金魚cafe

こちらにお立ち寄りくださってありがとうございます。
ぼちぼちのんびりと綴っております。

夜のひよっこ(11)二百三高地VSマッシュルーム

2017-06-30 23:49:00 | ドラマ
ビートルズのライブのチケットが歯磨きの懸賞だったと「ひよっこ」で初めて知りました。

自分の応援している人を生で観たいとなんとかチケットゲットしたいと必死なのは今も同じ。

ドラマだから当たるかもと思ったらそんなに甘くない現実。

シェフが「行っといで~~」は自分んちの子に言う言葉。

東京の家族は優しいです。

ビートルズを観れなくても同じ東京にいたいという宗男叔父さんの気持ちわかります。

カブで茨城からというのは電車に乗ったら奥さんにバレるから?

そしてビートルズのいる間の宿をとあかね荘に。

大家さんとご対面。

大家さんのいきなり「変な髪型~世も末だ」にはいや~~大家さんには負けますわ。

個性的な髪型のぶつかり合い、ほぼ無言の大家さんの勝ち~~。

宗男叔父さん、昭和41年では浮まくってますが今だとカッコイイと言われますよ。

茨城の理髪店でどういうふうに注文つけてカットしてもらってるのか観てみたいものです。

ビートルズ愛が暑苦しいほどですが、時々フッと見せる悲しげな表情がまだ重いものを背負っているのだなあと感じました。

すずふり亭にご挨拶に行くのでしょうが大丈夫かな?



『俳優』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜のひよっこ(10)デュー... | トップ | 夜のひよっこ(12)止まっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。