Triamid Blog

大阪市淀川区を中心に活動する UKロックとオリジナル曲を演奏するバンド "Triamid" のBlog

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トーンをなおせ

2016-12-31 14:58:09 | 日記
ドラマーHです。

今日は大みそか。
先日は大掃除も終えて、特段やることもなく。

先日ピックアップを変えたラブロックのリアトーンが効いてないのが気になり。
「このままでは年を越せない」となぜか必然に駆られ、配線材を買いに行こうと決断。
しかし…。
この年末に配線材を求めて買い出しに行くのもバカらしくなり、寒さもあいまってやめた。
「何か代わりになるものはないか」と家の中を探していると。
そういえばこの間パッチケーブル作った余りのケーブル(mogami2534)があった。

シールド線も電気信号通すしな…(正確にはmogami2534はマイクケーブルですが)
いけんちゃう?
やってみよう!
って具合で、無理くりmogami2534を配線材に見立てやってみることに。

まずは恒例の4芯の線剥きから。http://blog.goo.ne.jp/admin/bookmark/
外の被膜、中の4線ともにカッターで被膜を剥き、すべての線を束ねてしまう。
両サイドこれを行ったが、4芯はいつもながら面倒である。

さて束ねた両サイドにはんだを乗せておき、いよいよポットにはんだ付け。
シールド線は固いので取り回しが大変。
長さはきっちり測ってカットしたので、ポットにつけるだけ。

さすがにはんだ作業にも慣れてきたか、取付は特段苦労することなく成功。
早速音だししてみると。
見事成功。

懸念だったモコモコ音ではなく、パワーがあって歯切れの良い音!これは良い!
トーンがバッチリ効いている。絞ればあのモコモコ音に変わる。
やはりトーンが効いていなかったことに間違いはなかった。

しかし、シールド線をギターの内部配線に使えるもんやねんな。
4芯ケーブルの中の細いやつだけ使うという技もできるそうだが、なんか面白そうなんで全部使ってみた。
音がどうこうはよくわからんが、シールド線を内部配線にしても音が出るってことですな。

さて、生まれ変わったリアピックアップの音は
・歯切れの良い明るい音
・パワーは前ピックアップと比較にならないほど
・フロントに比べ、リアのボリュームがデカい!?
みたいな感じである。
しかし、リアの音確実に使えそう。

いやー、今年もラブロックはいろいろ弄りましたな。来年もさらに弄ろう。
ピックガード取付、ピックアップの高さ調整等やることは残っている。

皆様今年もお世話になりました。来年もTriamidをよろしくお願い致します。
『楽器』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラブロックのピックアップ | トップ | 2017年のスタートです »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (K)
2016-12-31 16:03:06
今年最後の投稿もギターリペアでしたね。
お疲れさまでした!
また来年もリペアがんばれ!
Unknown (H)
2016-12-31 20:26:32
リペアに生き
リペアこそがわが人生である

…が来年は演奏技術も上げるように頑張ります。
年末年始は結構練習している。
Unknown (K)
2016-12-31 23:18:11
Hはバンドマンではなく、ギターテックだったか…
Unknown (N)
2016-12-31 23:22:23
困ったら着払いでギター送るからよろしくな。
Unknown (H)
2016-12-31 23:57:49
K氏のコメントはあながち間違いではないかもしれんな。
今年はギター弾く時間と同じぐらい修理改造してたかもな。

リペアの腕は確実に上がってきている。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。