだってある。

生き方は何も変わらねえ、ただ受け止め方が変わるのさ。
心の余裕を持てば誰でもブッダになれるんだぜ。

この般若を覚えとけ。短い言葉だ。

意味なんて知らなくていい、細けぇことはいいんだよ。
苦しみが小さくなったらそれで上等だろ。

嘘もデタラメも全て認めちまえば苦しみは無くなる、そういうモンなのさ。
今までの前置きは全部忘れても良いぜ。
でも、これだけは覚えとけ。

気が向いたら呟いてみろ。
心の中で唱えるだけでもいいんだぜ。

いいか、耳かっぽじってよく聞けよ?

『唱えよ、心は消え、魂は静まり、全ては此処にあり、全てを越えたものなり。』
『悟りはその時叶うだろう。全てはこの真言に成就する。』

心配すんな。大丈夫だ。
-----

■ 江戸時代は「絵般若心経」もあった
「般若心経」は600巻に及ぶ「大般若波羅蜜多経」の教えを、わずか300字ほどに要約した経典だ。現在よく知られるのは玄奘三蔵がサンスクリット語から漢訳したとされるもので、日本でも古くから多くの宗派で重んじられており、数多くの「現代語訳」や解説本も出ている。

ここ2、3年に限っても、現役僧侶で小説家の玄侑宗久さん監修の『面白くてよくわかる!般若心経』から、脳科学者の苫米地英人さんによる『一生幸福になる超訳般若心経』、お笑いコンビ「笑い飯」哲夫さんの『えてこでもわかる 笑い飯哲夫訳 般若心経』といったところまで、さまざまな観点から読み解いた書籍が出ている。

今回の「若者言葉」の意訳版については、ネットでも今のところ、過去の訳や、これまでに発売されたラップ調の意訳版との類似性の指摘がないことから、投稿者による独自訳と見られている。

高野山真言宗総本山・金剛峯寺総長公室課長の薮邦彦(やぶ・ほうげん)さんによれば、たとえば江戸時代には文字が読めない人でも読経ができるよう、その文句を絵で表した「絵般若心経」ができるなど、時代を問わず「般若心経」は人の心をつかんできたという。藪さんは「個人的な見解ですが」と断りつつ、
「『般若心経』の価値はいつの時代も変わりませんが、その表現は世代ごとに違った方法があると思います。インターネットへの書き込みという形も、若い世代の知的好奇心に訴えかけるアプローチの一つでしょう。経典の意味を知ることは有意義ですが、誤った理解はしないよう気をつけてほしいです」
と話した。 』

これで今日からアナタも「般若心経」通!?


人気ブログランキングへ ←★応援のクリックをお願いしま〜す!

P.S.
8/29に続いて、昨日30日もランクインしました。2009/12/3から636日間で、627回ランクインしたことになります。162万gooブログ中の2,196位で、通算670度目、訪問者数330名(累積195,940名)でした。みなさん、どうもありがとう。(目障りでしょうが、殿の記憶のためのメモです)
ジャンル:
ウェブログ
キーワード
ニコニコ動画 お笑いコンビ 高野山真言宗 知的好奇心 苫米地英人 サンスクリット語 ツイッター いいんだぜ 大般若波羅蜜多経
コメント (4) |  トラックバック (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 今朝のマカオ、 あちらこちら。 | トップ | 警備車両に守られてって、おかし... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして… (mrlower)
2013-03-06 03:49:35
Facebookのフレンドの記事で此(こ)の記事の存在を知りました。自分は若造なのに古語の方で読めるのですが、更造(更に若造達の造語です)の皆には…説得(宗教用語では…普及の同上(造語です)と解釈して下さい)させるには…好(い)いですし、こちらが普及させる立場に仮にも立ったとしたら…助かります。ので…ねぇ〜。素晴らしい提案ですよ。
Unknown (Unknown)
2013-06-18 00:27:37
たしかに分かり易い あえて若者言葉としたのもネタとして面白いという一面もある
大体折角書き下し文なるものがあるならそれを使って分かり易くすべき
お経のままでは人心に染込まず逆効果だ
初めまして (水上陽平)
2013-07-08 09:55:40
この般若心経の約は、私が07年8月から08年4月にかけて書いたものと酷似しています。
(「氣の空間・氣功療法院」で検索)
私のHP上にて公開しています。匿名ユーザーからの投稿ということですが、一度検証していただけるとありがたいです。
もちろん、私には何の連絡もありません。
水上陽平さまへ (若殿)
2013-07-09 18:55:20
コメントありがとうございます。

私のこの記事の冒頭にも書いていますように、J-CASTの記事を読者の方への参考になる有意義な内容と、その出典までは深く考慮せず、アップしてしまいました。

水上さまのHPを拝見しましたが、般若心経に関する膨大な内容とその深さに感じ入りました。出典に間違いないと思います。

私の般若心経に関する引用は決して面白おかしく引用したのではありませんが、引用に際してその出典を確認しなかったことで、水上さまに不快の念を感じさせてしまったことを深くお詫びいたします。

ご指摘ありがとうございました。

コメントありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。