Triamid Blog

大阪市淀川区を中心に活動する UKロックとオリジナル曲を演奏するバンド "Triamid" のBlog

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昨日スタジオ入り

2016-09-18 12:26:25 | 日記
ドラマーHです。

連休初日、高校の時のバント友達とスタジオに入った。
前回「新しいギターを買った」という友人、買ったギターはなんとゼマティス!

ゼマティスを詳しく知らない俺だったが、GLAY好きの友人、かなりのカスタムギターでありこれがそのギターでの初スタジオとあり気合は十分すぎるほど伝わってくる。
ゼマティス→LINE6のアンプシュミレータ―→マーシャルの組み合わせ。

かたやギターボーカルはというと、美しいチェリーサンバーストのギブソンLPスタンダード!
ギブソン→BOSSオーバードライブ/ディストーション→JC-120の組み合わせ。

課題曲はGLAY1曲を集中的に行う!
最初は少しぎこちない感じもあったが、回数を重ねるごとにリズムも合ってくる。
途中音があーだこーだ言いながら、アンプからもいい音が出てくる。

ゼマティス使いはアンプシュミレータをなにやらスマホで操作し、設定を逐一変えていた。
ギターを買った気合からか、練習量は一番であり、明らかに完成度は高い。
マーシャルから唸るような轟音が出て、ロックにはバッチリの歪み。


ギターボーカルも練習はしっかりしてきた感じ。
ただ音作りが歪み系一個では少々キツイか?と思った矢先。
そういえば、時間があったら遊ぼうと思ってエフェクターを持って行っていた俺。
試しに繋いでみたら?と取り出したのはダナーというブランドのエフェクター。
このエフェクター、価格に全く見合わずに音が驚くべきに良い。
きっとギブソンに合うだろうと思って持って行ったが、予想をはるかに上回る相性の良さ。
ギターボーカルもエフェクターを気に入った様子で、ダナーでクランチを作り、歪みの強いところはBOSSをオンにして操作。
雰囲気もぐっと良くなった。ギブソンで作るクランチはやはり秀逸。ラブロックとは少し違うなと感じた。

終わってからは一杯飲み!
かなり久しぶりに会った友人、話も弾み楽しいひと時を過ごした。
…が、ここで嫁より着信、下の息子が発熱で今から救急病院に行くとのこと。
ダッシュで家に帰り、事なきを得ました。

次回は曲数を増やして、ベーシストキャソの協力を得てさらに良いスタジオにしたいと思います!
『バンド』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あさってスタジオに入る | トップ | β修理記その1 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (K)
2016-09-19 16:38:44
楽しかったようでなにより(^。^)
ゼマティスはマニアックやね!
Unknown (H)
2016-09-19 17:48:43
ゼマティスをあれこれマニアックカスタムしてた。
まさに芸術品、ええもんが見れました。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。